So-net無料ブログ作成
検索選択

妻沼駅跡以南 [├場所]

D20_0062.jpg

熊谷線が展示してある場所から予定線跡の道路をさらに熊谷に向かうと、

すぐにこんな、こんもりした不思議な場所に出ます。

「ここは駅前だった。あそこは通れたに、今は通れないですよ」

裏手で作業していたおばーちゃんが当時のこと話してくれました。

これが熊谷線の終点、妻沼駅跡だそうです。

他のサイトを見ると、妻沼駅跡には緑十字の石碑が残っているとあったのですが、

残念ながら発見できませんでした。

撤去されたのか、オイラが見落としたのか・・・。

さらに熊谷に向かって南下します。

妻沼駅から先も、線路跡は片側一車線の舗装された道路になっています。

楽です。

 

D20_0068.jpg

途中にある「東武橋」

 

D20_0067.jpg

こんなプレートが。

 

D20_0072.jpg

しばらくこんな立派な道がまっすぐ延びているのですが・・・


 

D20_0073.jpg

この、県道341との交差点で情況は一変します。

線路跡はこの先も未舗装道路で続いているのですが、車両通行止めになっていて通ることができず、左右どちらかに曲がらねばなりません。

 

D20_0075.jpg

近くに車を停めて、通行止めになってる部分に来てみました。

イキナリ変わりましたね。

まあこっちのがより「廃線跡」という感じですけども。

 

D20_0076.jpg

そしてこんな看板が立ってました。

東武熊谷線跡地緑道整備事業  この緑道は熊谷市が東武鉄道(株)から借地して築造しています。このため緑道を使って開発・建築や出入口の設置はできませんのでお知らせします。 熊谷市

 

D20_0077.jpg

そしてこの看板の後、道路は延々農耕車のみ通行可能に・・・(泣)

オイラは通れないので、仕方なくタッキングしながら進みます。

 

D20_0079.jpg

所々線路跡を横断する道路があるのですが、こういう丸太が立ってました。

かつての踏み切り跡なのでしょうか。

結局、国道17号熊谷バイパスの下をくぐる所まで進んだのですが、バイパスまでずっとこんな感じでした。

・・・そろそろ薄暗くなってきたので時間切れ。

セブンでアイスを買って引き上げることにしたのでした。

 

(つづきます)


コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー