So-net無料ブログ作成
検索選択

松山空港周辺の掩体壕 [├場所]

松山空港の近くには掩体壕があります。 

因みに掩体壕(えんたいごう)とは、

軍用機を敵の空襲から守るための格納庫です。 

旧陸海軍の航空基地周辺に作られ、その数は当時千を超えていましたが、

終戦から60年以上が経過し、現在残っているのは約100基ほどなのだそうです。 

ここ松山空港周辺には3基の掩体壕が現存しています。

 

 

まず1つ目。

あ、「1つ目」とかの番号は、このブログでの便宜上のものですので。

念のため。

松山空港近くの掩体壕・1

 

 

掩体壕・1 航空写真.PNG

写真の中央にある黒っぽいものが掩体壕です。

以下同様に2,3もこういう形状で、画面中央にあります。

向きはいろいろですけど。

スペースインベーダーの移動砲台みたい(古)。

 

D20_0007.jpg

画面左端に、掩体壕が部分的に写ってます。

結構道沿いに普通にあるんですね。 

写真からだと伝わらないんですが、

周囲の風景とは異次元の存在感を漂わせていました。

ものすごく目立ちます。

 

D20_0005.jpg

掩体壕正面。入口の形に合わせてキレイに覆ってますね。

土地所有者のご主人に快く撮影を許可して頂きました。 

この掩体壕には当時、偵察機「彩雲」が格納されていたのだそうです。

 

D20_0003.jpg

入口に表札がかかってました。

 

D20_0004.jpg

掩体壕内部。 

こうして後部が小さくて済むのは、尾輪式ならではですね。

 

D20_0001.jpg

裏はこんな。

当時はこの上に盛土をして、芝など植えて偽装していたそうですが、

見ての通りですっかり洗い流されてコンクリートむき出し状態です。 

 

 


続いて2つ目。

松山空港近くの掩体壕・2

 

掩体壕・2.PNG

 

D20_0010.jpg

裏側です。

 

D20_0011.jpg

表に回ってみました。

住宅地に取り込まれてますね。

更に画面右側に進んでみると・・・ 

 

D20_0012.jpg

こんな感じ。

流石にまずそうなのでトリミングしました。

掩体壕内部を駐車場として使用しているようです。

なんとも羨ましい使い方です。

 

 


続いて3つ目。 

松山空港近くの掩体壕・3

 

掩体壕・3.PNG

ここまでの流れでいくと、

次は当然オイラが撮った掩体壕の写真が続くと思いますよね?

実はオイラ、出発前に地図を見誤ってしまい、3つ目を発見することができませんでした。 (;´Д⊂)

 

D20_0016.jpg

(見誤った)地図によれば、3つ目の掩体壕はこの通り沿いにあるはず!

と信じてウロウロしたのですが、見つかりません。

実際には上の写真のおおよそ右前方、

数百メートル先にあったのです。

下調べは重要です・・・。_| ̄|○ il||li

 

 


 

D20_0017.jpg

近くで庭に出ていた奥さんに尋ねてみたのですが、

オイラが見た2つのことは知っていたのですが、最近こちらに来られたそうで、

それ以外の掩体壕については「知らないですね」。とのことでした。

2つ目の掩体壕が宅地に飲み込まれているのを目の当たりにした後だっただけに、

(きっと取り壊して建物を建てたに違いない。多分、アレか、アレだな。うん。)

と勝手に納得して現場を離れてしまったのでした。

 

3つ目の掩体壕には、局地戦闘機「紫電改」が格納されていたのだそうです。

気になる方は、「松山空港 掩体壕」などで検索すると、

いくらでも有料優良サイトにヒットしますので、見てみるとよいです。

この3つ目の掩体壕、道路から出っ張ってる裾の部分が切り欠かれているという特徴があり、

是非見てみたかったのですが・・・。

追記:3つ目の掩体壕見てきました(下記リンク参照)。      

 


■松山の掩体壕について■

現在の松山空港、元は帝国海軍吉田浜飛行場(松山航空基地)で、

1943年10月に松山海軍航空隊が置かれました。

戦争末期にこの基地に展開した、紫電、紫電改擁する有名な「第三四三航空隊」は

歴戦のベテランパイロット揃いで、

ここで大損害を被った米機動部隊は、

この精鋭部隊がいた間は二度と松山上空には近寄らなかったのだとか。 

 

ところで。

掩体壕もなかなか奥が深く、陸軍式と海軍式があります。

 

D20_0016.jpg

陸軍型(調布飛行場)

 

D20_0101.jpg 

海軍型(高知空港) 

 

見ての通りで、開口部を最小にする覆いが施されているのが海軍型です。

そして当松山の3つの掩体壕には非常に興味深い特徴があります。

ここ松山は海軍の飛行場でしたので、

掩体壕の開口部にはこのヒコーキ型の覆いがあるはずなのですが、

「1つ目」、「2つ目」の開口部には覆いがありません。「陸軍式」なのです。 

本来なら海軍航空基地で「1つ目」、「2つ目」のような形状はあり得ないはずです。

ではなぜ海軍基地に陸軍型の掩体壕が存在するのか。

ここ松山基地の真相は不明ですが、戦争末期には掩体壕建設の際、

資材不足のため、海軍が「陸軍式」を取り入れたこともあったのだそうです。

 

そして関連他サイトで確認していただけるとわかるのですが、

「3つ目」の掩体壕は開口部に覆いのある「海軍式」。

理由は不明ですがともかくここ松山は、

「海軍式掩体壕」と、「陸軍式掩体壕」が混在している様子を見る事ができるのです。

返す返すも3つ目を見る事ができなくて残念でした。

 

この松山基地周辺には、1944年頃から掩体壕が作られ、

その数はコンクリート製の有蓋掩体壕24基、

土製の無蓋掩体壕39基(全部で38基という説もある)だったそうです。

その後開発等により徐々に取り壊されていき、

1974年撮影の写真では5基の掩体壕が確認できるのですが、

前述の通り現在残るのは3基のみ。

なんでも全国には、朝鮮戦争の際、

鉄筋を取り出すために取り壊された掩体壕もあるのだとか。

今回見学した掩体壕、1つ目のものは地主さんが入口を覆って倉庫として活用しておられますし、

2つ目も、うまいこと新築の住宅地に取り込まれています。

恐らくもうしばらくの間、この2つは大丈夫でしょう。

 

それでも国内外に残っている掩体壕、

今後は、「開発の邪魔だから」という理由に加え、

「老朽化して危険である」という理由による取り壊しもますます増えていくことでしょう。

 

さて、松山空港の掩体壕については、検索するといくらでも関連サイトが見つかります。

が、『彷徨猫旅記録』というサイトの松山空港掩体壕を扱っているページ→特にご紹介します。

一つ一つの掩体を丁寧に建築の観点で扱っている点で特異な記事です。

(福岡亭あめふらし様、ありがとうございました)

 

追記:今回見損なってしまった掩体壕     


コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 25

ぴーすけ君

こんな所に存在してるんですか∑(゜▽゜ll)ビックリ!
by ぴーすけ君 (2008-09-17 07:22) 

アスランマリオ

掩体壕のガレージ夢です。
by アスランマリオ (2008-09-17 08:36) 

hiro78

大変興味深い記事ですね。
リンク先にまでお邪魔してじっくりと読み耽ってしまいました。
ガレージとは、素晴らしいですね~
by hiro78 (2008-09-17 10:39) 

miffy

掩体壕、美保基地の中で見たことがあります。
今もあるのかしら・・・
by miffy (2008-09-17 14:42) 

tooshiba

先の戦争もしくは旧軍に対する評価次第ではないでしょうか。
負けた・忌まわしいものと認識されれば、軍隊の遺構なんて「ぶっ壊してしまえ!」となるでしょうし、はたまた「歴史の遺産だから大事にとっておこう」と考える方もいるでしょう。(歴史マニア、軍ヲタとは限りません。)

陸軍型と海軍型、それぞれ1つずつを再現して半永久的に保存していれば、それ以外は全て撤去されても、仕方がないかなと思います。
土地が私有地であればなおさら「残しておいて」とお願いされても、邪魔なだけでしょうし(ガレージその他に転用済みならともかく)。

とりさんが今ある姿を画像で残されていれば、そのうち、資料的な価値も出てくるでしょう。
ガン( ゚д゚)ガレ
by tooshiba (2008-09-17 15:31) 

赤と青

さすがに頑丈そうな・・・・・。
by 赤と青 (2008-09-17 16:51) 

masa

貴重な写真ですね。
私、こういったの初めて見ました。
by masa (2008-09-17 17:43) 

sak

次回松山で時間ができたら見に行ってみます。
掩体壕って言うのですね
実家の近くにあって...地元では格納庫って呼んでいました。
小学校への通学路(^^
上に登って遊んでたの思い出しました。
中で人が住んでいたような...まだあるのかな?

by sak (2008-09-17 18:29) 

ジョルノ飛曹長

おおー
掩体壕ですねーー。
千葉の茂原にも掩体壕が数個残っていて、見に行ったことがあります。
頑丈につくったがために、壊すのが一苦労、そのため残っているのも多いんですよね^^
松山空と言えば343空(後期)ですね。343空は一度解隊されたのですが、松山で再編成されたらしいですね。
主戦闘機は局地戦闘機の紫電改ですね。^^
源田指令が外地の歴戦のパイロットのよりすぐりだけをかき集めて作った航空隊で、豊後水道をのぼってくる敵の戦爆連合300機を相手にたった12機で戦い全機帰還、撃墜30機以上という好成績を残しています。
ただやはりアメリカの物量には勝てず、押し寄せる波状攻撃に機体がもたず、消耗していき壊滅してしまいました。
343空を話だすと1日中話してしまいそうなのでここまでにしておきます。(笑)
by ジョルノ飛曹長 (2008-09-17 19:04) 

まめ助の母

近くに点在しているってかんじですね
ゲームのゼビウスを思い出しました。

そういうものがあるなんて知りませんでした。
確かにむき出しじゃ見つかってしまいますよね

そっか〜
ちゃんと残してちゃんと語り継いでもらいたいですね
by まめ助の母 (2008-09-17 21:20) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■ぴーすけ君さん
ええ、ホントに。
オイラもビックリでした。

■アスランマリオさん
オイラもこんなガレージのオーナーになりたいっ!
マリオさんのミニなら何台はいるんでしょうか??^^

■hiro78さん
おお、こういうの、興味ありますか。
お役に立てて嬉しいです^^

■xml_xslさん
nice! ありがとうございます。

■miffyさん
美保基地の掩体壕、見ましたか!
今もあるみたいですよ。

■tooshibaさん
確かに見方によって評価がガラッと変わりますよね。
1週間後に高知空港の掩体壕記事をアップしますが、こちらの掩体壕の扱いは、オイラにとって理想形です。

■赤と青さん
仰るとおり頑丈そうですよね。
「壊しにくい」とうのが、存続の理由だったりするそうです。^^;

■masaさん
オイラも初めて見たのは1年前です。
こんなものがまだのこってるんですね。

■sakさん
おお、そんな貴重な体験が!
掩体壕に関しては、サイトが充実してますから、sakさんのご実家の地名と「掩体壕」とで検索すればすぐ確認できると思いますよ。

■ジョルノ飛曹長殿
あ、やっぱり予想通り一番熱い!^^

■まめ助の母さん
はい。仰るとおり結構固まってますね。
ゼビウスって知らないんですけど、掩体壕っぽいのが出てくるんでしょうか??
調べてみよう・・。
by とり (2008-09-17 22:12) 

an-kazu

画像ではかなり立派そうですが、実際はどうでしたでしょうか?

千葉県茂原市のは、素人の技が随所に見られましたが(^^ゞ
by an-kazu (2008-09-17 23:17) 

pica

いつもと違う雰囲気の写真ですね。
…と、思ったのは私だけ??

いまだに残っているのには感動します。
by pica (2008-09-18 00:12) 

Tripleseven

中四国1の記事を読んだ時、多分掩体壕の記事が出るだろうと思ってました。
しかし、まさか掩体壕をガレージにに使うオシャレな人がいるとは思いませんでした。
さて、理想的な掩体壕の扱い方って何でしょうかね?1週間後をチェックしましょう。
by Tripleseven (2008-09-18 00:46) 

Qoo

掩体壕と言うモノの存在を始めて知りました
大変参考になります
まだまだ戦争の跡が至る所に残っているのですね
防空壕だったところはうちの近所にもあるのですが、掩体壕は無いでしょうね
関連サイトも覗いてみます
by Qoo (2008-09-18 06:13) 

カンクリ

このような土地は私有地になるのでしょうか?2つ目の車庫はナントも上手く利用しているというか、個性的というか・・要はある意味羨ましい?(笑)
by カンクリ (2008-09-18 09:57) 

OILMAN

こんにちは。
掩体壕というものがあるのですね。
こういう歴史的な構造物はぜひとも残していってほしいです。
by OILMAN (2008-09-18 19:56) 

コスト

松山来ましたねー。松山にも掩体壕あったんですね。
松山空港は、1、2回しか利用してないので周辺に掩体壕が残ってるとは全然気づきませんでした^^;
高知空港周辺のように周りが農地でないから数も少ないし、住宅地にまぎれてるんですね。
しかし、壊しにくいから残ってるのが理由とは(笑)
ここでも陸軍式と海軍式は分かれてるんですね。これも初めて知りました。
松山は広島にフェリーで行くのに観光港に運賃が高い伊予鉄で行くんですけど、空港はバスで行ったら20分もかからず、運賃も全然安かったので近かったとをよく覚えていました。
でも海側から滑走路に入るせいか、市内は全然騒音がなかったんですよ。
市内からの距離はたぶん、福岡空港とかと同じくトップクラスの近さです。
でも福岡は市内上空を飛ぶので東区ではかなりうるさかったです。
松山では路面電車で清水町とか鉄砲町の電停近くに住んでました。
懐かしいです^^
by コスト (2008-09-18 21:11) 

とり

■an-kazuさん
あー、すみません、オイラそこまで見分けられませんでした。

■picaさん
>いつもと違う
そ、そうですか?
確かに連日の暑さで参ってましたが・・・。
オイラも気が付いていない何かがあるのでしょうか??

■Triplesevenさん
>出るだろう
鋭いっ!
ガレージが掩体壕。
我々ヒコーキ好きにとってはロマンですよね^^

■Qooさん
オイラも去年初めて実物を見てショックを受けたばかりなんですよ。
Qooさんのご近所には防空壕だったところがあるのですね。
まだまだ戦争跡はあちこちにありますね。

■カンクリさん
>土地
オイラもよくわかってませんが、私有地だったり、そうでなかったり、いろいろな形態があるみたいですよ。
>ある意味羨ましい
ですね~^^

■OILMANさん こんにちは。
こういうものがあるんですね~。
戦争体験者から直接話をお聞きすることがますます難しくなるからこそ、こういうものを大事にして欲しいです。
by とり (2008-09-18 21:12) 

とり

コストさん
>まぎれてる
そうですねー。
>騒音
確かに、掩体壕を探して市内をさまよいましたけど、うるさくなかったです。
風向きもあるのでしょうが。
コストさんの「市内に近い」情報のおかげでガス代大助かりでした^^
>電停
おお、初めて見た言葉です。そうかー、電停って言うんですね。
by とり (2008-09-19 05:39) 

Qoo

とりさーん(^^)
しばし休憩しますが、ここには遊びに来ますので
引き続き宜しくお願いしますね(^_^)V
少し気持ちの整理をしたいのですよ

by Qoo (2008-09-19 19:42) 

とり

■夢空さん
nice! ありがとうございます。

■yannさん
nice! ありがとうございます。

■そらまめさん
nice! ありがとうございます。

■Krauseさん
nice! ありがとうございます。

■Qooさん
了解です。
是非遊びに来てください。
再開をお待ちしてます。
by とり (2008-09-20 07:14) 

とり

SpeedBirdさん
nice! ありがとうございます。
by とり (2008-10-04 07:36) 

まゆちー

唐突にコメント失礼します。
掩体壕を検索していて辿り着きました。
ここで掲載されている掩体壕のある所の隣町出身&現在も近所に在住なので、幼い頃からよく見て育ちました。
懐かしいとともに、整備されてない、市に保存する気がない等ちょっと寂しくなりました^^;

ページ下部にありましたリンク先サイトも見て気が付いたのですが、リンク先サイト様に掲載されている写真の、掩体壕④にあたる場所のものですが、20数年前までは存在していたと記憶しています。
小学生の頃、県道を車で通る度に道路の両側のすぐ近くに掩体壕が見えていたはずですし、確か東から西へ向けて機体を入れる形のものが存在していたと思います。道路から入り口が見えていなかったはずですし、お尻しか見えない~と車内で会話していた記憶が残っていますので、多分④の場所で間違いないかと。
※航空写真を確認したところ、1989年の写真までは確認ができたので、記憶違いではないみたいでした(*>ω<*)

懐かしいのと身近なものが掲載されていることで長々と書いてしまいましたが、時々来訪させて頂きます^^



by まゆちー (2014-11-26 03:23) 

とり

■まゆちーさん いらっしゃいませ
④はやっぱりなくなっていたのですね。
地元の方の意識の中に掩体豪がずっとあり続けている様子を垣間見ることができました。
貴重なお話感謝致しますm(_ _)m
by とり (2014-11-26 06:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0