So-net無料ブログ作成

空港探索について・2 [├雑談]

前記事で「その感覚分かる」と書いて下さった方がたくさんおられてビックリしました。

ん~。優しい人が多いなぁ。と思ったり、オイラってもしかしてまともなのかも。と思ったり、

Σ(゚Д゚;) このブログに集まる人って、類友でヘンな人が多いのか?? と思ったり・・・ 

ともあれ、ちょっとホッとしました。ありがとうございました。

 

で、続きなのですが。

「全国の空港を見てみたい」と考え、

その過程を記録する目的でこのブログを始めたわけですが、

そんなわけで、飽くまで超ドマイナーな事についての個人的な記録であり、

同じヒコーキ趣味の方からもこんな異端ブログは歯牙にもかけてもらえないだろうと思ってました。 

ところが徐々に様々な方からいろいろ反応をいただくようになりました。

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。m(_ _)m

 

初期の頃のオイラは、全国に点在するどんな小さな滑走路でも

簡単に検索して探し出せると思ってました。

確かに大きな空港ならば、ネットでいくらでも情報を収集することができます。

ネットで分からないものはない。ネットで検索できない滑走路など存在しない。そう思ってました。

ブログで頂いた情報の中には、空港に関するものもあり、

その中にはピンポイントで場所、名称を知らないと調べようがない、

ネットにも、書籍にもほとんど情報の載っていない小さな小さな滑走路、

掩体壕、飛行場跡地、航空関係の遺跡などが含まれていました。

ネットで調べればなんでも分かると思っていましたが、

簡単に調べることのできない航空関係の世界があったのです。

 

で、いただいた情報を元に調べたり、実際に現地に行くようになったわけですが、

そこで強く感じたのは、喪失感と焦燥感でした。

全国にある無数の小さな滑走路、滑走路跡地、航空遺物がどんどん消えています。 

 

滑走路や遺物が掘り返され、見る影もなくなっています。

別の用途に使用されること自体は、土地の有効利用という観点でむしろ喜ばしいことに違いないのですが、

一度失うと二度と見ることができないものが、1つ、また1つと消えてゆき、

「来年見に行こう」と計画していたものが結局消失して見られず終いということもありますし、

知った時には既に跡形もなくなっていて、

「ぐわー! 見たかったー!」と自室でハンカチを噛み締めながらのたうちまわるのはしょっちゅうです。

そんなことを何度も経験するうち、考えが変わり始めました。

「いつでも見られるものより、今しか見られないものを見よう」。

 

後から振り返って考えると、空港とは直接関係ないのですが

ロックさんの事故のことも、この

「今しか見られないものを見よう」という考えを一層強くするきっかけになりました。

未だきちんと書くのは辛い内容なのですが、自戒を込めて記しておきます。

 

毎日のようにアチコチでたくさんのパイロットが大きいものから小さいものまでいろんなヒコーキで大空を当たり前のように飛び回っています。

そのトップに君臨する方が、ある日突然もう二度と帰らぬ人となってしまいました。

数年前のことですが、例によって空港を巡ってフラフラしていた時、

「明日からここでロックさんが飛ぶ」という会場に偶然居合わせたことがあります。

スケジュールを変更すれば1日待つことは十分可能だったのに、

「ロックさんはいつでも見られるから」と、

周辺の空港を回ることにしました。

それから僅か5ヶ月後、あの事故が起きてしまいました。

結果的に、いつでも見られる空港のために、

ロックさんを見る最後のチャンスを自ら放棄したのです。

 

世界的な不況で航空業界も非常に苦しいご時勢であり、

定期便が飛ぶ空港といえども決して安泰とはいえなくなってしまいました。

それでも儚さの点で言えば、航空遺物とは比べものになりません。

例えば最悪のケースとして、ある空港が廃港する流れになったとします。

その前には減便、路線廃止といった前兆があり、

存亡の危機にあるという情報が飛び交い、正式なアナウンスがあり、

大きな反対運動も起こるかもしれません。

「あの空港にヒコーキが飛び交う姿が見られなくなるかもしれない」と

事前に情報をキャッチし、最後を見届けることは十分可能です。

 

