So-net無料ブログ作成
検索選択

グアム・1 [■旅行記]

1日目

 

午前4:20 車で実家に母と妹を迎えに。

(朝4時台にバス停で座って待つのは寒かろう)と、

自宅を出る時間をギリギリに遅らせてあるというのに、

「朝食買うからコンビニ寄って」とのたまう妹。

「エッ! この携帯グアムでは使えないの?」と本気で驚く母。

うぅ、早くも振り回されそうな悪寒・・・。 

そんな母と、母の遺伝子をいろいろ受け継いだオイラと妹2人の4人で

一抹の不安を覚えつつ成田行きのバスに乗ったのでした。 

 

バスは2週間前に完全復旧した首都高5号線を通って成田へ。

ほぼ定刻通りの到着だったのですが、空港手前の検問所で止められました。

係官が2名乗り込んできて、全員のパスポートをチェック。

要した時間はほんの2~3分でしたが、

改めて成田はそういう空港なのだ、ということを思い知らされました。

朝食の時、女性陣から「食べ切れない」と、

残ったリンゴ、キュウリ、モチがすべてオイラに集まり、すごいことに。(XДX)

 

D20_0005.jpg

海外に行くのは2回目で、前回も成田からだったのですが、

前回は手続きも全て30人の団体行動だったので、約3時間かかりました。

今回は1時間ほどですべての手続きが終わり、サテライトに移動するシャトルに乗って

「もうシャトルか~」と拍子抜け。

時間になり機内へ。

事前にネットでチェックイン、座席指定をしてあり、2階席の窓側を2つ取ったのでした。

 

D20_0009.jpgD20_0011.jpg

はほぼ定刻通りの出発でした。

グアムまでは2,500キロ、約3時間半のフライトです。

途中、+1時間時計修正。

 

D20_0018.jpg

左のパスタ、下に熱い金属板が敷いてあり、ホカホカでした。

ただし熱を加え続けているせいか、麺はちょっと柔らかめ。 

味付けは美味しかったです。

 

D20_0024.jpg

一昨年コンチネンタル航空に乗った時には、アルコールとおつまみのセットで

$5.0 or 500円だったのですが、今回は無料なのでした。

早速飲酒する妹。

 

D20_0033.jpg

機内食の後、アルコールを呑んだところで入国審査用書類の記入タイム。

クラクラした頭であちこち間違えて書き損じてCAさんに新しい用紙をもらったり、

書き方を教えてもらったり、エライ苦労して、せっかく窓側に座っているのに大変!ひー。

14:30 グアム到着。

 

緊張の入国審査・・・のはずだったのですが

どのブースでもニコニコおしゃべりしながらの手続きで緊張感は皆無なのでした。

ニューアーク空港の時は、係官はすんごい無愛想だし、

銃を持った兵士みたいな人たちに取り囲まれたというのに。

入国審査の列で待っていると、恰幅のいい初老の係官が書類の事前チェックをして回っています。

「パーフェクト!」とか「ユア・ワンダフル!」などとにこやかに言いながら書類を見てました。

入国審査用の書類には、「ハファディ! みなさんを歓迎します」と書かれていました。

Σ 既に歓迎デスカ!

 

すんなり手続きが済み、荷物を受け取って送迎用のバンでホテルに送ってもらいました。

運転手は陽気なチャモロ人で、「ホテルまで10分デスヨー!」と言われました。

実は旅行4日目にレンタカーを運転するのですが、

右側通行、左ハンドルはオイラ初めて。

ガイドブックでは、「交通ルールの違いから、うっかりすると重大事故を招きやすい」

などと脅し文句が書かれているのですが、

「左利きは左右の認識が薄い(弱いともいう)」というし、そういう自覚もあるので、

左右逆ということにそんなに囚われることはないだろう、

それに沖縄の離島の死ぬほどのんびりな運転を見ているので、

グアムはもっと南国だし、まあ、大丈夫だろう。と呑気に考えてました。

 

ところが行き交う車の速さと、いつもとまったく逆の動きをする車にクラクラしました。

特に交差点を曲がる時の逆の世界がコワイです。

マンハッタンほどの殺気立った雰囲気や絶え間なく鳴り響くクラクションなどはないものの、

空港からホテル街周辺の道路は時間帯のせいもあり、非常に混雑していて、

しかも結構スピード出してるのでした。

果たしてこの流れに乗れるのか、まったく自信がありません。

不安になってきました。(゚Д゚;≡;゚Д゚)

(ヤバイ。考えが甘かった・・・。レンタカー借りるまでによく見て慣れとかないと。)

