So-net無料ブログ作成
検索選択

JALのこと・2 安全確保 [├雑談]

前記事の続きです。

 

今後日本には航空自由化で海外のLCCがどんどん参入するようになります。

日本の航空会社にはきめ細かいサービス、そして安心感という代えがたいアドバンテージがあり、

LCCとは一線を画すプレミア路線という方向性もあったのですが、

この厳しい経営状態では各支援先、株主が納得するようなコストダウンの断行は不可避でしょう。

 

航空会社の厳しいコストダウンというと、安全性がないがしろになることはないかという問題が出て来ます。

ということで、気になる「整備費」について、JAL、ANAと各LCCの比較をしてみました。

JALの「整備費」を100とした場合、

ANA:87 サウスウエスト:47 エアアジア:50 イージージェット:80

でした。

LCCと比較すると確かに日系は高いのですが、ビックリするほどの差はない、

というのが個人的な印象です。

 

また「整備費」はコストの中ではごく一部に過ぎず、

JALの「整備費」はコスト全体の6.6%、ANAは5.4%でしかありません。

整備の無駄を省くことは前提として、

航空会社にとって最も重要な安全に直結する整備費を削らずとも、

「その他費用」、「人件費」等々まだまだコスト削減の余地はあるはずです。

利用者にとって、航空チケットが安いにこしたことはないのですが、

それでヒコーキ事故が増えてはなんにもなりません。

 

現在国は、国内の航空会社の安全性に目を光らせると共に、

外国から日本に乗り入れる航空会社にも目を光らせています。

具体的には、運行、整備、パイロットのエキスパートから成るチームで構成された検査官が

乗り入れ便数に応じて抜き打ち検査を行っています。

いつでも見張られているという意識を植え付けることにより、安全性が向上することを期待しているのだそうです。

 

一方EUのやり方はもっと徹底したもので、

安全性の基準を設け、この基準に満たない航空会社にはEUへの乗り入れを認めない、

というやり方です。

「乗り入れを認めない」とされた航空会社は公表されており、

実際にアジアや中東の航空会社の中には『EU上空飛行禁止』という会社が沢山有ります。

 

これから日本にもLCC等、様々な航空会社が参入するようになると、

安全を確保するため、EU並みに毅然とした態度が必要になってくるのかもしれません。


コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

JALのこと・1 [├雑談]

北海道強化月間ですが、ちょっとお休みしてJALネタを。

といっても、巷で交わされているJAL論議とは少しズレてしまいますが。

 

先日読んだ本の中に面白い資料があったのでご紹介します。

ANA総合研究所が出した「有効座席キロ当たりの費用(2006)」というもので、

ANA、JAL、イージージェット、サウスウエスト、エアアジアという、

ANA、JALと欧米亜の格安航空会社(以下、LCC:ローコストキャリアと表記)のコストを比較した資料です。
(以下、数字はグラフからの読み取りなので誤差が生じます。ご了承くださいませ)



この資料によりますと、「有効座席キロ当たりの費用(コスト)」は、

ANA,JALが約11USセント(以下同)なのに対し、

サウスウエスト:5.5 エアアジア:2.2 イージージェット:7.0

で、日系とコスト最小のエアアジアでは約5倍の差があります。

やはりLCCのコスト縮減の徹底振りは凄まじいものがあります。

 

次にANA、JALのコストの内訳を見てみます。

この2社のコスト、全体の数値はJALがほんの少し低いだけでほぼ一緒。

内訳も多少凸凹があるものの非常に似通っています。

ここでは特に渦中のJALの内訳を。

人件費:15.0%
燃料費:23.9%
各種空港使用料:7.5%
整備費:6.6%
その他費用:37.1%
で全体の90%を占め、残り10%に航空機材費、原価償却費、還付弁済費が入ってます。

同じデータでも人によりいろいろな見方があるのでしょうが、

以下オイラの妄想話を。

 

まず目を引いたのは、最も大きな割合を占める「その他費用」でした。

JALは37.1%なのですが、

ここに挙げられているLCCの「その他費用」はどんな割合かといいますと、

サウスウエスト:16%、
イージージェット:8%
エアアジア:グラフから読み取れず

でした。

 

一方のANAは31%でやはり高いのですが、JALの”4割弱”というのは

各LCCと比較するとあまりに異常な割合に見えます。

オイラはこの「その他費用」に何が含まれているのか知りませんが、

「安全対策」のような絶対欠かせないもの以外に、

巷で噂されるあんなものやこんなものがいろいろと含まれていそうです。

 

ところでですね、仮にJALの「その他費用」をイージージェットと同じにすると、

なんと全体のコストはイージージェットと同じになるのです。

条件が違いますからこれで単純にイコールではないんでしょうが、

この数字だけ見ると、JALは「その他費用」の改革さえ実現すれば、

今すぐ欧州で立派なLCCとして通用するのです。

すごいぞJAL!!

 

「日系大手はとにかくコストが高い」というイメージが定着してますが、

この、「その他費用」という不透明な部分を取り外してみると、

高い人件費、先物買いの燃料費とかの問題を依然内包しているにもかかわらず、

それでもイージージェットと互角の勝負になるわけです。

 

真面目に頑張っている部門がある一方で、権益に巣食う巨大な闇の部分がコストを異様に押し上げ、

様々な要因により続く利用客の世界的減少、政治家のごり押しで存続している赤字路線等々が

収入を減らす・・・経営が苦しくなるのも道理です。

 

コストのパートで見ていけば、「その他費用」が明らかに多過ぎるのだから、

この部分を改革すれば良い、なんてオイラでも思いつくわけですが、

こうした点も含めてどうにもできずにズルズルきてしまったからこそ、

今回のようなことになってしまったんでしょうね。

ネットでは楽観論から悲観論までいろいろ流れてますが・・・

一体どうなるんでしょうか。心配です。

 

(続きます)


コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

浅茅野第一飛行場跡地 [├空港]

 2009年7月 訪問 

浅茅野第一地図.PNG

前記事の「浅茅野第一飛行場」から国道238号線でオホーツク海沿いに更に南下した所にある「浅茅野第一飛行場」。

1947年撮影の写真(下記リンク参照)からすると、滑走路位置はおおよそこんな感じ。

先ずは国道238から南下する道を通り、A地点に向かいました。

 

D20_0050.jpg

画面奥がA地点方向。すぐにこんな小道と交差します。

 

D20_0051.jpg

現在はサイクリングロードになっている天北線跡です。  

 

D20_0055.jpg

 

D20_0059.jpg

A地点付近

この道にはいくつか牧場の入り口があります。

朝の6時過ぎに周辺をウロウロしたのですが、人影はない代わりに朝露に伏した数頭の牛さんにジッと見られました。

飛行場運用当時既にあったのかは不明ですが、この道は国道238と飛行場を結ぶ3本の道の1つとして1947年撮影の写真にもハッキリ写っています。

特に滑走路西側唯一の道で、掩体壕、誘導路につながっていました。

 

D20_0063.jpg

ハイ、A地点に到着しました。

A地点の西側(方向)はこんな感じ。画面中央部をズームすると・・・

 

D20_0067.jpg

こうなります。

現存する掩体壕の一部です。

実はですね・・・この掩体壕の右側にもいくつか掩体壕が残っているのですが、

現地で写真を撮っていた時は「ココに残ってるのはこの2つだけ!」と思い込んでますた。

埼玉からはるばる行ったというのに・・・下調べ不足です。_| ̄|○ il||li

 

D20_0064.jpg

全体を撮った写真を思いっきりトリミングして、上の写真の右側部分を一応アップしておきます。

なんとなくポコポコしてるのが掩体壕だそうです。

で、この後(裏側から掩体壕が見えないかしらん)と考えて、道道732を走ってみたのですが、

緑が壁のようになってるわ、道はあらぬ方向に向かっていくわでダメでした。とほほ。

(オイラが調べた限りでは)合法的に掩体壕が見られるのはこのA地点のみのようです。


 

D20_0076.jpg

一旦国道に戻り、東に進んで再び南に延びる道を入り、B地点に向かいました。

こちらでも先ほどのA地点に向かう道同様すぐに線路跡の小道と交差します。

 

D20_0080.jpg

「飛行場前駅」

1955年に国鉄の仮乗降場として開業しました。

開業当時、飛行場は終戦でとっくに閉鎖されていましたが周囲になんにもないため、

「飛行場がないのに飛行場前」になったのだそうです。

路線廃止と共に駅が閉鎖になって今年で20年。ご覧の様子です。

駅跡から更に南下していくと・・・

 

D20_0092.jpg

 

D20_0095.jpg

B地点付近から道沿いにいくつか古い構造物が現れます。

上2つは同一のものです。橋脚跡?

