So-net無料ブログ作成

九州旅行・1日目 [■旅行記]

九州・1.png

昨年10月末から11月初めにかけて、九州を回ったのでした。 

車中泊派のオイラとしては、暖かい九州は11月か12月に行こうと思っていたのですが、

10月いっぱいで大分のホバークラフトが廃止になることをギリギリになって知り、

急遽九州を回ったのです。

せっかくスターフライヤーの社長からのお招きなので、今回はヒコーキで行ってレンタカーで回ることに。

このままでは今年は一度もヒコーキに乗らないことになりそうだったので丁度良かったです。

早目に羽田に到着し、搭乗口前でヒコーキを眺めながら朝食。

その後スターフライヤー第1便で北九州へ。

 

D20_0012.jpg

北九州に着いたら午後から社長さんにお会いする約束になっていたので一応それなりの格好をしていたのですが、

乗客は老若を問わず申し合わせたかのようにほぼ全員黒のスーツに身を固めていました。

9:15 北九州空港到着。

車で行くと、九州に上陸するだけで1日がかり。

あちこち見て回るのは翌日からになってしまいます。

やっぱりヒコーキは速いですね。

まずは空港内で社長さんに手配して頂いたレンタカーの手続きを済ませ、

空港内をオロオロウロウロ。

 

D20_0092.jpg

 

D20_0095.jpg

1階 到着口

 

D20_0096.jpg

 

D20_0065.jpg

 

D20_0081.jpg

北展望デッキ

 

D20_0067.jpg

前回お邪魔した時にはその存在に気がつかなかった南展望デッキへ・・・

 

D20_0087.jpg

 

D20_0071.jpg

南のデッキはこんな感じでした。

画面右奥に当空港目玉の足湯があります。

 

D20_0098.jpg

 

D20_0097.jpg

モニュメントの前にはこんなものも。

 

その後、旧北九州空港の跡地に行きました。

あちこちで工事をしており、建物以外、面影はほとんど残っていませんでした。

小倉の本社で社長さんにお会いすることになっていたので、早目に移動。

 

D20_0105.jpg

スターフライヤー本社は「チャチャタウン小倉」 というショッピングモールの隣の区画にあります。

社長さんから教えて頂いた通り、「チャチャタウン」の駐車場に車を停めました。

百均もあり、100円でも買い物をすると、駐車料金が3時間まで無料になります。

フードコートで昼食。

(社長さんとの面会の記事はこちら→)

 

社長さんとの面会後、再びチャチャタウンに戻ってみると、広場から演奏が聞こえてきました。

 

D20_0113.jpg

D20_0125.jpg

D20_0134.jpg

D20_0151.jpg

D20_0160.jpg

D20_0152.jpg

ジャズトリオ "OK's"  と紹介されていました。

ラテン系の明るい選曲の他、なじみ深いナンバーが多く(ユーミンとか)、聞きやすかったです。

観客は数十人程だったのですが、最もノッているのが、七十代?のおじいさんでした^^

音楽できる人 尊敬します。

その後ドラッグストアで2ℓの水を3本購入。

再び旧北九州空港に戻りました。

 

D20_0163.jpg

社長さんにお会いした際、

「空港近くの高圧電線がヒコーキの障害になってしまうため、一部下げている箇所がある」

と教えて頂いていたのでした。

画面左側に滑走路があって、奥に向かって伸びてました。

うっすらですが、電線が下がってますよね。

多分このことだと思うのですが・・・

 

その後築城基地に移動し、掩体壕 を見学。

 

D20_0193.jpg

 

D20_0202.jpg

偶然基地の展望台前を通りかかったので寄ってみました。

ちょうどF-2が降りてくるところが見れました。

ベンチでガジェット使って見ていたおぢさんが、

「あ、消防車が撤収するから今日はもう終わりだよ」と教えてくれました。

 

DSCN0406.jpg

予約してあるホテルに向かう途中ジョイフルで食事。

九州はジョイフル王国。

そういえば。

今日は何も考えず、欲望の赴くまま食事したのです。

羽田で食べた朝食はカツサンド、小倉のチャチャタウンの昼食はカツ丼セット、そして夕食はチキン南蛮定食と、

肉ばかり貪り喰ってました。

 

東横イン大分中津駅前泊。

(続きます)


ロタコ(御勅使川飛行場)跡地 [├空港]

 2009年10月 訪問 

ロタコ.png

「ロタコ」周辺図

終戦直前、東京の立川航空廠の機能を分散する目的で甲府盆地の西部、御勅使川扇状地に秘匿飛行場が計画されました。

飛行場の名称を「ロタコ」と言います。

なんとも変った名称ですが、「ロタコ」の「ロ」は、「イロハのロ」で「第2」を表し、「タ」は「立川」、「コ」は「航空廠」を

それぞれ表すとされています。

「ロタコ」→「第2立川航空廠」ということですね。

戦時中の文書では地名から「御勅使川原(みだいがわら)飛行場」 などの呼称で記載されているそうです。

 

D20_0040.jpg

A地点

この飛行場跡地には掩体壕の基礎が3つ残ってまして、これは1,2号掩体のどちらかの基礎部分です(この奥にもう1つありました)

 

D20_0042.jpg

以下B地点

3号掩体基礎

 

D20_0046.jpg


 

D20_0050.jpg

手前に基礎が少し見えてますが、ここから奥のブロック塀にかけて掩体壕があったと思われます。

資料によりますと、掩体壕は3つとも開口部を滑走路の逆側に設けていたようです。

 

D20_0055.jpg

C地点:誘導路跡の道路

ゆるやかに右に曲がった先に滑走路があったハズです。

 

D20_0061.jpg

D地点

恐らくこの方向に滑走路が伸びていたと思うのですが・・・

 

D20_0062.jpg

D地点 

左側は果樹園です。

 

D20_0065.jpg

E地点

滑走路北端と思われる部分

ここから真っすぐ滑走路が伸びていたはずです。

 

ロタコ飛行場:map  


     山梨県・ロタコ(御勅使川飛行場)跡地     

秘匿飛行場というその性格からか、滑走路や飛行機を隠した掩体壕 、誘導路、地下壕、兵舎、航空本部などロタコを構成する諸施設は、3キロ四方の広範囲に分散して配置され、扇状地や西に接する山地の山裾に点在していました。

ロタコ飛行場 データ
設置管理者:旧陸軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:山梨県南アルプス市有野、飯野
座 標:N35°39′19″E138°27′10″
面 積:800ha
滑走路:1,500m×100m
磁方位:17/35
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1944年 秋頃 工事が一部始まる
1945年 03月地域住民を総動員して工事本格化する。工事は終戦の日まで続けられた 
2005年 南アルプス市教育委員会による発掘調査、聞き取り調査実施

この記事の資料:
国土地理院 1947年11月当時の写真(USA  ) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
山梨県南アルプス市/ロタコ(御勅使河原飛行場跡)pdf    


大月防空監視哨跡 [├場所]

 2009年10月 訪問 

D20_0001.jpg

昭和17年に本土初空襲があり、来襲する敵機を監視するために「防空監視所」が各地に作られました。

そのうちの一部が現存しており、山梨県大月市にもあると聞いてお邪魔しました。

大月市の防空監視哨跡は、市立中央病院のすぐ南側にある「(お)むすび山」の頂上にあります。

病院のすぐ東側にある坂を上って行くと間もなく上の標識があります。

なぜか同様の標識が2つあって、微妙に表記が異なっております ^^;

この先は車で乗り入れるような所ではありません。

距離は大したことないのですが、かなり険しい山道です。

熊出没を警告する標識があったのですが、登山口で犬にすんごい吼えられたので多分大丈夫でしょう。

 

D20_0006.jpg

到着

 

D20_0004.jpg

丸い穴が開いています。

「聴音壕」跡。

 

D20_0017.jpg

下りてみました。

直径4.5m、深さは1.5mだそうです。

 

D20_0018.jpg

 

D20_0008.jpg

周囲は木が生い茂り、それほど視界が開けていません。

当時はこうじゃなかったんでしょうね。

 

D20_0010.jpg

ここでくる日もくる日も監視を続けたのですね。

 

D20_0024.jpg

説明文がありました。

「大月防空監視哨跡」(全文) 日本は昭和十六年(一九四一年)十二月アメリカ・イギリス等に宣戦布告をし、第二次世界大戦に突入した。緒戦こそ戦果が上がったが軍事も経済も豊かな連合軍にかなうはずもなく、昭和十七年のミッドウェー海戦に敗れてからは不利を余儀なくされた。昭和十七年米爆撃機による本土初空襲があり、空の守りとして「民防空監視隊」が組織された。その時山梨県には甲府・大月・南部に監視隊本部が設置され、その下にそれぞれ十五・一〇・七の監視哨が置かれた。大月監視隊本部は、昭和十八年暮れに猿橋から大月へ警察署と共に移転し、傘下には、丹波・西原・上野原・七保・大月・笹子・谷村・吉田・精進・河口の各監視哨があった。監視哨は、哨長一名監視隊員九名で編成され、三交代で昼夜を分かたず空の守りについていた。その役割を、昼は二名で双眼鏡で空を監視し、夜は一名が監視、一名は聴音壕の中で飛行機の音を聴き飛んでいる方向や機種を探り、一名は電話番としてキャッチした情報を本部に伝えるという、分担制で果たしていた。左にある縦穴は聴音壕の、右の平な部分は事務所のあった跡である。監視隊本部では、各監視哨からの情報を、女子隊員が警察電話を使い、直通で東部軍管区へ通報した。東部軍管区では、これらの情報を、警戒警報や空襲警報を発令したり、立川にある飛行集団本部に連絡し、迎撃の飛行機を発進させたりする判断の資料とした。昭和十九年サイパン島が占領され、そこから飛び立つアメリカ爆撃機B29は富士山を目標に北上し、東に折れて京浜方面へ、西に進んで中京方面へ向かうという進路を取るようになり、大月の監視哨の役割は重要性を増してきた。昭和十九年から二〇年にかけて、B29による本土爆撃は三五三回におよび、東京をはじめ二○○近くの都市が空襲され、八月には広島・長崎に原爆が投下された。八月十五日敗戦。「国敗れて山河あり」、そして疲弊という無謀な戦争によるつけも残った。戦後半世紀を経た今、この地から望める大月の町を眺めるにつけ、世界に平和が続くことを祈らずにはいられない。五〇年前の苦しみを平和への一里塚ととらえ、この記念碑を建てた。決して戦争賛美の為ではない。(この文は、当時の大月監視隊本部隊長山口明男氏の貴重な体験談をもとに作りました。)平成三年 大月公民館

 

D20_0023.jpg

 

大月防空監視哨:map  


   山梨県・大月防空監視哨跡   

説明版にある「爆撃隊はサイパン島から富士山目指して北上、その後西、東に進路をとった」という記述が非常に生々しく感じました。同じ山梨県の大月監視隊本部傘下の「七保監視哨」に勤務していた方の体験談が残っていました。8月13日の大月大空襲の際、「本来なら発見時刻、何時何分何秒、敵、味方、機種、高度何米、飛行方向を報告するのですがその余裕は全くありませんでした」「聴音」と聞くと、果たしてどの程度聞き分けることができるのか疑問だったのですが、訓練によって叩き込まれたその精度たるや、聞き分けで間違えることなどなかったのだそうです。

大月防空監視哨 データ
設置管理者:旧陸軍
所在地:山梨県大月市大月町
座 標:N35°36′20″E138°56′10″
標 高:462.2m
*座標はグーグルアースにて算出


静岡ヘリポート [├場所]

 2009年10月 訪問 

D20_0204.jpg

静岡市は「地震防災強化地域」内にあるため、災害、高速交通に対応することを目的に当ヘリポートが設置されました。

施設は遊水地内にあるため、ご覧の通りで全国唯一の高床式構造になっています。

床下は調整池として利用し、時間雨量50ミリでもヘリポートが機能するようになっています。

またこの高床式構造は、予想される東海地震(マグニチュード8)に耐えられる頑丈な設計になっています。

 

静岡ヘリポート:map  


   静岡県・静岡ヘリポート   

静岡ヘリポート データ
設置管理者:静岡市
空港種別:公共用ヘリポート(高床式)
運用時間:7:00~19:00(または日没まで)
所在地:静岡県静岡市葵区諏訪8-10
標 点:N35°01′28″E138°24′31″
標 高:10.5m
面 積:3.6ha
着陸帯:(A)35m×30m (B)35m×30m
エプロン:大型1バース(直径26m) 中型5バース(直径20m)
*離着陸できるヘリコプターは全長26m以下で、且つ、最大離陸重量11t以下の機種に限る

航空管制周波数
・飛行場アドバイザリー
 静岡フライトサービス 130.65 (3マイルの地点でコンタクトすること)

沿革
1986年07月 庁内プロジェクトチームを発足
1988年03月 建設地決定
1989年05月 運輸省(旧国土交通省)から設置許可を得る
1990年10月 工事開始
1992年08月 供用開始(平成19年度末までに30,535機が着陸)

関連サイト:
(財)静岡市振興公社/静岡ヘリポート  
Wiki/静岡ヘリポート  


静岡空港(富士山静岡空港) [├空港]

 2009年10月 訪問 

D20_0196.jpg

2009年6月4日に開港した静岡空港に行ってきました。

東名道の島田ICから15分ほどで到着。

尚、島田ICから静岡空港への分かり易い行き方ですが、

空港まで標識が出てますので、それに従って右に曲がったり左に曲がったりするとよいです。
(役に立たない情報)

 

D20_0198.jpg

空港周辺には茶畑が広がってます。

オイラは一応狭山茶の地元民なのですが、この規模の大きさ、空港の斜面に作られた段々畑の美しさはすごいです。

 

実は静岡空港には2007年12月にも行ってまして、

当時はターミナル周辺は当然工事中で近寄れず、展望台から眺めたのでした(下記リンク参照)。

その時利用した「石雲院展望台」が現在も利用可だったので、まずはココから眺めてみることに。

 

11534320.jpg

これは2007年12月の建物建設現場

試験飛行を早く始めるため、管制塔を優先して作ってました。

 

D20_0013.jpg

現在はこんな。

 

11534328.jpg

2007年12月のエプロン周辺の様子

 

D20_0014.jpg

現在はこんな。

ちなみにこの時は朝の7時台で、3機のヒコーキが出発準備をしてました。

 

D20_0003.jpg

出発準備中~

 

11534336.jpg

2007年12月の管制塔アップ

 

D20_0005.jpg

現在はこんな。

ショボイ写真なので小さいです^^;

 

D20_0008.jpg

同じく展望台から

なんか霞んでるのか、山肌がよく見えません。

この後ターミナルに移動したら、すっかり雲の中に隠れてしまいました。

 

D20_0016.jpg

ターミナルに移動しました。

 

D20_0017.jpg

駐車場は無料です。

P1~P5まであってすごく広々してます。

車中泊してる車もチラホラ。

駐車場隣にセルフSSもあります。

 

D20_0180.jpg

展望デッキも無料

 

D20_0029.jpg

デッキの隅っこからみるとこんな。

入口は写真奥にあります。

 

D20_0177.jpg

入口付近は高い透明の壁

 

D20_0033.jpg

それ以外も高いフェンス

これは造園業者が使うような脚立でないとクリアできませんね。

 

D20_0026.jpg

そしてこのフェンス、残念ながら覗き穴が付いてません。

オイラが切って差し上げたいです(;´Д⊂)
2010/01/21追記:通りすがりの者さんから情報いただきました。覗き穴あるそうです。オイラは発見できなかったのですが、行かれる方は穴を探してみてくださいm(_ _)m
2010/05/27さらに追記:覗き窓は後から設けたのだそうです。

で、このフェンス越しにスポットにいるヒコーキを撮ると・・・ 

 

D20_0024.jpg

こうなります。。。(;´Д⊂)

 

D20_0022.jpg

デッキにはこんな立派な説明写真と時刻表が。

JAL・・・。

 

D20_0037.jpg

さて。静岡空港出発1番機は8:35発なのですが、ここから40分、45分と、5分ごとに続けて3機離陸します。

まずは1番機 FDA101便小松行きが定刻より2分早く動き始めました。

 

D20_0047.jpg

JA01FJ 

FDAが最初に受領した機体です。

 

D20_0062.jpg

滑走路上にて離陸直前の101便。

吹流し、ずっとこういう向きでした。

「離陸、着陸は風に向かって」が原則なのですが、

エプロンを出て左折すると、すぐエンドなのです。

この程度なら構わず追い風で離陸なのですね~。

 

D20_0082.jpg

 

D20_0083.jpg

ヒコーキがフェンスをクリアする頃には、300mmではこんな風になってしまいます(´;ω;`)ブワッ

 