 

ホテルに到着してまずは館内にデスクを構えている利用旅行会社に案内され、

そこで今後の説明を受け、書類を受け取りました。

ウチの家族の特徴として、「何も決められない」というのがあります。

先頭に立って引っ張っていける人がいないのです。

人任せなくせに、後から「こんなじゃなくて、もっとあんながよかった」

とか後ろでブーブー文句垂れるという、最悪の家族です。

そしてますます先導役を引き受ける気が失せるという悪循環・・・。

今回の旅行も、終日フリーの日が多いと、

「今日はどうする?」

「さあ? どうする?」

などと不毛な問答が延々続き、途方に暮れてしまうのは目に見えています。

そこで4泊5日なのですが、最初の3日間は、

食事も含めてギッシリ予定が組まれているコースを選んだのでした。

早速今日の夕食はビーチサイドのレストランでBBQの予定だったのですが、

ここで上の妹が、「疲れているので私は部屋で休みます」と。

Σ(゚Д゚;) 確かに体力ないけど、エッ!もう?

 

D20_0088.jpg

ホテルのロビーはココナッツのような、バニラのような、甘い香りが漂っており、

よく冷えたティーとフルーツジュースが自由に飲めるのでした。

 

D20_0038.jpg

部屋に入るなり早速ベランダに出て写真を撮るオイラ。

10階の部屋で、海が見渡せます。

「生水は飲まないのが無難」とのことだったので、

グアム滞在中の飲み水は買うつもりだったのですが、

室内備え付けのエビアンは1ℓで$4.0。高っ!

部屋に落ち着いて、夕食まで時間があったので下の妹とちょっと水の買出しに出掛けることに。

ホテル内の売店を覗いたら、水以外にも結構日本の飲み物、

つまみがたくさん置かれていたのですが、こちらもしっかりホテルプライス。

地元スーパーで買おうとホテルの玄関に行くと怪しいおじさんから

「実弾射撃できるヨ。今日は水曜日だから送迎無料ネ」と声をかけられました。

ん~。ちょっと撃ってみたい気もするけど、時間ないな~。

すぐ近くに店発見。前が駐車場になっていて小さい店がずらりと並んでおり、

外にデカイ外人さんがたむろしていていっせいにこちらに視線が集まるのでした。ひー。

店内は、入ってすぐのところがネカフェ?になっており、

奥にはパン、スナック、弁当、飲み物など並んでました。

一番奥に水がガロンで売られており、1ガロン(3.75リットル)で$1.49なのでした。安い!

部屋が2部屋に分かれているので、水2ガロンと菓子パン購入。

 

D20_0087.jpg

備え付けの水と、買って来た水。

ガロンの水はリッター当たり$.39なので、10倍以上値段が違います。違い過ぎです。

 

D20_0044.jpg

 

D20_0042.jpg

レストランに連れて行ってもらう時間になったので、ロビーで待つことに。

上の妹は復活し、全員で出掛けることになりました。

ロビーで待っていると、黒人の男の人が入ってきて、

ロビーに備え付けの例の飲み物を立て続けに何杯も飲み干し、

それからおもむろに我々の方を振り返り、「トーリーサン?」と尋ねられました。

・・・グアムだなぁ。(*´∀`*)

店に向かう途中で激しいスコールに。

信号待ちしていたバンが発進しようとすると、タイヤが空転してなかなか進みません。

そういえば「グアムは舗装にサンゴを使っているので、雨の時は路面が非常に滑りやすい。

雪道を運転する感覚で慎重に」と書いてあったっけ。

オイラが運転する時は雨降りませんように・・・。

 

D20_0046.jpg

店内に入ると、すぐテーブルに案内されました。

すでに炭は真っ赤になってて、後は大皿の食材を焼くだけ。 

量がすげかったです。

 

D20_0048.jpg

miffyさん、載せましたよっ!
(ショボい写真で申し訳ないです) 

テーブルのすぐ目の前に白い砂浜と海が広がっていて、

海側の壁は取り払われているため、潮風が流れており、煙が滞留しません。

開放感満点なのでした。 

 

パンフでは、「ビーチサイドで美しいサンセットを眺めながらの食事をお楽しみください」

とあり、その下に小さく、

注:サンセットの時間帯でない場合があります

と書かれていたのですが、まさにその「でない場合」で、浜はすっかり真っ暗なのでした。

オイラとしては、BBQよりもむしろビーチに沈む夕焼けが撮れるかも。

と楽しみにしていたのですが・・・。とほほ。

グアムの経度は北海道と同じで日の入りは早く、

6時には真っ暗になってしまうのでした。

 

ところで食べている間、オイラには1つ不安なことが。

食べ終わったら、どうやってホテルに戻ればいいんでしょうか?

