So-net無料ブログ作成

佐賀バルーンフェスタ [■旅行記]


 

正直こんなにたくさんバルーンが見られるとは思わなかったす。佐賀空港でもらったパンフでバルーンフェスタ期間中であることを知り、寄ってみました。河川敷が会場になっていて、左右に様々なアトラクション、屋台がずらりと並んでました。

 

 

 

ここがバルーンの競技エリア。自称「変な外人」という男性DJと、女性2人が音楽に乗せて実況をしており、ゼッケンナンバーと、パイロット名、出身地、プロフィールなどを紹介してくれる。みんな斜面に座って、拍手したり歓声を上げたりして大盛り上がり。斜面に向かう途中、オイラの近くに 

                ヒュルル~~~~  ポスッ 

とマーカー(赤いリボンの先に砂が入った袋がついたもの)が落ちてきた。DJの変な外人が、「重さ70グラムですから、当たっても全然大丈夫です。近くの人、係りの人が行きますから触らないでくださいね~」と言っていた。

 

 

熱気球を直に見るのは初めて。のんびり漂っているイメージだけど、間近に見ると想像以上に早い。上昇、下降速度もまるでエレベーターのようにスーッと。デカイし、バーナーの音もすごいし、スゴイ迫力。 

 

確認はできなかったけど、日本チャンピオン、世界で何番というバルーンも参加していると変な外人が言っていた。メインスタンド上空を通過するバルーンに向かって声援を送るよう盛り上げていて、観客もそれに応えていたが、地元佐賀からの参加機が紹介されると、ひときわ声援が大きかったような気がする。

 

パイロットたちも地上の声援に応えて盛んに手を振り返してくれる。 

 

画面中央の大きな×印がターゲット。各バルーンは上昇/下降を繰り返しながらこのターゲットに近づくよう風をつかみ、ターゲット目がけてマーカーを投げる。既に着陸したパイロットたちがターゲットの周辺で盛んに風船を上げている。ターゲット周辺の風の流れをパイロットに教えているのだそうです。 

 

メインスタンド前で手話通訳もしていた。

 

   

 

バルーンにもちゃんとレジナンバー(?)がついている。

 

頭上で「シュゴーッ」とバーナーの炎の音がする。 

 

バルーンがマーカーを投げる瞬間を狙ったが、シャッターボタンを押してから実際にシャッターが切れるまで数秒かかる。これは本当にマグレで撮れた1枚。バルーンの左側に線のようなものが見えますでしょうか?本当はターゲットの真上に降りて、マーカーをポトリと落とすのが理想だけど、そううまくはいかない。大抵はターゲットから数十メートル離れた所を通過することになる(それでも十分すごいことなんだろうけど)。それで最も近づいたところで、ターゲットに向かってマーカーを思いっきり投げるのだ。パイロットはマーカーを投げる時、何度も何度もグルグルまわして投げていたけど、あれは何か意味があったんだろうか?

たくさんのバルーンが次々にターゲットへの投擲を終えて着陸地点に向かっているというのに、なかなかターゲットに近づけず、いつまでも哀愁を漂わせているバルーンも数機いた。この競技は速さではなく、いかにターゲットに正確にマーカーを落とせるかを競うが、それでも制限時間が設けられており、それは5時なのであった。この写真を撮った時点で5時5分前なのに、まだはるか奥のほうにバルーンが見える・・・。

パンフによると、「スカイ・レジャー・ジャパン」というイベントがある。これはグライダー、ハンググライダー、マイクロライトプレーン、スカイダイビング、パラグライダーなどの演技を観ることができるもので、明日の昼から公式練習が始まり、週末の土日に競技が行われる。しかも、なんとあのエアロック(元空自の戦闘機乗りでその世界では神の存在。退官後アクロバット飛行士になった)による曲芸飛行が観れるのだ。一瞬、明日以降の空港見学の予定をキャンセルしてしまおうか、と思うほど心が揺れた。

毎日様々な演奏コンサートが行われ、最終日は地元芸人はなわもやって来る。5日間に渡り、ほぼ1日中イベントがあり、テーマパークで様々な展示、催し物もある。毎日朝7時から9時までと、午後3時から5時までバルーン競技があるし、それ以外の時間帯もキャラクターものなど変わった形のバルーンが集合する「ファンファンカーニバル」が毎日行われる。また、ホンダバイクトライアル、気球教室、バルーンの夜間係留など、1日中というか、期間中毎日来ても飽きさせないイベント盛りだくさんだ。「バルーンの夜間係留」は、一斉にバーナーを焚いた数十機?のバルーンが闇に浮かび上がり、とっても幻想的なのだ。これは一見の価値あり(写真でしか見たことないけど)。

(追記)今年になってロックさんが事故死してしまい、もう2度とあの演技を見ることができないことを考えると、今更ながら滞在して見ておけばよかった。空港はいつでも見れるけど、ロックさんの演技はもう2度と直に見ることはできなくなってしまった。あのロックさんが自ら操縦する飛行機でお亡くなりになるとは夢にも思わなかった・・・

 

 

このバルーン群は、既に×印への投擲を終え、着陸地点に向かっているところ。鉄橋の向こう側に着陸するバルーンが多かった。

 

 

 高度を落とし、着陸地点に向かうバルーン。

 

メインスタンド(土手)のすぐ後ろの田んぼに向けてファイナルアプローチ中のSHINKIN BANK号。

 

 

音もなくタッチダウン。

 

着地の際、カゴは立ったままストンと接地するのだと思っていたが、倒れた。

 

 

ファイナルアプローチからここまで約1分。あっという間にしぼんでしまった。

制限時間の5時になり、ほぼすべてのバルーンが投擲を終えて着陸地点に向かった。ターゲットのあるメインスタンド周辺の上空にはもうバルーンは残っていない。観客たちがぞろぞろと駅、駐車場に向かって歩き始める。鉄橋の隣に設けられた「バルーン佐賀駅」のホームは既に人でいっぱい。左右にずらりと並ぶ屋台の間を通って駐車場に向かう。行きの時は、早くバルーンが観たくて素通りした屋台だが、夕食代わりにココで何か買うことにした。この人波が最後の客ということで、安売りをする屋台が多い。豚バラ串を買う。 

別の屋台で「はしまき」というものが売っていた。初めて見たけど「はしまき」とは、お好み焼きを棒状にして割り箸に挟んで巻いたようなものだった。看板に「1つ200円」と書かれており、その看板の側に3本がパックに入っているものが並んでいた。一パック200円は安いなぁと思ったけど、これで店じまいだから安売りしてるんだと推測し、注文した。屋台のお兄ちゃんから、600円であることを告げられる。1パック200円ではなく、1本で200円だったのだ。さっきの豚バラ串は400円だったし、屋台で千円も使ってしまった。トホホ。気を取り直して袋から豚バラ串を取り出し、食べながらのんびり車に向かう。注文してから焼き始めたのでホカホカ。脂身のついた肉に塩コショウが利いていて、モノスゲーうまい。

 

本日の夕食「はしまき」。味の付いていないクレープ状のものを割り箸にくるくる巻き、上にソース、鰹節、マヨネーズ、ケチャップ、キザミ海苔がかけてある。車に戻ると、周囲は出口に向かう帰り車で大渋滞。オイラは別に急ぐこともないので、のんびりはしまきでも食べながら待つことにした。どうして一本に付き割り箸を2本使うんだろうと不思議だったけど、割り箸の間にクレープの端を挟んでいるのだった。食べるのに悪戦苦闘した。この「はしまき」、正しい食べ方はあるのだろうか。

 

「はしまき」の正体をご存知の方、教えてください!

 

はしまきを食べ終えてもまだまだ車の列は途切れない。メールを打ったり、ノートに記録をつけたりした後、仮眠を取ることにした。周囲がやっと静かになったので起きてみると、車はほとんど残っていない。あたりはもう真っ暗だ。未だ駐車しているのは、キャンピングカーの類が多い。バルーンフェスタはあと数日続くので、そのまま留まる車ばかりかも。18:00 150キロ先の天草空港に向けて走り出す。 

(この記事は2004年11月に行った時のものです)    


 

関連サイト:
佐賀インターナショナルバルーンフェスタ


コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

コメント 12

マイケル

沢山写真ありがとうございます。昔福岡に6年間いた頃、行きたいと思いながら行けませんでした。
by マイケル (2005-12-24 10:22) 

四音

バルーンフェスティバルは、一度いってみたいと思いながらまだ見たことがありません。
ニュースでは、こんなに細かく報道されないので、とても嬉しいです。
(行きたい気持ち上昇率200%!)
バルーンの夜間係留、是非見てみたいです。
どうやって暖をとるかが気になるところ…今年なんて特に寒かったでしょう?

ロックさんの損失は、私たち夫婦の中でとても大きなニュースでした。
緊急ニュースのテロップが流れたときは
空港が閉鎖されることで及ぼされる仕事の影響を考えましたが
まさか、その原因がピッツの墜落とは…
残された方々がその意思をついで活動を再開されたとのこと。
ご本人のアクロはもう見ることはできませんが、頑張って欲しいと思います。
by 四音 (2005-12-24 12:25) 

とり

マイケルさん
いらっしゃいませ~ヽ(*´ヮ`)ノ
コメントありがとうございました
福岡からなら絶好のチャンスだったのに惜しいことしましたね
会場には全国から車が集まってましたよ

よろしければ、またお越しくださいませ
by とり (2005-12-24 14:44) 

とり

四音さん
上昇率200%なんて、嬉しいコメントありがとうございます。
実はコレ、去年のなんですよ~ ごめんなさい(^^ヾ
寒さのことですが、いくつも大型テントが張ってあり、室内アトラクションのようなものもありました。そこではちゃんと暖房されてたと思います。
でもやっぱりある程度の時間、土手で座って見るのが基本ですから、あったかいカッコして行くしかないと思います。

ロックさんのことは、オイラも最初にニュースで見たときには悪い夢だと思いました。
あの人に限ってそれはあり得ないと思ってましたから。
多分空好きな人にとってはこの数年間でも最も大きな出来事の1つではないでしょうか。
その後の続報については知りませんでした。
ちょっと救われた思いです。情報本当にありがとうございました。
by とり (2005-12-24 20:19) 

まさ

ここ数年はスケジュールの都合がつかないんで出かけてませんが、以前は早朝から出かけてました。ご体験の通り佐賀平野はなんもないんで朝は特に冷え込みが厳しいです。でも・・・朝日に映えてキレイなんですよね^^
あと、チームによっては着地地点でたまにバッジみたいなモノを配ってたりしますよ。来年は新北九州空港も開港するんで、時期を見計らってお越しになってはいかがでしょうか?スタンドからだけではなくって、車で追っかけるのも楽しいですよ^^

それから"はしまき"・・・調べてみましたが出所はわかりませんでした^^ただのお好み焼きだと思いますよ。
by まさ (2005-12-28 22:35) 

とり

まささん
いろいろ情報ありがとうございます!
バッチ配ってるんですか! 次行ったら絶対ゲットしよう。
それから、”はしまき”のことわざわざ調べていただいてすみません。
てっきり九州ではメジャーなものだと思ってたもので・・・。
母「今日のおやつは、はしまきよー」みたいな。
by とり (2005-12-29 08:05) 

カンクリ

一度は行きたい「バルーンフェスタ」!こちら福島でもやってるのですが、まだ未経験です。カラフルなんでしょうねェ~♪
by カンクリ (2005-12-29 17:11) 

とり

カンクリさん
コメント&nice!  ありがとうございました。
福島でもやってるんですか?
見に行ってみたいです。

この前本屋に行ったら、なんとかという雑誌に新谷かおるの飛行機モノのマンガが掲載されてました。
by とり (2005-12-29 22:29) 

GUAM-SAN

ばる~んがいっぱいは、
なんだか、夢いっぱいみたいで
素敵ですねぇ
そう、私は、文字いっぱいだと読めなくなるんです。
どうしてなんでしょ。
でも、はしまきは美味しそうでした。
by GUAM-SAN (2006-01-01 16:24) 

とり

ももさくらさん
コメント&nice!  ありがとうございました。
オイラも文字いっぱいは、気力がないときは読めません。
でも自分で書くときはなぜか長くなっちゃうんですよねぇ。
これでも短くまとめようと気をつけているんですが・・・(^^ヾ
by とり (2006-01-02 11:11) 

空飛ぶパンダ

お初ですー^^。空飛ぶパンダといいます。
綺麗な写真が多くていいですね。バルーンの着地の様子などよく判りました。
4・5日の空中写真など、パンダのブログにUPしましたので、良ければまたご覧下さいねー^^。
今後ともよろしくお願いします^^。
by 空飛ぶパンダ (2006-11-07 08:03) 

とり

空飛ぶパンダさん いらっしゃいませ~ヽ(*´ヮ`)ノ
早速拝見させて頂きましたよ。こちらこそどうぞ宜しくお願い致します。
by とり (2006-11-07 18:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1