ところが基本的に滑走路跡地や航空遺物といったものは、

存在を認識し、場所を特定することすら難しいという有様で、

ある日突然何の気配もなく消えてしまいます。

「いつまでに見に行けばよいか」なんて、外部の人間にはまず分かりません。

今でも、ヒコーキの飛び交う空港を全部この目で見たい。という気持ちは変わらずあるのですが、

時間とお金が限られている以上、優先順位を決めなければなりません。

 

華やかな光の部分を見るか、儚い影の部分を見るか-

これは完全に好みの問題で、前者の方がきっと多数でしょう。

書店で「男性・趣味」のコーナーに行けばそれは歴然です。

たまたまオイラは、そこに非日常の場所があった。という証を見ることに引かれました。

 

そんなわけで、2年位前からいつ消えてもおかしくない、発見が困難な小さな場所を優先的に回りつつ、その途中に大きな空港があれば立ち寄る。

みたいな感じになってます。

今後もこの傾向に拍車がかかり、当ブログには

マイナーな場所がたくさん登場することになりますのだ。


コメント(26)  トラックバック(0) 

コメント 26

tooshiba

とりさんの、空港またはそれに類するもの。に対する情熱は、ヒシヒシ伝わってきましたヨ。
ビンビンっすよ。(・∀・)ニヤニヤ
by tooshiba (2009-01-10 12:29) 

hiro78

儚い部分も充分魅力的に思います。
これからも楽しみにしています!
by hiro78 (2009-01-10 14:34) 

oldman

とり様
拍手!拍手!消えてなくなる物の多い事、多い事!!
戦争は大反対ですが、歴史を見る、先人の苦労のあと、
それが、今に結びついていると、私は考えています。掩体壕などは、
つぶしてしまえ!公園に! つぶすのは、非常に簡単。でも写真ではわからない歴史がなくなります。と言い聞かせながら、私は各地に点在している、展示機もコレクションしています。これも、朽ち果てていくと、いつの間にか、なくなります。航空業界の遺産と私は思っているのですが・・・
とり様いかがお考えですか?????


by oldman (2009-01-10 15:13) 

Qoo

航空も鉄道もそうでしょうけど、必要だから作った
採算が合わないからつぶした
その繰り返しですね
そこにはきっと人々の地域の生活がかかっているはず
簡単につぶして欲しくはないですね
by Qoo (2009-01-10 18:05) 

masa

昔の空港などを訪ねるのも時間との戦いなんですね。
行けるうちに行かれて、読んでいる我々に夢を与えてください。
by masa (2009-01-10 19:24) 

アスランマリオ

類友ブログに1票(笑)

まさかあのロックさんがと誰しも思います。
世界貿易センタ-ビルがあんな事になるなんて誰も思ってませんでした。
自分の思ったように、信念のもとに、悔いの無いように生きていきたい。

これからも楽しいブログをお願いいたします。
by アスランマリオ (2009-01-10 20:31) 

sak

普通に営業している空港しか行かないから
知らない空港...以前空港があった場所
とりさんのおかげで知ることができます♪
少し前、大阪の靭公園が戦時中の滑走路の跡地だと知りました。
また、北海道に住んでいた時車で走っていて
いきなり滑走路の出会って
地元の方に聞いてみたら農薬散布の飛行機を飛ばしていたって
いつも普通にある空港を利用してメジャーな飛行機に乗っていて...
とりさんのblog拝見するようになってから空から空港や滑走路見つけると
なんだか嬉しくなっちゃう私がいます(^^;
by sak (2009-01-11 00:00) 

an-kazu

旅客営業の地方空港も赤字で大変のようですし、
(韓国へのアクセスを図るなど必死・・・)
難しいようですね(^^ゞ
by an-kazu (2009-01-11 00:10) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■takemoviesさん
nice! ありがとうございます。

■Krauseさん
nice! ありがとうございます。

■xml_xslさん
nice! ありがとうございます。

■たねさん
nice! ありがとうございます。

■tooshibaさん
いえいえ。tooshibaさんの鉄道愛には負けますよ^^

■hiro78さん
ありがとうございます~^^

■oldman様
oldman様と同じくオイラも戦争反対です。
戦時中の航空関係のものは、当時の日本人の血と汗の結晶であり、
間違いなく一級品の航空業界の遺産です。
戦時中に建設された滑走路、掩体壕などは、労働力の提供、強制退去、
完成したら完成したで、今度は敵の標的になるなど、
必ず地元の方の苦労や犠牲の上に成り立っています。
そうしたことを雄弁に語る遺産が全国に無数にあるわけで、
これは地元の子供たちに、この場所でも実際に悲惨なことがあったこと、
先人の苦労犠牲の上に今の豊かな暮らしがあることを生々しく伝えるものだと思います。
その意味で、こうした遺産は老人を敬う根拠でもあります。
戦争体験の語り部達がますます高齢化していく中、その価値は今後ますます高まり、
安易になくしてしまうにはあまりに惜しいものだと思います。

戦争賛歌につながる忌まわしい遺物か、平和の尊さを伝える郷土の宝か-
どう捉えるかはその人次第だと思います。

■Qooさん
線路敷設は大変なんですよね。
駅中心に街が形成されたりしますし、安易に作ったりつぶしたりは困りますよね。

■miffyさん
nice! ありがとうございます。

■こけもも:さん
nice! ありがとうございます。

■shinさん
nice! ありがとうございます。

■masaさん
そう。時間との闘いなんです^^
まあ、オイラにできる範囲でやってきます。

■takeさん
nice! ありがとうございます。

■ラナさん
nice! ありがとうございます。

■アスランマリオさん
本当にまさかあのロックさんが。ですよね。
類友ブログにご投票、ありがとうございます^^

■カンクリさん
nice! ありがとうございます。

■ぴーすけ君さん
nice! ありがとうございます。

■sakさん
>大阪の靭公園
おおっと! それは知りませんでした。情報感謝です。
いつか行ってみますね。

■an-kazuさん
仰るとおり、このところ韓国頼みの傾向ありますよね。
今後どうなりますか・・・。

■赤と青さん
nice! ありがとうございます。

■koumeさん
nice! ありがとうございます。

■チャッピィーさん
nice! ありがとうございます。

■夢空さん
nice! ありがとうございます。
by とり (2009-01-11 16:48) 

コスト

対象を掩体壕、飛行場跡地、航空関係の遺跡まで含めると、
確かに消えていくものは多いでしょうねぇ。
特に市街地にあるものは本文にある通りの事情だと思います。
でも、だから価値があると思います。
何年かたって、記録が町の歴史の1行だけになるか、
とりさんとこに写真つきの記事が残るかは大きいですねー^^
文章が全体にわかりやすくてnice!です

by コスト (2009-01-11 22:38) 

OILMAN

こんにちは。
普段生活していれば全く気付かない航空遺跡や空港跡地など、とりさんのおかげで意識するようになりましたよ。
by OILMAN (2009-01-11 22:54) 

ジョルノ飛曹長

飛行場が消えて行くのは寂しいものですね。
無くなっても、なにか遺跡が残っていると嬉しいのですが。
遺跡好きとしては現用の飛行場より、そっちの方が好きだったりしますが・・・^^;
by ジョルノ飛曹長 (2009-01-12 00:28) 

koume

戦争中の遺産をどう考えるか…を考えさせられました。
飛行機とか滑走路などの事はよくわかりませんがw
でも、ドームなどの負の遺産と同様、きちんと残して後世に伝えるべきと思いますね。
平和教育だけではなく、航空業界の歴史としてもです。

by koume (2009-01-12 05:18) 

とり

■コストさん
こういう情報がネットで簡単に検索できるだけでもいいかなと^^
わかりやすいですか? そちら方面で飯食ってる方に言われると嬉しいです^^

■piattopiattoさん
nice! ありがとうございます。

■マロンさん
nice! ありがとうございます。

■OILMANさん こんにちは。
オイラの地元の子供たちは、戦時中この周辺にいくつも飛行場があったこと、
そのせいで爆撃の対象になったことなど知らない子が多いんですよ。(少なくともオイラはお目にかかったことがない)
)そして授業ではわざわざ遠い場所の事例を引っ張り出して教えられるという・・・。

■ジョルノ飛曹長殿
オイラもだんだん遺跡好きになってきましたよ^^

■koumeさん
貴重なご意見ありがとうございます。
仰るとおり、もっと大切に扱って欲しいなぁと思います。
by とり (2009-01-12 07:29) 

チャッピィー

おはよう御座います。
ブログにご訪問頂き有り難う御座います。

ブログを楽しみに拝見させて貰っています。
寒さが一番厳しい時期に成りました・・・・・
健康管理を万全になさってくださいね。
此からも宜しくお願いいたします。
by チャッピィー (2009-01-12 07:56) 

pica

私はおそらく「やさしい」部類の人間でしょー d( ̄▽ ̄*) えへ。

最初は「おおー、きれいな空の写真がいっぱいだー♪」と、こちらへ
お邪魔してたけど、いろんな空港や飛行機があることを知りました。
メジャーもマイナーもOKなのですだ。
by pica (2009-01-12 16:14) 

くず

ネット世界には神様が住んでいる。
とりさんも、その神の一部なんですよ (^^)b

by くず (2009-01-12 16:32) 

とり

■チャッピィーさん
どうもありがとうございます。
チャッピィーさんもどうぞご自愛くださいませ。

■picaさん
ええ。picaさんのやさしさは、黙っててもブログから溢れ出してますよ~^^
これからもマイナーな記事が続きますけど、生温かく見てやってくださいませ。

■くずさん
オイラが神ならくずさんは一体どうなっちゃうんですか!^^

■ハイマンさん
nice! ありがとうございます。
by とり (2009-01-13 07:26) 

Takashi Hoshizawa

空港の撮影ガイド的なものを探して、こちらにたどり着きました。
いや、凄いですね。敬服&感動してしまいました。

私も、よく空港に行ってビデオを撮るのですが、閉鎖はないにしてもフェンスができたり高くなったり、いい撮影スポットが立ち入り禁止になったりで、本当に撮れるうちに撮っておかないと・・という気にさせられています。

私のサイト(j-skyというんですが)のリンクページに掲載させていただいてもいいですか?

あと、私のサイトでは旅客機のビデオをアップしていますので、よろしかったらのぞいてみてやってください。

by Takashi Hoshizawa (2009-01-14 23:26) 

とり

Takashi Hoshizawaさん いらっしゃいませ~ヽ(*´ヮ`)ノ
レスが遅くなってしまい申し訳ありませんm(_ _)m
おだてても何も出ませんよ~^^
リンク、OKです。
後ほどお邪魔させて頂きますね。
by とり (2009-01-17 07:46) 

春分

知らないことも出てきましたが、期待した通り、いい続きでした。
小さなもの、はかないものほど美しい。そんなことを思うのは通人(マニア?、
病気、オタクなどとつかめないそれをいろいろ表現してよこしますが)の常か。

by 春分 (2009-01-17 10:00) 

とり

春分さん
>小さなもの、はかないものほど美しい。
まさにそれです!
by とり (2009-01-17 14:40) 

Takashi Hoshizawa

リンクの件、ご快諾いただいたので、当方のサイトで紹介させていただきました。

このサイトの情報は、いろいろと参考にさせていただきます。これからも、よろしくお願いいたします。

by Takashi Hoshizawa (2009-01-18 23:00) 

とり

Takashi Hoshizawaさん
ご紹介ありがとうございます^^
こちらこそ今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
by とり (2009-01-19 07:34) 

いっぷく

とりさんのブログは個性がキラリと光っています。
そんな光を放つブログが好きです。

by いっぷく (2009-01-28 12:38) 

とり

いっぷくさん
いっぷくさんにそんなこと言われると恐縮です m(_ _)m
これからも大人の玩具の世界、楽しみにしてます。
by とり (2009-01-28 19:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0