出されたものを平らげ、テーブルで記念写真など撮り終え、

「どうやってホテルに戻ったらいいかわからなくて、さっきから途方に暮れているのだ」

と懸念を伝えるオイラ。

押し黙る家族。

・・・とりあえず目の前の砂浜に出て記念写真など撮ってみつ。

それでも事態はかわりません。

テーブルに戻ってみました。

あ~。この先一体どうすれば??(;´Д⊂)

妹たちが「レジの方に行ってみよう」と言い出したので、試しに行ってみることに。

レジの人に「ホテルに戻りたい」と言ってみると、すぐ手招きで出口に案内され、

外にはここまで送ってくれたおじさんが待っているのでした。

よかった~。(;´Д⊂)

オイラはテーブルで待っていればなんとかなるのかと思ってたのです。

このまま一生テーブルのとこで固まっているところでした。

 

部屋に戻り、シャワーを浴びようとしたのですが、

栓を回しても蛇口から水が出るだけで、シャワーから出ません。

切り替え栓はないかとあちこち探したのですが、

余分なものはというと、なんか蛇口の上に付いているツマミのみ。

そしてそのツマミを引っ張っても状況は変わらず。

無事に戻れたと思ったら、今度はシャワーですか・・・(XДX)

フロントに聞いたところ、水が勢いよく出ている状態でこのツマミを引っ張ると、

少ししてから「ゴボボ・・・」と音がしてシャワーに切り替わるのでした。

難しいよ・・・。

というかですね、

分かるカッ!![むかっ(怒り)]

知らないところに行くと勝手がわからないことが多くて、驚きの連続です。

 

10:30 おやすみなさい。

 

(続きます) 


コメント(19)  トラックバック(0) 

コメント 19

tooshiba

初日からフル回転ですね。お疲れ様でした。遠い目

2ガロンのボトル運びは重労働だったのでは?
そこは力持ちのとりさんの出番ですね!

>後ろでブーブー文句垂れる
それでもツアコンを引き受けてしまうところが、とりさんらしいっす。

>外にデカイ外人さんがたむろしていていっせいにこちらに視線が集まる
や ら れ る
そんなんじゃ、tooshibaなら一歩も外に出られないっす。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
by tooshiba (2008-11-26 11:19) 

いっぷく

ここまで水の価格が違うともう4ドルの水は4よほどじゃないと飲めないですね。
せめて半値ぐらいにしてもいいんじゃないかな必要な水なんだし、それもサービスだと思うけど。グアムの海と空、やはり魅力的。
by いっぷく (2008-11-26 16:32) 

miffy

とりさんの旅行記面白いです~
水はガロンで買ったほうが絶対にお得ですよね。
母が水を凄く飲むので、いつも水を確保するのが大変です^^;
BBQ,焼く前でなく焼いてる所の写真見てみたかったな~
by miffy (2008-11-26 18:10) 

masa

グアム、私も行きたいです。
飛行機の中の写真で気づいたんですが
上空の気温ってのはすごく低いのですね。
マイナス29℃なんて凍え死んでしまいそう・・・
by masa (2008-11-26 18:16) 

カンクリ

南の島とはグアムでしたか?!
懐かしいなぁ~。グアムへは現旦那と2度ほど行きました・・・って20数年前の事ですが。(^^; かなり変わったんだろうなぁ~~。
チャモロ風のバーベキューは美味しいですよねぇ♪
とりさんの「珍道中記」、グアムを思い出しながら懐かしく拝見させて頂きまぁ~す☆
by カンクリ (2008-11-26 20:17) 

OILMAN

こんにちは。
グアムは3時間半ですか!
台湾に行った時もたぶんそのくらいだったかもしれません。
のぞみ広島~東京間の所要時間よりも早く海外に到着できることってホントすごいですよね。
旅の記録、楽しませていただきますね。
by OILMAN (2008-11-26 22:42) 

an-kazu

確かベガスのホテルでも、客室内の備え付けはそんな値段でした。
もちろん、ホテル外で購入しました(^_-)
by an-kazu (2008-11-27 15:53) 

コスト

グアムいいですねー^^
機内で入国審査用書類書くんですねー初めて知りました。
>実弾射撃 海外行ったらやりたいイベントの定番ですね
>1ℓで$4.0 高いですねーどの世界もホテル備え付けは高いんですね^^;
1ガロン売りって、ガロンって原油価格の時にしか聞いたことないですよw
by コスト (2008-11-27 18:53) 

ジョルノ飛曹長

グァムいいなー
近いから飛行機疲れも無いうちに着いちゃうとこも良いですね。
南国の島。被写体はそりゃもういっぱいでしょうねー^^
レンズもすべて持っていかないといけないだろうなー^^
by ジョルノ飛曹長 (2008-11-29 00:43) 

アスランマリオ

グァムは逝ったことありません。とりさんレポで堪能させていただきます。
by アスランマリオ (2008-11-29 20:43) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■tooshibaさん
水運びは店が近いのでたすかりました^^
デカイ外人さんたちがしゃべるのを止めて一斉にこっち見ると、コワイです。
ひー。

■xml_xslさん
nice! ありがとうございます。

■夢空さん
nice! ありがとうございます。

■赤と青さん
nice! ありがとうございます。

■いっぷくさん
水の件、本当に仰るとおりで、ホテル滞在中、水の買い出しをする宿泊客を何度も見かけました。そしてホテル内の売店はいつもガラガラ。
市価の二~三割増に留めれば、売り上げ、利益、共に増加すると思うんですけどね~。

■miffyさん
お母様、よく飲まれるのですね。良いことですが、暑い国が続いてますよね。水の調達お疲れ様です。
>BBQ
ほいじゃ、この記事の焼く前の写真のトコにのっけときますので~。
イマイチですが、ご了承くださいませ。

■masaさん
細かく見ていただいてありがとうございます~。
ホント、上空は寒いですよね^^

■Krauseさん
nice! ありがとうございます。

■カンクリさん
はい。グアムでした^^
おお、二度行きましたか。
オイラも今回の旅行ですごく気に入りました。
また行きたいです。
>「珍道中記」
初日からいろいろやらかしてますからね。否定できません^^;

■OILMANさん こんにちは。
そうなんです。三時間半でアメリカに行ってしまえるというのが不思議な感覚でした。
ヒコーキの所要時間は、確かに他の交通機関と感覚が違いますよね。

■kenjiiさん
nice! ありがとうございます。

■an-kazuさん
おお、ベガス!!
やっぱり外で調達は基本ですよね~^^;

■コストさん
>機内で
前回は旅行会社が全部やってくれたので、オイラも初めての体験でした。難しくて焦りました。
>ガロン
確かに普段なじみがないですよね~。
やっぱりアメリカはスケールが違う!

■OTOKOさん
nice! ありがとうございます。

■鯨(いさな)さん
お久しぶりです^^
nice! ありがとうございます。

■ジョルノ飛曹長殿
確かにあっという間に行けてしまう楽園でした^^
レンズは仰るとおりで、オイラなりにいろいろ試してみました。

■hiro78さん
nice! ありがとうございます。

■アスランマリオさん
ありがとうございます。
しばらく続きますので是非お付き合いくださいませ^^

■ハイマンさん
nice! ありがとうございます。
by とり (2008-12-01 06:47) 

pica

す、す、すみません。
いまごろのご訪問で…あはははは(^_^;)
いよいよ南の島記事ですね。
拝読いたします。
あ、nice! 押し逃げあります m(_ _)m
by pica (2008-12-03 00:56) 

とり

picaさん
なんて律儀な・・・。
いいんですよ~。見ていただけるだけでこっちは嬉しいんですから~。
by とり (2008-12-03 06:37) 

sak

ホテルプライス、高すぎですね(^^;
サンセット見ながらのBBQにならなくて残念でしたね。
でも飛行機からの太平洋
お部屋からの海、すごく綺麗♫
屋外でのBBQも気持ち良くて美味しそう♫
by sak (2008-12-03 08:08) 

Qoo

ビーチサイドでのBBQは最高ですね~
Sunsetがあればもっと良かっただろうけどね~
開放的で気持ちよく酔えそう(^^)
呑むことしか考えてない(^_^;
by Qoo (2008-12-04 06:02) 

とり

■sakさん
ありがとうございます。
ヒコーキからの空はやっぱりsakさんにかないません。

■Qooさん
>酔えそう
確かに酔っ払いロケーション最高でした^^
by とり (2008-12-04 19:57) 

とり

■春分さん
nice! ありがとうございます。
by とり (2008-12-07 07:47) 

basashi

今回もコンチネンタル航空と思いきや、JALだったんですね。
by basashi (2008-12-23 09:20) 

とり

■basashiさん
お返事遅れて申し訳ありません。
そうなんです。今回はJALでした。
by とり (2009-03-05 07:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0