So-net無料ブログ作成
検索選択

九州旅行・3日目 [■旅行記]

九州・3.png

 

D20_0205.jpg

宮崎県小倉ヶ浜

 

本日は、富高飛行場跡地→新田原飛行場の掩体壕→宮崎空港の掩体壕→東飛行場跡地→西飛行場跡地

と、1日宮崎県内の飛行場跡地、掩体壕をひたすら見て回ったのでした。

 

この日1日で多分12個の掩体壕を見ました。

掩体壕探しは昨日に引き続きなのですが、こうも1日中掩体壕ばかり探していると、

ちょっとした山、黒っぽいコンクリートを見ると、体が反応してしまいます。

すっかり「掩体壕探索モード」になってしまいました。

 

後半の東西飛行場跡地は、出発日直前に偶然ネットで知った飛行場で、

(今回は回るの無理だろうなぁ・・・)と思っていたのですが、見ることができました。

たくさん見て回れると、それはそれで良いことなのですが、

移動→見学→移動→見学 をひたすら繰り返すのみなので、それ以外に書くことがなくなります。

ということで、大分と宮崎の感想など。

遺構探しは、まずネットで情報集めをするのですが、ピンポイントで場所を特定できることは稀で、

「おおよそこの辺りにある」ということしか分からないことがほとんどです。

それで現場周辺に到着してまずは自力で探すのですが、見つからないと地元の方にお聞きします。

また、遺構が私有地内にある場合は撮影許可を求めます。

 

で、今回特に大分県と宮崎県で随分いろいろな方にお声をかけさせて頂いたのですが、

関東では5秒で済むような会話が、ここでは3分位かけてじっくり説明してくれます。

畑仕事をしているおばあさんに某掩体壕の場所をお尋ねした時など、

オイラは単にこの先に掩体壕があるかどうかお聞きしただけなのに、

わざわざ農作業の手を休めて腰を上げ、当時の状況、人々の様子、被害状況まで話してくれ、

「掩体壕はこの先の二又をだからね」と何度も繰り返し教えてくれました。

おばあさんにお礼を言って、掩体壕に向かいました。

二又を左に行った所に車を止めていたので、車で移動しようとをに曲がったら、

「そっちじゃないですよぅ~」とおばあさんの大声が周囲に響きました。Σ(゚Д゚;)

な、なんて親切・・・。 (;´Д⊂)

 

16:46 本日の見学をすべて終え、鹿児島に移動開始。

明日の朝9:30に鹿児島港を出港する船に乗るのですが、

切符発売開始は8時からで、早い者勝ちなので、港近くのホテルを予約してあったのでした。

途中、地元のドラッグストアで2リットルの水を3本購入。特売で@68円でした。

連日25℃以上あり、毎日2リットルは飲んでいたのでした。

 

D20_0372.jpg

途中、いい感じになってきたので撮影。

夕日がちょうど森の影に隠れてしまいます。(あの木の向こう側に行ってみよう)ということで移動開始。

 

D20_0375.jpg

木の向こう側に行ってみたら、今度は電線、工場が・・・(;´Д⊂)

やっぱりさっきの場所でじっくり撮ればよかったです。とほほ。

下手に動いて失敗の典型ですね。

ニュースで、宮崎大学校の訓練機が鹿児島空港に胴体着陸して空港が閉鎖中と言ってました。

 

DSCN0407.jpg

19:00 鹿児島市内のガストで夕食。二夜連続でチキン南蛮だったので、ちょっとへるしー。 

車中泊だと、日が暮れて、翌朝の目的地に向かいつつ、風呂を探して、道の駅を探して・・・という感じなのですが、

疲れるし眠いし、これが結構面倒なのです。

今回のようにホテルの予約を入れていると、日が暮れたらホテルに向かうだけだし、

風呂には無条件で入れるし、非常に楽でした。

反面、融通が利かず、目的地に行けなかったりしますが・・・。

 

ホテルに到着すると、立体駐車場を操作するおじさんから、

「いらっしゃい! 桜島の灰がすごいね^^」と言われました。

この時、まだ火山灰の恐ろしさをまったく知らなかったオイラは、特になんとも感じませんでしたが・・・

 

おやすみなさい。

 

(続きます)