So-net無料ブログ作成
検索選択

沈まぬ太陽 [├雑談]

原作読破はしてなかったのですが、限られた時間内で非常によくまとめられていると思いました。

上映時間は3時間22分! 途中10分間の休憩をはさみます。

オイラは別にヒコーキ○ニアではないのですが、本当にあっという間で長いとは感じませんでした。

 

架空の航空会社内部の黒い部分に焦点があてられていて、

どうしたってJALを強く意識してしまいます。

JALは「こんなことは現実にはあり得ない」、「風評被害」だと訴えています。

時期的には「泣きっ面に蜂」の思いかもしれませんが、

勧善懲悪、安全向上に真摯に取り組む主人公以外の社員の場面もありました。

見終わった後、別にJALが嫌いになったりもしませんでした。

 

あの事故はJALという会社が存在する限りついて回る事実。

危機に瀕しているにもかかわらず、自力で問題解決できずに今まできてしまったことも事実。

政府管理下、今度こそ問題が徹底的に改善され、

いつまでも安心して乗っていられる、そんな航空会社に生まれ変わって欲しいと心より願います。

一JALファンより。


コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画