D20_0090.jpg

本当はJALが2番機のはずなのですが、「2名様搭乗待ち」とのことで、

FDA111便熊本行きが先にプッシュバック開始

JA02FJ FDA2号機です。 

FDAでは1機ごとにボディーカラーを変えることにしているのですが、この2号機については

公式サイトで人気投票を行い、この「ライトブルー」に決定したのだそうです。

 

D20_0101.jpg

ワンテンポ遅れてJAL機も動き始めました。

定刻より8分遅れ。

 

D20_0113.jpg

こんな風景ももうすぐ見られなくなってしまうのですねぇ。

 

D20_0117.jpg

さっきの赤いヒコーキはエンドまで移動して離陸したのですが、

この青いヒコーキは滑走路に進入後右折して・・・

 

D20_0138.jpg

そのまま飛んで行きました。

手前の黒っぽいフェンスに人がいるのが見えますでしょうか。

さっきまでオイラがいた「石雲院展望台」です。

展望デッキの撮影だとフェンス越しになってしまうため、本当はオイラもアッチに移動したかったのですが、

10分間の間に3機まとめて飛んでいってしまうため、気がついた時にはちゃんかちゃんかちゃん。

なのでした。

 

D20_0139.jpg

MD機はさすがにエンドまで移動してから離陸しました。

JAL3810便 福岡行き

 

D20_0168.jpg

 

D20_0181.jpg

展望デッキ手前はこんな。

なんだか楽しげな雰囲気です。

 

D20_0182.jpg

 

D20_0195.jpg

ターミナルの隣、P5の奥に展望広場があります。

 

D20_0192.jpg

エンドが目の前。

さっきの赤いヒコーキとJAL機はここでぐーっと向きを変えて飛んでったんですね。

今日みたいな滑走路の使い方なら、着陸はここから撮るとよさそうですね。

 

D20_0184.jpg

エプロンがバッチリ見えますね。

ちなみに管制塔奥のこんもりしたところが「石雲院展望台」です。

 

静岡空港:map  


    静岡県・静岡空港(富士山静岡空港)     

  ビュー:☆☆★★★   
3Fに広い無料展望デッキあり
フェンス高く、覗き穴あり
展示品、双眼鏡等特になし

  施設:☆☆☆☆☆   
ターミナル前に無料駐車場あり
スタッフさんとても親切でした
建物は明るくキレイ
レストランあり。売店充実
空弁、空港限定スイーツ、うなぎパイ、お茶、ワサビ等
ヒコーキストラップ、プラモも多数
盲導犬用トイレ設置。詳しくは馬さしさんのブログをご覧くださいませ(下記リンク参照)

  マニア度:☆☆☆★★   
展望広場、展望台、富士山、安全わらじ

  総合:☆☆☆★★    
他サイトなど見ても、富士山がよく見える日は限られているらしい
非常に厳しい情況での開港だが、できたからには頑張って欲しい
展望デッキ等今後に期待

 

富士山静岡空港データ 
設置管理者:静岡県
3レター:FSZ
4レター:RJNS
空港種別:地方管理空港
所在地:静岡県牧之原市・島田市
標 点:N34°47′46″E138°11′22″ 
面 積:190ha
滑走路:2,500mx60m
着陸帯:2,620mx300m
磁方位:11/29
エプロン(バース数):大型ジェット用2、中型ジェット用1、小型ジェット用2
運用時間:8:30~20:00
標高:132m(433ft)
概算事業費:空港本体約490億・全体事業費約1,900億円
駐車場:ターミナル前に2,000台分の無料駐車場
ターミナルビルコンセプトの中に、「富士山を眺望できること」が含まれている。

沿革
1987年 空港建設予定地決定
1996年 運輸省、静岡空港設置許可 用地買収開始
1998年 本体盛土工事開始
2007年 用地取得完了
2009年 01月試験飛行開始
2009年 06月04日 開港(立木問題のため、2,200mにて暫定運用)
2009年 07月23日 FDA初就航
2009年 08月27日 滑走路完全運用開始(2,500m)

関連サイト:
富士山静岡空港     
えあぽネット/静岡空港     
国土交通省東京航空局/静岡空港   
Wiki/静岡空港   
盲導犬用トイレ設置についての馬さしさんの記事     
ブログ内関連記事