So-net無料ブログ作成

旧陸軍高萩飛行場跡地 [├空港]

 2009年1月、2017年1月 訪問 

無題4.png
1947年9月当時の写真(USA M452 52) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成) 



(2017/1/22追記:記事修正しました)

 

埼玉県日高市にあった「高萩飛行場」。

陸軍の飛行場でした。

先頭の航空写真の通り、格納庫と格納庫前のコンクリ舗装面がクッキリ残っていたので、

グーグルマップ上にキチンと作図して再びお邪魔したのでした。

DSC_0001.jpg
撮影地点1

高萩飛行場には、格納庫と格納庫前のコンクリ舗装が7組並んでいるのですが、これは北から4番目の跡地です。

ファミマの敷地は当時のコンクリ舗装面にきっちりと収まっています。

上の写真、オレンジの線を引いた部分が格納庫前のコンクリ舗装面跡なのですが、

不思議なほど正確に舗装面跡が杭で囲われて地割として残っていました。

DSC_0006.jpg

撮影地点2

この写真だとトラックに隠れて見えないんですけど、杭で囲われた敷地の先にファミマがあり、

その先のベイシア(奥の灰色と赤色の大きな建物)の辺りまで当時は舗装面で、更にその先に格納庫がありました。

DSC_0011.jpg

撮影地点3

こちらはお隣の北から5番目のコンクリ舗装面跡。

コンクリ舗装面だった場所が正確に民家敷地になっています。

民家に向けてカメラを向けてしまうことになるので、なんだか構図が中途半端ですが、

画面右端のオレンジ線を引いた場所が当時のコンクリ舗装面。

1947年の航空写真で4番目と5番目を比較すると、5番目の方が数メートルだけ西にズレているのですが、

現在の地割でも、ファミマのとこの杭の境界より、こちらの民家の敷地の境界がきっちり数メートル西にズレています。

陸軍が飛行場用地を買収した後、「ここは元○○家の土地だから~」なんて考慮しつつ、

格納庫やコンクリ舗装面の場所決めをしたとは考えられません。

それでもなぜか、軍の都合で「ここと、ここ」と決めた格納庫、コンクリ舗装面の地割が、

(ほんの一部ですが)現在まで正確に残っている。

どういう経緯を経てここが戦後の境界線として確定したんでしょうか。

DSC_0009.jpg

撮影地点4

ファミマとベイシアの間の道路。

飛行場当時はここが格納庫前のコンクリ舗装面同士をつなぐ通路でした。

現在も(幅が少々狭くなりましまたが)道路として残っています。

DSC_0016.jpg

DSC_0018.jpg

撮影地点5

飛行場敷地北側。

この周辺の山林に飛行機を隠していたのだそうです。

(2017/1/22の追記ここまで)


D20_0007.jpg

 

D20_0005.jpg

高萩北公民館の道路に面した一角に上のようなものがあります。

高萩飛行場跡(全文)
所在地 日高市大字旭ヶ丘全域 萩飛行場は、昭和十三年十二月、陸軍航空士官学校(現在の入間市)の高萩分教場として使用開始された。
当時この地は、北海道などからの入植者によって山林が農地として開拓されていたが、日華事変の拡大に伴い軍用地として接収された。
飛行場の規模は、東西一七〇〇メートル、南北一三〇〇メートル、面積は約二二〇ヘクタールで、飛行場設備の主な建物としては、格納庫四庫(内二庫は鉄骨)、本部舎(二階建)、兵舎二棟(二階建)、機材庫、車庫、庶務事務所、講堂、将校下士官用控室、炊事用建物などであった。
飛行練習は、主に通称赤トンボと呼ばれていた九五式練習機などを用いて行われた。
昭和二十年二月まで、航空士官学校生徒の飛行練習場として、大きな役割を果たした。飛行場としては、同年八月の終戦まで使用された。
平成八年一月 高市教育委員会

 

D20_0011.jpg

少し離れた神社にもこんなものがありました。 

 

D20_0013.jpg

碑文(全文)
昭和二十年終戦を迎えるや、首都衛星基地であった旧陸軍高萩飛行場跡へ十二月一日国の緊急開拓政策のもとに県下でもいち早く高萩開拓団を組織し、鍬入れを行った。
当地は旧高萩村及び旧高麗川村の一部に亙り、総面積は出耕作地も含め六十余万坪に及び主として復員軍人、引揚者、近隣の二三男の百二十四名で構成し、字を旭ヶ丘と命名した。
当時世相は混沌とし、農業経験の未知に加えて食糧物資は極度に不足し、更に打続く各種災害等に依り、経営基盤の弱い入植者の生活は困窮を極めた。
然し同士一同克くその苦難に耐え、昭和二十二年より国の助成による住宅の建設も始り、二十三年秋には待望の点灯工事を了え、同年農協法の施行により開拓団を旭ヶ丘開拓農協に改組し、苦難の中にも一歩一歩建設への段階を進め、二十七年国の開拓完成検査に全員合格した。
更に心の據り処として部落中央に旭ヶ丘神社を建立し、幹線道路も逐次整備を進め、四十年代に入り蔬菜を中心とする営農も漸くその基礎を固めることが出来た。
昭和四十四年開拓農協を解散し各自一本立ちの農家として再出発出来たのも、一重に各行政当局、各種諸団体、諸先輩の尽力指導の賜であることは勿論、入植者一同の団結と努力の成果であろう。
茲に当地の足跡を後世に伝えると共に旭ヶ丘の将来の繁栄を希念しこの碑を建てる 昭和五十三年十二月一日

 

D20_0016.jpg

当時飛行場の本部舎内にあった気象室で天気図の作成をしていた方が

現在当地区の地主会長を務めておられ、この記念碑を建立したのだそうです。

ちなみに2008年10月に建てられたばかり。

 

D20_0019.jpg

この碑文は北公民館に設置されている説明版の文章とまったく同じで、

文末の「平成八年~」の部分が、「所在地 日高市大字旭ヶ丘全域 及び一部森戸新田を含む」

になっていました。

 

D20_0023.jpg

 

D20_0022.jpg

神社周辺はこんな感じ。

 

オルソ高萩飛行場全図.PNG
写真:「国土画像情報(オルソ化空中写真) 国土交通省」
撮影年度:1974年 飯能、川越南部、越生 編集・加工:「空港探索・とり」

こちらは1974年当時の写真です。

現在と比べるとまだまだ建物が少ないですね。

こうして直線道路が整備されている様子を見ると、「どの道路が滑走路跡だろうか」

などと考えてしまうのですが、特定の場所を舗装して滑走路としていたのではなく、

格納庫や本部舎などを除き一面芝生の平地だったそうで、

道路が整備されたのは戦後だそうです。


        埼玉県・旧陸軍高萩飛行場跡地       

「日高市史 近・現代資料編」にこの飛行場のことが出ていましたので以下抜粋してみます。
旧日本陸軍高萩飛行場
正式名:陸軍航空士官学校高萩分教場
飛行場開場:昭和14年4月
東西1,800m、南北1,180m 213万㎡
地面の状況:平坦且堅硬ナリ 殆ド一面ニ張芝及雑草密生ス
        降雨後ノ排水概ネ良好ナリ
目標:川越市、飯能市、東上線
障碍物:ナシ
離着陸特殊操縦法:
着陸ハ東側格納庫寄リニ於テ南北方向ヲ可トス
格納設備:格納庫 40m×50m2楝、30m×35m2棟
通信設備:高萩郵便局(電信及電話取扱)東方約700m
観測設備:ナシ
給油設備:燃料補給可能
修理設備:ナシ
宿泊設備:川越市ニ旅館数軒アリ
地方風:
1-3月間ハ北風、4-7月間ハ南東風、8月ハ東風、9-12月間ハ北東風ナリ
地方特殊ノ気象:5月頃降雹アリ 7、8月頃雷雨多シ 冬季北風強吹ス
交通関係:川越駅(東上線)ヨリ「バス」ノ便アリ
其ノ他:本場ハ陸軍航空士官学校分教場ナリ
以上
↑敷地の大きさについての情報が現地の碑文と若干異なっています。 
それから交通関係として川越駅が紹介されているのが不思議です。
当時は既に東上線も越生線も全通しており、八高線も開通してました。
特に越生線の西大家駅から飛行場まではほんの数キロなのですが・・・。
川越ですら「旅館数軒アリ」という当時の事情からすると、川越からバス利用というのが
結局は無難だったのでしょうか。

旧陸軍高萩飛行場(陸軍航空士官学校高萩分教場) データ
設置管理者:日本帝国陸軍
所在地:埼玉県入間郡旧高萩村及び旧高麗川村(現:埼玉県日高市旭ヶ丘)
座 標:N35°54′46″E139°21′50″
面 積:220ha
滑走路:飛行場内は全面芝生で舗装された滑走路なし
     気象条件により石灰粉でラインを引き、離着陸の目安として使用
*座標はグーグルアースにて算出 

沿革
1930年     北海道などからの入植者によって山林が農地として開拓される
1938年12月 日華事変の拡大に伴い軍用地として接収
          陸軍航空士官学校(現在の入間市)の高萩分教場として使用開始
1945年02月 2月まで航空士官学校生徒の飛行練習場として使用される
1945年08月 終戦により飛行場としての使用停止
1945年12月 飛行場跡地の開拓が始まる

関連サイト
埼玉ニュース   


コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 26

tooshiba

うーん、恐らく現在と違って坂戸や鶴ヶ島あたりでは商用施設が不十分だったからでしょう。
川越線が開業する(昭和15年?)までは、現在の県道川越日高線が開通していればそれを走るバス路線がデフォルトだった可能性は高いです。

現在の国道407号線は、武蔵高萩駅から入間基地(河原町)までを昭和天皇の行幸に際して突貫整備された。という認識ですがどうでしょうか?
by tooshiba (2009-01-31 12:47) 

CARRERA

こんな近くに昔は飛行場があったとは知りませんでした。
でも戦争用なので微妙ですが・・・

ロールオーバー画像バッチリですね!
by CARRERA (2009-01-31 13:18) 

masa

様々な碑があってわかりやすいですね!
by masa (2009-01-31 15:07) 

コスト

>飛行場敷地 これは見事ですね^^わかりやすい画像加工もGJ!
グーグルアース以外に国土画像情報(オルソ化空中写真)というのもあるんですね、比較しやすくてなかなか貴重な資料です。

>どの道路が滑走路跡 僕も滑走路はどこだ?って探しました^^;
やはり戦争中は接収の一言で土地確保されてしまう時代だったんですね。


by コスト (2009-01-31 20:59) 

an-kazu

なるほど、明らかに周囲とは異なっていますね(^_-)
by an-kazu (2009-01-31 21:23) 

まめ助の母

ここも車で走ったことあります。
そして私の妹はほぼ毎日通勤に使ってますね
すぐ近くにおります(^_^)
by まめ助の母 (2009-01-31 22:23) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■xml_xslさん
nice! ありがとうございます。

■tooshibaさん
>商用施設が不十分だったから
川越ですら、ですからね。そうだったのかもしれませんね~。
>突貫整備
この記事を作るため資料集めをしていて行幸のことは出てきたのですが、突貫工事のことは知りませんでした。
ググっても特にヒットしませんでしたが、どうなんでしょうか?
tooshibaさんの元地元ですよね?

■hiro78さん
nice! ありがとうございます。

■CARRERAさん
仰るとおりこれが民間の飛行場として残っていればよかったのですが・・・。
ロールオーバーありがとうございました。
これからも使わせて頂きます!m(_ _)m

■masaさん
masaさんも古の場所を巡っておられますのでご存知と思いますが、
こういう碑をキチンと整備している所とない所で差が激しいです^^;

■コストさん
>国土画像情報
「出所を明記すれば、どう加工して利用しても構わない」という国の太っ腹なサービスです。
数十年前の鮮明な写真がありますので、こういう調べ物には貴重な資料ですね。
>接収の一言
そうですね~。近々アップ予定の坂戸飛行場もすごいですよ。

■あんぱんち?さん
nice! ありがとうございます。

■こけもも:さん
nice! ありがとうございます。

■夢空さん
nice! ありがとうございます。

■kakasisannpoさん
nice! ありがとうございます。

■momo_chanさん
nice! ありがとうございます。

■an-kazuさん
本当ですよね~。
なんだかここだけ上から落ちて来たみたいな唐突な道路の向きになってますね。

■まめ助の母さん
ここはまめ助の母さんのお膝元ですね^^
妹さんもお近くなのですね^^

■ぴーすけ君さん
nice! ありがとうございます。
by とり (2009-02-01 07:50) 

sak

鍬入れって...
そうですね。昔は人の手で土地を開墾していたのですよね。

by sak (2009-02-01 09:33) 

セバスちゃん

歴史に触れる、歴史を知る、いい感じですね。
勉強になります。
by セバスちゃん (2009-02-01 12:49) 

五空

今度萩へ遊びに行こうと思って、偶然、高萩ってのを見つけました。
で、高萩ってどこなんかしら~って思ってたら、とりさんが記事にしてた(笑)
はめ込みみたいな、面白い航空写真ですね。
by 五空 (2009-02-01 19:03) 

ジョルノ飛曹長

このあたりの基地の記録って戦史なんかでもなかなか出てこないんで、情報が少ないですよねー。
場所的に重要な航空基地であったことは間違いないと思いますが。^^
by ジョルノ飛曹長 (2009-02-01 23:41) 

とり

■赤と青さん
nice! ありがとうございます。

■miffyさん
nice! ありがとうございます。

■カンクリさん
nice! ありがとうございます。

■sakさん
sakさんのご指摘で気が付きました。
先人の大変なご苦労があったわけですね。

■Krauseさん
nice! ありがとうございます。

■takemoviesさん
nice! ありがとうございます。

■セバスちゃんさん
オイラも勉強になりました。

■五空さん
おお、すごい偶然ですね^^
萩、いいところですよね~。
>はめ込み
地図で見てるとこの辺だけ浮いてます。

■OILMANさん
nice! ありがとうございます。

■picaさん
nice! ありがとうございます。

■ジョルノ飛曹長殿
やっぱり情報少ない部類に入るのですね~。
>場所的に
児玉より帝都に近いですからね^^
by とり (2009-02-02 07:02) 

Qoo

マウスオーバーの技すごい
あれやってみたいな~
よし! 覚えよう 出来るかな(^^)
by Qoo (2009-02-03 12:25) 

とり

■Qooさん
覚えなくてもいいんです。
ていうかオイラには覚えるなんて絶対無理。
プログラムをコピペすればいいんですよ^^

■ハイマンさん
nice! ありがとうございます。
by とり (2009-02-04 07:09) 

とり

アスランマリオさん
nice! ありがとうございます。
by とり (2009-02-07 07:46) 

Mr.!?

中東京変電所の北側の山林に大きな土手の跡があり、空襲に備えて格納庫からそこへ飛行機を隠したそうです。飛行機の防空壕のようなものです。飛行機を移動させてカモフラージュのシートをかけたそうです。その穴(土手の跡)はいまは痕跡しかありません。不法投棄の温床となり、今はゴミの山です。
時期は全く不明ですが、戦時中1機のゼロ戦が迷い込んで不時着したことがあったそうです。海軍機であるゼロ戦の銀色がものすごく綺麗でカッコ良かったとの逸話があります。パイロットが我が家(当然生まれていませんが)で夕食を食べたそうです。
by Mr.!? (2010-08-06 22:23) 

とり

■Mr.!?さん いらっしゃいませ^^
>夕食
すごいお話が残っているのですね。(@_@)
ここは本土爆撃などまだの比較的早い時期に作られましたから、格納庫からわざわざ近隣の土手に移動させた。というのはきっと末期になってからのことなのでしょうね。
貴重なお話をどうもありがとうございましたm(_ _)m
by とり (2010-08-07 17:45) 

通りすがり

外れの寺社に当時のコンクリート舗装とハンガーの土台が残っています。
また現在駐車場に成っている辺りに高射砲が埋めてあるとの事です。
by 通りすがり (2010-08-15 16:29) 

通りすがり

開栄寺ですね。
お寺から旭が丘病院の列がハンガーエリアだったそうです。
飛行場自体は戦後引揚者の入植地になり今が有るようです。
by 通りすがり (2010-08-15 16:35) 

とり

■通りすがりさん いらっしゃいませ^^
貴重な情報ありがとうございましたm(_ _)m
今度行ってみます。
by とり (2010-08-15 18:31) 

日高市平和委員会

文中コメントのあった境界線の件ですが、日高図書館蔵の資料「開拓50周年記念誌、風雪に耐えて 日高町高麗川新宿地区」という記念誌が保管されています。この資料の中に開設前後の地図が挟み込まれていますので参考になると思います。総ページ数70のこの記念誌まえがきには「・・・。昭和9年を中心に20数名の方々が、遠く北海道より青雲の志を抱き、この地に理想郷を築き上げるべく営々辛苦を重ね、開拓に励み立派な農業用地として、又第二の故郷としてこの地に根をおろし、・・・・」と記しているように、日高市の大部分は開拓者たちの手によって切り開かれて来たことが窺い知れます。高萩飛行場の所在地であるが、昭和12年に開拓地を陸軍が接収してできました。
この記念誌に昭和10年開墾入植図、が附属している。また昭和11~20年新宿区全図と昭和21~30年新宿区全図の、つごう3枚の地図が附属している。1枚目の図には昭和16年軍用地拡張線と書かれた点線が引かれており、2枚目の図にはその線より東側が「軍用高萩飛行場」と記され真っ白になている。しかし一枚目にはきれいな升目が続き、おそらくそこに入植していた方のお名前であろう川口金次ほか8名の方のお名前が記されている。点線は2枚目、3枚目の図では一本の道路になっている。
現在の旭が丘という地名は国道407号線に沿った西側の地区で高麗川駅の東側です。昭和3年ごろに埼玉県耕地課の指導で土地整理組合がこの地域一体に発足し、その整理組合の構成員の一つ、町屋長久保という地域が昭和9年に高萩村ほか二か村耕地整理組合と改称、3か村にまたがる山林約800町歩の大開墾事業が発足したと記されている。昭和9年に北海道旭川周辺から約30戸をが集団移住し、高麗川村分の山林約150町歩の開拓を開始した。この800町歩の中に第1期180町歩、第二期70町歩が陸軍に買収されたのである。(前出、風雪に耐えて、年表より)後に高萩飛行場へと変貌させられている。年表と共に座談会も収録されているが、その中で高萩飛行場と昭和天皇行幸に触れたくだりがあるのでご紹介します。小見出しは原文のまま、発言者のご氏名はイニシアルとした。

強制的な家の移転 
編集部「飛行場ができたのは、強制的なんですか」、
U「軍の力が強く、命令的で無条件ですね」、
F「飛行場ができた時は、閉口しました。家を70mかみに持っていけと言われた。渡辺さん(だいぶ年配の人なんだけど)に頼みました。補償を貰わないと、3回程行きました。可愛そうだからと言って、返事をしてくれました」

天皇陛下の行幸 
編集部「天皇陛下の行幸の時、皆さんはどうなさいましたか」、
I「昭和13~14年ごろだと思うが、盛装して、旗を持って送りました。内野さんのおじいさんは、紋付き着て、汽車が通り過ぎる迄、頭は上げず見なかったね」、
U「うちの親父なんか、根が有難がる方だから、はるかかなに行ってしまうまで、頭は上げないから・・・・。高麗川駅まで、お召し列車で来られた」、
I「15年7月に川越線(当時)が開通して、高萩までお召し列車が行くようになった」、
U「白線が引いてあって、機関士は、何日も前から練習をしたらしいんです。畑や田んぼに、こやしなんか車が通って見えるところに置いてはいけないとか、見回る人が、口うるさく言った。陛下が見える道路は、枝道でも、ちゃんと舗装されていた。ほんとに言いわけ程度だけど」

以上です。この飛行場の用地買収、開設を指示した陸軍省の資料が現存しています。もし興味がおありでしたら「アジア歴史センター」に原版が置いてありますので、高萩飛行場 で検索をかけると10点ほどヒットします。
by 日高市平和委員会 (2010-08-17 16:49) 

とり

■日高市平和委員会様 いらっしゃいませ。
返事が遅れてしまい申し訳ありません。
詳しい情報をありがとうございましたm(_ _)m
いつか教えて頂いた資料を調べてみようと思います。感謝致します。
by とり (2010-08-24 20:54) 

日高市平和委員会

お役に立ちそうでなによりです。このページで話題になった地主会長さんが2010年3月に自叙伝を出版しました。本の名前は「わが青春の記録」、副題が「満州国と在満回顧録」です。この中に高萩飛行場の飛行機を武蔵高萩駅から貨車に載せて港まで運び、そこから輸送船で海を渡り、陸揚げ後はまた貨車により満州に飛行機を送った時の様子や、満州の飛行場で組み立てたときの様子、またご自身が軍属(通信の仕事に従事)になったいきさつなどが綴られています。飯能市立図書館の蔵書になりましたので、借りて読むことができます。この方は日高市では郷土史家として有名な方で、市長さんも一目置いている方です。
by 日高市平和委員会 (2010-11-04 19:50) 

とり

■日高市平和委員会様
そんなすごい体験をした方だったのですか。
著書の情報もありがとうございます。m(_ _)m
by とり (2010-11-16 17:29) 

少年飛行兵

終戦時には第一航空軍第十二飛行団第一、及び第十一戦隊(どちらも戦闘)が配属されていたと思われます。帝都防衛の任務に就いていたと考えると少なくとも24機ほどの戦闘機が配備されていたのではないのでしょうか。近隣の児玉飛行場は第九十八戦隊の四式爆撃機が配属され、海軍との共同作戦にて雷撃部隊として君臨していました。
by 少年飛行兵 (2017-08-03 21:51) 

とり

■少年飛行兵さん
返事が遅くなってしまって申し訳ありませんm(_ _)m
貴重なコメントありがとうございました。
by とり (2017-08-12 07:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0