So-net無料ブログ作成

中島新邸 [├場所]

尾島飛行場を探してたまたまお尋ねした方が元役場の方で、

「飛行場跡のすぐ近くに中島邸があるから見たことなければ是非一度見たらいいですよ」

とお勧めいただき、行ってみたのでした。

 

D20_0034.jpg

「中島新邸」は、中島飛行機の創設者、中島知久平が両親のために建てた邸宅です。

中島知久平の生家は「中島旧邸」として別にあります。

 

D20_0033.jpg

塀の先が見えません!(@Д@)

「大きな塀がずーっと続いていてすごいですよ!」と言われていた通りでした。

邸宅は現在無人で中に入ることはできません。

 

D20_0031.jpg

建設費は現在の価格で50億円にもなったのだそうで、先ず目に留まったのは、その大きさ、 

 

D20_0030.jpg

そして立派さ。

この門の屋根だけで、オイラのアパートの一室をスッポリ覆えるんじゃないでしょうか・・・。^^;

しかし近寄ってよく見てみると・・・

 

D20_0027.jpg

瓦は割れ、木は朽ち、

 

D20_0026.jpg

砕けた瓦の破片が引っかかってました。

中島飛行機の運命を象徴しているようで、寂しい光景。

 

現在太田市では、この中島新邸を中核とした、

「中島知久平記念・地域交流センター」の建設計画があるそうです。

中島飛行機を設立し、「日本の飛行機王」と呼ばれた中島知久平の偉業を後世に伝え、

建物などの貴重な文化的遺産を保存し、活用を図っていくのだそうです。

 

中島新邸住所:群馬県太田市押切1417
map 


コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー