So-net無料ブログ作成

太田(太田小泉)飛行場跡地 [├空港]

 2009年6月 訪問 

太田市.PNG

群馬県太田市にあった「太田飛行場」は、大戦当時東洋一の規模を誇った中島飛行機の専用飛行場でした。

上の図は太田飛行場の周辺図です。

飛行場は中島飛行機の生産工場である「太田製作所」と「小泉製作所」にはさまれる形になってるのでした。

太田飛行場は両方の工場で作られたヒコーキのテスト飛行場兼納入発着場でした。

そのためそれぞれの工場で完成した飛行機を運ぶために、

図のABで示した飛行場直通の「専用道路」が設けられました。

専用道路は幅30m以上もあり、完成した機体が主翼を広げたまま飛行場に向けて進んで来たのだそうです。

 

日本軍の軍用機の一大生産拠点だった当地は当然米軍の主攻撃目標とされ、たびたび空襲を受けます。

特に1945年2月には大規模な空襲を受けたのですが、

それでも太田製作所で完成したヒコーキの検査、納品は変わらず当飛行場で行われたのだそうです。

手順は、

製作所→太田飛行場→給油ライン試験→地上試験→飛行試験→政府へ納入

という段取りでした。

 

工場からヒコーキを運ぶ専用道路は、戦後も長らく「専用道路」と呼ばれていたのだとか。

その立派な道路は現在も残っています。

ということで行ってみました。

 

D20_0006.jpg

A:飛行場から太田製作所に伸びる専用道路

 

D20_0011.jpg

B:飛行場から「小泉製作所」に伸びる専用道路

小泉製作所は海軍専用工場として太田製作所の後に建てられました。

1941~1945年まで、零戦を主力に約9,000機が生産されました。

当時は零戦がこの道路を通って続々とやって来たのですねぇ。

ちなみに戦時中にジェット機を飛ばすことができたのは、

ドイツ、イギリス、アメリカ、日本なのですが、

日本製ジェット機の組み立て、エンジンの試運転はここで行われました。
(初飛行は木更津)

 

D20_0014.jpg

この道は飛行場のすぐ南を走る国道354なのですが、

地元の方の言い伝えによりますと、この道路は緊急着陸用の滑走路とされていたのだそうです。

 

無題.PNG
写真:国土画像情報(オルソ化空中写真) 国土交通省
撮影年度:1974年 地区名:足利南部 編集・加工:空港探索・とり

1974年当時の写真。

この飛行場は戦後米軍が使用したため、終戦から30年経っていますがまだ滑走路が認められますね。

余談ですが、新田(生品)飛行場の記事→で群馬名物赤城颪のことと、

「滑走路の(ほぼ)延長線上に赤城山がある」ということを書きましたが、

この太田飛行場の滑走路の向きも同様です。

 

大田飛行場地図.PNG

現在の飛行場跡地。

富士重工の群馬製作所大泉工場が建てられ、スバル車のエンジン、ミッションなどを作っている他、

広大なモータープールになっています。

 

D20_0028.jpg

太田運動公園から:(多分)富士重工部品センター

 

D20_0029.jpg

同じく太田運動公園側にある門

自動車業界も大不況の折ですが、大きな車が盛んに出入りしてました。

 

D20_0035.jpg

敷地の南端部分:敷地のこちら側は広大なモータープール。

今にも ぶーん。 とヒコーキが飛んできそうな・・・

 

D20_0038.jpg

南端には公園駐車場が整備されていて、周囲を徘徊するのに利用させていただきました。

 

太田飛行場:map  


    群馬県・太田飛行場跡地     

太田飛行場 データ
空港種別:中島飛行機専用飛行場
所在地:群馬県太田市龍舞町
座 標:N36°16′17″E139°24′18″
面 積:99ha
滑走路:1,300m×70m
磁方位:13/31
*座標、磁方位はグーグルアースから算出

沿革:
1938年 10月 「太田飛行場敷地小泉町関係地主協議会」開催
      売り渡し価格決定の方法が協議される。委員選定
      11月 土地価格基準書作成
      12月 敷地代金ならびに補償料支払い通知が出される
1939年 03月03日 起工式
1941年 02月15日 開場式
1945年 02月10日 太田大空襲 飛行場は無事だった    
      終戦、接収 米陸軍飛行隊駐留
1959年 この頃工場の一部返還、返還運動が活発化
1969年 日本に返還、これにより群馬県のすべての施設が返還された。 大蔵省所管
1983年 富士重工群馬製作所大泉工場が稼動

この記事の資料
中島飛行機の想い出 「後期」
群馬の戦争遺跡
太田市史史料編 近現代

関連サイト:
国土地理院 1947年11月当時の写真(USA R444 175) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   


コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー