So-net無料ブログ作成

太平洋無着陸横断への挑戦 [├場所]

青森県三沢市淋代海岸 

かつてここは太平洋横断の舞台となった

これは,1930~32年にかけて行われた5組の男たちによる挑戦の記録である。
                                         (○ロジェクトX風)

 

1組目の挑戦者:ブロムリー,ゲッティー/タコマ市号

1930年8月
 8日 飛行機と共に横浜港に到着。霞ヶ浦飛行場を出発地に決定する。
19日 霞ヶ浦飛行場到着。
30日 離陸失敗。(重量過大のため,離陸速度に達せず)
     →周囲に障害物がなく,大圏コース(後述)の場所を探すことにする。

1930年9月
 3日 青森県三沢村周辺を調査。淋代海岸を使用することに決定。 
 7日 タコマ市号 淋代海岸に着陸。
14日 淋代海岸を離陸。悪天候と,エンジン故障による排気ガスの機内
     入り込みにより,横断を断念,引き返す。
15日 濃霧により方向感覚を失い,青森県下北郡尻労海岸に不時着。
17日 再挑戦のため,再び淋代海岸に戻るが,ガス中毒の後遺症が回復せず,
        計画を断念。
29日 飛行機を淋代海岸から,立川飛行場に移動。格納庫にて保管する。

1930年11月
21日 ガス中毒後遺症のため静養中のゲッティーを残し,ブロムリーは帰国。
     出港の際,「来年3月に再挑戦する」と述べる。

 

2組目の挑戦者:トーマス・アッシュ/パシフィック号

1931年4月
11日 1組目の挑戦者が使用した機体の使用権を得る。
         中島飛行機技師らと共に機体の修理と整備を行う。
21日 朝日新聞社に懸賞金挑戦の申し込み,宿泊先の帝国ホテルにて
        横断計画の正式発表。

1931年5月
 7日 青森県到着。村長から淋代海岸を案内される。
29日 立川飛行場から淋代海岸へ機体を移動。翌30日に出発することを決定。
30日 悪天候のため出発できず。
31日 離陸を試みるも,回転数上がらず離陸に失敗。

1931年6月
 1日 性能不足を理由に計画断念。
 3日 機体は再び立川へ戻され,保管される。

 

3組目の挑戦者:モイル,アレン/クラシナマッジ号

1931年8月
 6日 横浜港に到着。1組目,2組目が使用した機体の改造に着手,8月末に完成。
31日 初試験飛行。

1931年9月
 3日 日本航空輸送の格納庫にパングボーンら(4組目の挑戦者)を訪問する。 
 5日 立川から淋代に機体移動。
 6日 天候不良のため離陸断念。
 7日 天候不良のため離陸断念。
 8日 淋代海岸を離陸。燃料漏れ,悪天候により,横断を断念。
 9日 無人島に不時着。
12日 無人島を離陸し,ベーリング海西岸,ロシア領マイノビリグインに着陸。
14日? マイノビリグイン離陸。

1931年10月
 7日? タコマ市に着陸。(3度目の挑戦で機体は一応アメリカに戻った)

 

4組目の挑戦者:パングボーン,ハーンドン/ミス・ビードル号

1931年8月
 6日 ハバロフスク飛行場より立川飛行場に飛来。飛行許可を得ずに飛来したため,
        取調べを受ける。許可が下りるまでの間,機体の改造を行う。

1931年9月
27日 機体改造後,初の試験飛行。
29日 機体を立川から淋代に移動。

1931年10月
 4日 7:01 淋代海岸を離陸。
 6日 0:14(日本時間) アメリカ ウェナッチに着陸。
      太平洋無着陸横断 記録達成
      所要時間:41時間13分

 

5組目の挑戦者:本間,馬場,井下/第三報知日米号

1932年9月
10日 羽田飛行場から淋代海岸に着陸。
         滑走路の整備を行い,出発日を15日に決定。
15日 悪天候のため出発断念。その後天候回復せず,出発が大幅に遅れる。
24日 淋代離陸。間もなく通信途絶。遭難と断定。機体,遺体共に発見できず・・・。

 

 

その他追加

 5組以外の挑戦: 
  某アメリカ人が,米国からの無着陸横断を発表。また,日本人による無着陸横断,島伝いの横断がいくつか企画されたが,いずれも実現しなかった。また,1組目の挑戦者の1人であるブロムリーは,1929年7月29日に,ワシントン州タコマ飛行場からの無着陸横断を試みたが,離陸に失敗。機体は大破してしまう。(日本人による達成者が出たら,絶対”プロジェクトX”で紹介されたと思う)

 

 淋代海岸が選ばれた理由: 
   特に青森県が選ばれた理由として,地球が球形であることを考慮に入れた最短コース(大圏コース)であることが挙げられる。本当は北海道の方がさらに有利だったが,太平洋無着陸横断の懸賞金を得るための条件の1つに,「日本は本州内を離着陸地とすること」という条項が含まれていたため,本州では最も米国に近い大圏コースとなる青森が選ばれた。
  その青森県でも特に淋代海岸が選ばれた理由としては,2000メートルの滑走路が十分に取れ,起伏もほとんどないこと,陸から流れた粘土と,海岸一帯に層を成している砂鉄が交じり合い,波打ち際まで固い岩盤を形成しており,ハーフ・ベイクド・クレイ(=半焼粘土)と形容される状態であった。整備すると容易に滑走路を作ることができること,給油などの手配が容易であること,などが挙げられる。

 

  淋代海岸が選ばれた経緯: 
  日本側からの横断を最初に試みたのはブロムリーとゲッティーだった。2人は当初,出発地として立川飛行場,霞ヶ浦飛行場を計画していた。しかし長距離飛行のために燃料を満載にすると,滑走路が短すぎて離陸できないことが判明する。そのため別の飛行場を探すことになる。
  当時立川飛行場にいた所長が自ら飛行した経験から,青森県八戸市から野辺地町にいたる海岸線周辺に白羽の矢が立つ。さらに所長はつてを頼り,青森県十和田市在住の元海軍航空隊所属の少佐を紹介してもらい,この少佐の尽力により周辺のいくつかの候補地の中から最終的に淋代海岸に決定した。
  この飛行場の名称として幾つかの案が出たが,最初に淋代からの飛行を行ったブロムリーとゲッティーは,「少佐が見つけてくれた飛行場だから」ということで,少佐の名前に因み,「大田エアポートがいい」と主張して譲らなかったという。

 

  記録達成の経緯: 
  それまでの3組が最初から太平洋横断挑戦のために来日したのに対し,ミス・ビードル号で太平洋横断無着陸飛行に成功した2人(クライド・パングボーンとヒュー・ハーンドン)は,当初世界一周の最短記録に挑戦していた。しかしハバロフスクに到達した時点で時間遅れのため,挑戦を断念する。ハバロフスク滞在中に偶然太平洋横断に懸賞金が懸かっていることを知り,急遽予定を変更し,来日。
  日本から正式の許可が下りるまでの間,機体の航続距離を伸ばすための改良を施した。尾輪式の大きな前輪は,離陸後に支柱もろとも落下できるようにした。車輪を切り離すので胴体着陸になるが,胴体も衝撃に耐えられるよう改良を施す。さらに,燃料を余分に200リットルつめるようにした。1931年(昭和6年)10月4日午前7時1分,淋代海岸を離陸。41時間13分の飛行の後,米国ワシントン州・ウェナッチに無事着陸した。

 

  三沢村について:
  いくつか資料を見たが,金さえあれば大抵のものはそろってしまう現代とは異なり、非常に不便な当時のことであり、当時の三沢村の人々の多大な協力なしにこの記録は達成できなかっただろうということをつくづく感じた。食事,宿泊等身の回りの一切の世話を行ったが,わざわざ西洋風料理の勉強までして食材を取り寄せ,食事を提供するという歓待ぶりだった。また村長の呼びかけのもと,離陸挑戦のたびに村の人々が総出で海岸の転圧整備を行い,離陸可能な状態にしている。まさか10年後には敵同士になろうとは夢にも思わなかっただろう。  離陸機にはフライト中の食事も積み込まれたが,その中に地元のリンゴも含まれていたという。後日,米国側から感謝の印としてリンゴの苗が送られた。この苗は農業試験場で現在も実をつけているという。最近になって三沢市と着陸地であるワシントン州ウェナッチ市は姉妹都市となった。

関連サイト:
三沢国際クラブ   


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0