So-net無料ブログ作成

アメリカ旅行・3日目 [■旅行記]

突然の電話に受話器を取ったら、6時のモーニングコール。

今日は6:30に1階ロビー集合だというのに、添乗員さんもオイラも爆睡してました。

急いで準備して1階へ。

無事集合時間に間に合いました。

妹に「6時まで爆睡してた」と言ったら、「私じゃ絶対に無理」と言われました。

こういう時、男は便利ですね。

 

本日はバスでマンハッタン島南端周辺の見学です。朝食はバスでお弁当が配られました。

実は、「日本食が食べたいっ!」という状態になるまでにオイラは何日かかるんだろうという人体実験をしようと思ってました。

まだまだ余裕なのに、計らずもこんなかたちで和食を食すことに。

今回のグループに年配者が多いこともあり、添乗員さんが配慮したようです。

「別に和食でなくてもいいんだけどなぁ・・・」と思いながら食べたのですが、
もう、すんげー旨かったです。

特に梅オニギリ。

「腹に合っている」という感覚を味わったのは生まれて初めてでした。

ただ、この「海苔分離型」は、フィルムをはがした時に、きちんとご飯が海苔に包まれた状態にするのが難しいですよね。

ちょっと気を抜くと、たちまち破れた海苔の一部がフィルムの間に挟まれたままという、とっても悲しい事態を招くこともしばしば。

コンビにのお握りは、直まき派と後まき派に分かれますが、直まき派の約17%は、純粋に海苔が柔らかくなった状態が好きなのではなく、実はフィルム剥がしを敬遠したいがためなのではないかとオイラは睨んでいます。

 

脱線しました。話を戻します。

「後まき」はフィルム剥がしが難しいわけですが、特にこのアメリカ製お握りのごはんは粘りがなく、ちょっと力を入れると半分に割れ、ヘタをするとボロボロと崩れてしまいました。 

 そのため、ちゃんとお握り本来の形にするためには高度のテクが要求され、各座席ではお握りを食べるための悪戦苦闘が繰り広げられることに。

それ以外は、黙って出されればこれがアメリカで作られたとは思えないほど美味しかったです。

ただし、決定的に違うのはそのお値段。

缶の日本茶付ですが、これで$25もします。

 

バスから見えた建物。カ、カラフル。

 

 

 

ブルックリン側から見たマンハッタン島南端。

こっちがブルックリン橋で、

 

こちらがマンハッタン橋。 

 

 同じ地点から自由の女神が見えました。

 

食堂でサンドイッチとスープの昼食。

 

国連本部にも行きました。

まず入り口にある広いテント内に導かれ、空港さながらの厳重なチェックを受けました。

 

国連本部正面から、道を一本隔てたところにある壁の文字。

「彼らはその剣をすきの刃に、

 その槍を刈り込みばさみに打ち変えなければならなくなる。 

 国民は国民に向かって剣を上げず、彼らはもはや戦いを学ばない」

という、聖書のイザヤ書からの引用です。

実は以前まで、この壁の正面には像がありました。 

 

 

この像です。「剣をすきの刃に打ち変え」ています。

ところが、この像へのイタズラが続いたため、現在は国連敷地内の立ち入り禁止区画に移設されてしまいました。

 

テレビでおなじみの国連本部の建物。我々が到着した時には、ポールに各国の旗が掲揚されていたのですが、帰りに撮ったら旗はすべて降ろされてました。

入り口にテレビクルーが来てました。

彼らが待ち構えているのがオイラだったら、

「プライベートなんだ。今日は勘弁してくれよ」と言うつもりでしたが、今日はたまたまオイラではありませんでした。

嗚呼、書いてて虚しい・・・。

 

このあとホテルへ。

添乗員さんから、「この後安くて美味しいステーキが食べたい人は、○時にロビーに集合してください」と言われました。

せっかくアメリカに来たからには、是非一度食べておきたい。

ということでノッたのですが、腹ペコで集合時間まで待ちきれず・・・

 

3人でちょっとつまみ食い。

アメリカに行くと絶対太ると思ってました。

添乗員さんによると、旅行中の食事に関して、以前はいかにもアメリカ的な定番レストランに行っていたのですが、ご存知の通りアメリカンサイズは特に日本人女性には多過ぎでほとんど残してしまうため、だんだんとバイキング形式の店を利用するようになっていったのだとか。

過去に学んだそういう工夫のおかげで、今回残すほど食事が出るということは一度もなく、ハードなスケジュールと相まってかえって痩せてしまいました。もっともオイラはもっとやせた方が良いのですが。

 

歩いてすぐのステーキ屋さん。食べたい肉をオーダーして焼き加減を言うと、トレーに焼けた肉を載せてくれます。

後は好きな飲み物、デザートを取り、食べたければサラダのオーダーをして最後に会計です。

ここで「ウエルダン」というと、一部炭化するほど焼かれるそうで、日本の感覚より焼き加減が一段階強いとのことでした。

そんな訳でレアにしました。

 

肝心の肉がパンに隠れております。失敗しました。

流石に肉はでかかったです。

硬くてまずいというのは過去のことらしく、やわらかくて美味しかったです。

鉄板焼きなので、皿にたっぷりと肉汁が注がれていて、これをガーリックトーストやポテトにつけて食べると、これがまた美味しかったです。

この後エンパイアステートビルに登ろう、ということになったのですが、妹はここでホテルにご帰還。

他のグループの人たちが食べ終わるのを待って、1人でテーブルでぼーっとしていると、客足が途絶えて一段落したのか、年配の店長らしき人がテーブルを回っています。

オイラのテーブルにも来て「何かスナックでも追加するか?」と言われたので、

「もうご馳走様です」と言うと、”HAHAHA”とアメリカ笑いをしながら肩をポンポンとたたいて行ってしまいました。

 

展望台の料金は$16もしました。通路には要所に必ず複数の警備の人がいて、やたらと厳重でした。

やっとのことで展望台到着。風が強く、すごく寒かったのですが、その眺めは息を飲む美しさで、初めて展望デッキのドアを開ける人のほとんどが、歓声を上げてました。

さっそく撮影!・・・と思ったら、この肝心な時にカメラが不調。。。

 

 かろうじて撮れたのがこの1枚。

実物は本当に本当にキレイでした。


コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

コメント 17

しまふくろう

すっごい夜景ですねー!
自分の知らないこんな世界があったんだー
と景色を見て感動したらよく思うしまふくろう
です。
とりさん写真撮影術がアメリカで開眼しました?
感心!!
by しまふくろう (2006-11-01 16:42) 

北宇のピューマ

マンハッタンの橋々に国連ビル、私にとってはテレビでしか見た事ない光景ばかり。実際に見て来たとはとりさん本当にうらやましいです!
そしてアメリカまで行ってオニギリに苦戦するとは、意外にして貴重な経験ですね。

実は現在、以前書いた空港巡り車中泊の旅の最中で、今は浜松からのレポートです。
1Day ETC深夜割引で磐越道に乗り新潟空港、ロシアに帰る旅客機(Ty-214でした)を見送り下道で5時間かかり富山、車中泊。
2Day 富山、小松、小松航空プラザを見学して福井空港へ。その後名古屋に移動して車中泊。
3Day 旧名古屋空港を見学し(セントレアは遠いので断念)、岐阜基地、かがみがはら航空宇宙博物館を見学した後浜松に移動、現在ネットカフェ、この後車中泊。
明日、浜松広報館を見学して午後は静浜基地へ移動、車中泊。
最終日は入間基地の基地際に行く予定です。

今回の旅ではとりさんの「空港探索」がスゴク参考になりました。とりさんが見たであろう光景を実際に見る事が出来てチョット感動したし、とりさんが行った後変わったところも有ったようで、新しい発見もチョコチョコありました!
車中泊は予想以上に寒くてまいりましたが、以前からやってみたかった事なので来て良かったです。あと2日の日程楽しんで帰ろうと思います。

とりさんは明後日の入間基地際に行く予定は?会場で会えたら感動ものです(^o^)
自分ネタで長々と書き込みスミマセンでしたm(_ _)m
by 北宇のピューマ (2006-11-01 20:35) 

カンクリ

ラストのお写真は、まさしく
 「にゅよ~く、にゅ~よ~~くぅ♪」
ですね!! いやぁ~、羨ましい限りです。
by カンクリ (2006-11-01 21:32) 

ジョルノ飛曹長

いやー楽しいですね。
とりさんのレポは一緒に旅をしているような気にさせてくれます。(^_^)画像も多くてniceです。
日本食は私も経験があるので聞いてください。
約1ヶ月のホームステイだったんですが、あちらの食べ物は味が無いものばかりなんですよね。特に家庭料理は申し訳ないけど最悪でした(^_^;)
渡米から3週間後くらいに偶然「スキヤキ」の文字を発見。駆け込み寺よろしく駆け込むと、日本人のご主人が経営している日本料理やでした。
涙を流しながらスキヤキとダシの利いた味噌汁を飲んだのを覚えています。(^_^;)
あの国に足りないのは究極の味覚の1つ「旨み」だなと思いました。
by ジョルノ飛曹長 (2006-11-01 23:48) 

ひろ茶

オニギリライス…ちょっとかっこいいですね。
仮面ライダーみたいに日本語と英語のミックスってかんじで(笑)
やはり摩天楼は美しいですね~。
日本のごちゃごちゃ感のある景色とはまた違った
美しさがありますね。
by ひろ茶 (2006-11-02 01:17) 

konatu

私は三沢基地のバーガーキングで1回ハンバーガーを食べただけで、日本食のありがたみを知りました。とりさんは逞しいですな。
by konatu (2006-11-02 16:53) 

とり

■しまふくろうさん
あー、正直に告白します。国連の像の写真と、最後の夜景の写真、ニコンの画像ソフトを使いました。もう、どういうことかという位修正しました。
コメント&nice! ありがとうございました。

■北宇のピューマ さん
オイラは仕事が入り、残念ながら入間は行けません。返事が遅れてごめんなさい。これ見るのが間に合ってくれるといいんですけど。
初めての車中泊、すごいですね。いきなりの長丁場ですが、気をつけて楽しんできてください。オイラが行った時との違いがあったというのがすごく気になります。無事に戻りましたら、是非教えてくださいね!
コメント ありがとうございました。

■カンクリさん
フランク・シナトラでしょうか?(自信なし)
「息を飲む」という表現がピッタリでした。
コメント&nice! ありがとうございました。

■ジョルノ飛曹長殿
おお、1ヵ月のホームステイですか!すごいです!道理で、「お前は死ぬ」と言われて、「あんたもな」という切り返しが発想できるわけです。日本食のありがたみを知る貴重な体験でしたね。アメリカ人にとってはダシの利いた味噌汁ってどう感じるんでしょうね?
コメント&nice! ありがとうございました。

■hirochaさん
あのオニギリ、見切れてますけど、「オニギリ ライスボール」って書いてあるんですよ。おお、やっぱしアメリカだな~と思いました。中身はまんまオニギリなのに、包装が英語だと別の食べ物のように思えてしまうから不思議です。
コメント&nice! ありがとうございました。

■konatuさん
アハハ、オイラ基本的に雑食なんですよ。大概のものは美味しいです。
konatuさんに「日本食のありがたみを知った」と言わしめた三沢のハンバーガー、どんなもんだか1度食べて見たいです!
コメントありがとうございました。
by とり (2006-11-02 20:35) 

コスト

仕事とかで忙しくてやっと見れました。
これは楽しいですね、機内食や食事の画像とかあると実感湧いていいですねー☆
国連本部の「剣をすきの刃に打ち変え」の像は初めてみました。
そして「プライベートなんだ。今日は勘弁してくれよ」のところは、俺もよく「出迎えご苦労!」とか心の中で思ってるんで、笑っちゃいました、同じだ(笑)って。
by コスト (2006-11-03 00:28) 

tooshiba

とりさんの画像修正のご苦労にナイス!夜景にナイス!
それにしても、お弁当が3,000円くらい?
ビルの展望代が1,800円くらい?
うーむ。オプションだとしたらハンパじゃなく高いですねえ。
驚きはプライスレスです。ヽ(・∀・ )ノ キャッ キャッ
貧乏性な自分はどちらもパスしてしまいそうです。

食べ物つながりで。
昨夜のニュース(4chかな?)で、農林水産省が「海外ではわけの分からない“日本食”が蔓延っている。けしからん!なので、『これが本当の日本食だ!』という指針を世界にPRする。ついでに農産物の輸出拡大を狙う」とか言ってました。
・・・輸出云々の前に食料自給率を何とかしろ!
それに、海外の日本料理(店)は、それはもう日本食じゃなくて現地の料理だろうが!とテレビに向かってツッコミました。。。
逆に、日本で○○料理(○○は国の名前)と謳っているお店は、大抵がすでに日本人向けにアレンジ済みなはずですよね。
なので、それはもう○○料理ではなく、日本(の)料理だと思います。

今日の入間基地は、、、天気次第ですが、身動きがとれないほどの混雑となるでしょう。お出かけ予定の方は公共交通機関=西○鉄道のご利用をお勧めします。
足元と頭上にご注意の上、楽しいひと時をお過ごしになることをお祈りします。
by tooshiba (2006-11-03 02:11) 

とり

■コストさん
仕事お疲れ様でした~。像移設は添乗員さん情報です。
>出迎えご苦労!
国連周辺にはリムジンが何台も止まってましたよ。ヽ(´∀`) 
コメントありがとうございました。

■tooshibaさん
ニューヨーク、結構物価が高かったです。500mlの水が安いスーパーで$.99,普通に買うと、$2.0でした。普段はオイラも貧乏性なのですが、「せっかくアメリカに来てるんだし」と自分に言い聞かせることしばしばでした。
>海外の日本食
自国向きにアレンジ、日本の自給率・・・本当にそうですね。
今でこそアメリカでもスシが市民権を得てますが、当初は生魚に対する拒絶反応を抑えるために、アボガドを使ったり、きゅうりを使ったりして、そこから徐々に、と聞きました。いきなり「これが本物!」と大上段に構えても、見向きもされないんじゃないかなぁ。
コメント&nice! ありがとうございました。
by とり (2006-11-03 18:15) 

ハイマン

意外な和食との出会い
和食の旨さ再発見ですね!
実は私も経験あります!
オーストラリアに約一ヶ月居た時、知り合いが別荘に案内してくれて
BBQとそうめんを御馳走してくれました
そうめんの旨さといったら! もう泣きそうでしたよ!
by ハイマン (2006-11-04 01:47) 

とり

ハイマンさん
オーストラリア1ヵ月・・・いいなー。
そうめん、それはそれは美味しかったでしょうね~。(*´д`*)
コメント&nice! ありがとうございました。
by とり (2006-11-04 05:28) 

basashi

最後の1枚、息をのんでしまいそうな写真ですね!
$16かけて展望台にのぼった価値がありましたね。
by basashi (2006-11-04 23:03) 

とり

■basashiさん
最初は$16と聞いて、一瞬引いてしまったのですが、確かにその価値はありました。
コメント&nice! ありがとうございました。

■catenamasさん
こちらにもnice! ありがとうございました。
by とり (2006-11-06 08:08) 

とり

■アスランマリオさん
nice! ありがとうございます。

■xml_xslさん
nice! ありがとうございます。
by とり (2007-10-13 18:28) 

エミコ

こんにちは。

国連の、「剣を鋤の刃に」の画像、ありがとうございます。

ベテル見学ツアーですか?
by エミコ (2015-07-09 09:27) 

とり

■エミコさん いらっしゃいませ
仰る通りです。
by とり (2015-07-13 06:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0