 

D20_0097.jpg

ちょっと行った先にも似たようなものが。これも橋脚跡?

 

D20_0103.jpg

門柱跡だそうです。

 

D20_0106.jpg

こちらは水槽の支柱だそうです。

 

D20_0108.jpg

滑走路周辺と思われる辺り。

飛行場だった範囲の道路を全部通ってみたのですが、

上記以外の古い構造物、滑走路跡等特に発見することはできませんでした。

 

浅茅野第一飛行場:map  


 

    宗谷郡・浅茅野第一飛行場跡地   
浅茅野第一/第二飛行場建設には大勢の朝鮮人労働者が動員され、冬期間も続けられた苛酷な工事により多数の犠牲者を出したのだそうです。

浅茅野第一飛行場 データ
設置管理者:旧陸軍
種 別:軍用陸上飛行場
所在地:北海道宗谷郡猿払村浅茅野及び枝幸郡浜頓別町
座 標:N45°11′24″E142°14′39″
面 積:120ha
滑走路:1,200m×60m 板敷き
   1500m×300m 転圧(未完成)
   1200m×150m 転圧(未完成)
磁方位:03/21
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1942年 06月 着工
1943年 秋滑走路完成
1944年 秋(冬?) 完成
1945年 09月閉鎖

関連サイト:
Wikipedia/浅茅野飛行場   
国土地理院 1947年9月当時の写真(USA M513 19) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事
  


コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

浅茅野第二飛行場 [├空港]

 2009年7月 訪問 

D20_0001.jpg

宗谷岬からオホーツク海に沿って30キロ程南下したところにある「さるふつ公園・道の駅」

大戦当時、そのすぐ西側には「浅茅野(あさじの)第二飛行場」がありました。

上の写真は道の駅西側部分。現在は村営牧場が広がっています。(手前はパターゴルフ場ですが)

当時はちょうどこの辺りに、滑走路、誘導路が広がっていたハズです。

 

あさじのb.PNG

ぐーぐる地図に上の1947年の滑走路、誘導路を重ねるとこんな感じ。
(フリーハンドで書いてますので多少ズレてます)

そして2005年の地図と比較してみると・・・

よーく見ると部分的にですが、道の形がなんとなく滑走路/誘導路に似ているのです。

2つの地図は縮尺が異なっていたり、(古い方の地図は)正確にノースアップしていないので、

個人的に重なるような地図を作って比べてみました。

国土地理院の地図は転載不可なのでここにアップできないのが残念なのですが・・・

 

あさじのc.PNG

黄色の線が当時の滑走路、誘導路のラインを道にしている(と思われる)部分です。
(滑走路、誘導路と無関係の道路は省略してますのでご了承くださいませ)

地図に表示されている通り、この部分は完全に「村営牧場」のエリア。

部外者のオイラが勝手に入って良いのか不明なのですが、

「現地に行って、入れるものならば通ってみよう」と考えてました。

 

で、イザ車で向かったら、特に「関係者以外立ち入り禁止」という標識もなく、あっさり入ることができました。

てっきり、「村営牧場」という巨大な牧場が1つあって、延々と柵で囲われているのかと思っていたのですが、

幾つかに分割して柵で囲ってあり(分割した1つがまたドデカイんですが)、境界線に道路が走っている感じでした。

 

あさじのD.PNG

以下、現場の写真をズラズラと。

あ、その前にですね、「浅茅野第二飛行場の滑走路、誘導路の一部が道路として残っている」

というのは今のところソースなしで、オイラの持論です(少なくともネットでは確認することができませんでした)。

結構時間をかけて慎重に確認したつもりなのですが、オイラの壮大な勘違いの可能性もありますので、

どうかご了承下さいませ。

 

 

D20_0018.jpg

(A地点)

滑走路南側。 当時は誘導路のT字路になっていました。

2005年の地図で見ると原型を留めてますが、現在車で通れるのはここから南と西に向かう部分のみ。

 

D20_0021.jpg

(B地点) 

同じく滑走路南側。誘導路のT字路がそのまま道路になっています。

この少し手前にシカが出ました。

 

D20_0027.jpg

(C地点) 

行き止まり。当時はここから緩やかに右側にカーブを描きながらD地点(西側ランウエイエンド)に誘導路が続いていたはずです。

2005年の地図で見ると、この先の部分も微妙に残ってるみたいですね。

 

D20_0043.jpg

(D地点)西側ランウエイエンド部分

向こう側に小さく見えているのは道の駅の施設なので、当時はここから向こうに向かって滑走路が延びていたはず。

ここは滑走路の角の部分で、2005年の地図だとうっすら滑走路の形が浮かんでいるように見えるのですが、

現地では特に道の駅方向に滑走路跡を示すようなものは発見できませんでした。

 

D20_0048.jpg

(E地点) 

奥の建物は道の駅の施設です。

こちら側は途中まで当時の滑走路に沿った道路が続いてます。

ここからあの施設に向かって、ダーッと滑走路があったハズ。

 

浅茅野(あさじの)第二飛行場:map 


   宗谷郡・浅茅野第二飛行場   

浅茅野(あさじの)第二飛行場 データ
設置管理者:旧陸軍
種別:陸上飛行場
設置目的:宗谷海峡防衛、対米作戦
所在地:北海道宗谷郡猿払村浜鬼志別
座 標:N45°19′45″E142°09′59″
面 積:33ha
滑走路:1,600m×200m
磁方位:09/27
無蓋掩体壕:30(31という資料もあり)
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1943年04月 着工、同年12月に用地買収
1944年7月? 完成
1945年09月 米軍進駐により駐屯部隊解散となり閉鎖。

第2飛行場は1943年(昭和18年)5月に予定地が決定し、鉄道工業が請け負った。
12月に陸軍省が浜鬼志別原野214番地の33haを買収、
44年7月までに滑走路の転圧を終えて一応の完成を見ている。

関連サイト:
Wikipedia/浅茅野飛行場   
国土地理院 1947年10月当時の写真(USA M579 126) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
ブログ内関連記事
 


コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北海道旅行・4 [■旅行記]

4日目

北海道4日目.PNG

 

D20_0003.jpg

さるふつ道の駅

3:30 起床 本日もこんなお天気でした。

この周辺は浅茅野第二飛行場の跡地でした。

早速周辺をうろつくことに。

 

D20_0012.jpg

そして出くわした鹿さん。

道内あちこちで「鹿飛び出し注意」という看板を見かけたのですが、

実際に見たのはこの時だけでした。

 

D20_0046.jpg

向こうに見えるのは道の駅の施設です。

一見なんの変哲もない細道に見えますが・・・おっと!今はまだ言えねぇ!

 

D20_0057.jpg

続けてやって来ました。

浅茅野第一飛行場跡地。

これは天北線跡。現在はサイクリングロードになっています。

 

D20_0078.jpg

1989年廃線と共に廃止になった「飛行場前駅」

 

D20_0091.jpg

ホームのアップ

7時過ぎに浅茅野第一飛行場跡の見学を終え、紋別空港に向かいました。

 

D20_0109.jpg

「よつ葉牛乳」発見!

特に深い意味はないです^^

 

紋別空港は羽田便1日1往復のみで、

ヒコーキが紋別空港にいるのは、12:50~13:35 の間だけです。

10時過ぎには紋別空港についてしまったので、15キロ程先にある旧紋別空港を見学し、昼食を済ませました。

オホーツク紋別道の駅内の喫茶店でイクラ丼。

 

D20_0150.jpg

「オホーツクサイクリング」→     

ヒコーキの時間までまだ少しあったので、サイクリングの様子など撮ってみつ。

今年は道内外から848台の参加だったみたいです。

 

D20_0254.jpg

女満別空港にて。

JASのマークが懐かしいっ!

 

夕食はセイコーマートの豚丼。うめー!

ということでアチコチ見て回り、足寄芽登の山の中の駐車場で車中泊。

予定では、せいぜい女満別空港までしか回れないだろうと思っていたのですが、

次の見学地のすぐ近くまで進むことができました。

見学できるのは明日1日のみ。

9時頃寝。

(続きます)


コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行