So-net無料ブログ作成
検索選択

とり日記 [■ブログ]

少し前の記事→でチラッと母の病院のことを書きましたが、

実は母の脳動脈にこぶが見つかりまして、

治療のため先週の金曜日入院しました。

今回はその時のお話です。

 

既に前回の執刀医との話合いで治療方法は決定しており、

カテーテルでこぶの中に金属を詰めて塞いでしまう方法でやっていただくことになったのでした。

開頭術と比較して体への負担が少ないのがメリットなのですが、

カテーテル治療にもいくつか短所があり、インフォームドコンセント、病院訴訟盛んなこのご時勢、

手術に伴って予想し得る、数百分の一、千分の一にも満たないありとあらゆるリスクについて説明され、

それぞれのリスクについていちいち承諾書に署名が求められます。

「最悪の場合、○○というケースに陥る危険性があることを理解した上で私はこの薬/術式を望みます」

ということです。

横で聞いてるオイラも流石にドキドキ。

 

ざんざん脅されてから入院までのこの1ヵ月、やっぱりいろいろ考えてしまいました。

出発当日も支度をする母の後姿をじっと見つめてしまうオイラ。

すっかり小さくなったなぁ・・・。

実家から病院へ向かう途中も、いろいろな思いがよぎってしまい、すっかり神妙な面持ちに。

 

「入院手続きはあちらの窓口で行いますので」と言われ、

あちらへ移動しました。

オイラは荷物運びのため、母よりワンテンポ遅れてあちらへ。

既に母は自動発券機で番号札を受け取って座っています。

しばし母と待っていると

「○○番のカードをお持ちの方~」と音声が流れました。

・・・。

まったく動く気配がない母。

(きっと違う番号だったんだろう)と思っていると、

呼ばれてから5秒ほど経過したところでおもむろに

「あ、私だわ・・・」と、特に慌てた様子もなく悠然と立ち上がり、

ゆっくりとした足取りで受け付けに向かったのでした。

 

・・・母にまったく気負いなし!(XДX)

 

そういえば執刀医の先生からひととおり手術に伴うリスクについての説明が終った後、

「こぶの大きさ、年齢のことを考えると、『手術しない』という選択も間違いではありません。

どうしますか? もう一度家族で受けるか受けないかじっくり話し合いますか?」

と尋ねられたのですが、「いえ、手術お願いします」と即答する母なのでした。

 

本日朝9時から手術です。

これから行って参ります。

 

追記:無事終りました~。


ブログ4周年 [■ブログ]

おかげ様でまる4年です。

訪問して下さる方のおかげで続けることができました。

改めて感謝です。

 

今後ともどうぞ宜しくお願い致します~。 m(_ _)m

 

とり。

 

ナウシカ、シータ 結果発表

冗談のつもりだったんですけど^^; ご参加下さった方、どうもありがとうございました。m(_ _)m

ナウシカ:3票 シータ:5票

という結果になりました。

なうしか.PNG

ナウシカ:「・・・嘘だっ! こんなのデタラメよ!!」

 

 

 

ちなみに閲覧数ベスト10はこんな感じでした。

01:飛行機の燃費節約

02:埼玉県・ホンダエアポート

03:羽田空港の駐車場(P1,P2)

04:3、4レターコード表

05:秋田県・大館能代空港(あきた北空港)

06:東京都・調布飛行場

07:群馬県・大西飛行場(運用当時)

08:山口県・山口宇部空港

09:群馬県・御巣鷹の尾根

10:茨城県・竜ヶ崎飛行場


アンケートの結果です [├雑談]

2週間前に実施しましたアンケート、

たくさんの方にご協力いただきました。

本当にありがとうございましたm(_ _)m

早速ですが結果です。

*オイラの独断と偏見で無理やり票に含めさせて頂いた分が若干あります。
それからオイラも投票させて頂いております。どうかご了承くださいませm(_ _)m

 

Q1 あなたが好きなのはどちらでしょうか?

A:エアバス(4票・13.8%)  B:ボーイング(21票・72.4%)  C:どちらでもない(4票・13.8%)

 1.PNG

いただいたコメントから:

A:エアバス
「全体的にフォルムは好きなんですけどね~」(seirenさん)
「全搭乗ハズレなかった。」(Chiguchiさん)


B:ボーイング
「顔の好みでBですね。」(Triplesevenさん)
「操縦桿の方がいいよね」(an-kazuさん)
「エアバスは危なそうだからボーイング!」(hiro78さん)
「出張でおなじみなので」(セバスちゃんさん)
「日本にいるとエアバス滅多に乗る機会ないですし」(OILMANさん)
「エアバスに乗る機会がなくて、ボーイングになりました(笑」(seirenさん)
「なんと言っても歴史が深く戦前からヒコーキを作ってきて、B-29やB-52など沢山の名機を生み出してきました。
今の主力ボーイング機達にも過去の名機の技術が生かされている。
と言う感じがもともと軍用機派である私がボーイングに惹かれる所です。」(北宇のピューマさん)
「ドリームリフターを見てみたいので」(まささん)
「乗る機会が圧倒的に多いから^^」(ハイマンさん)
「皆さんと同じく乗る機会が多かったからだけです。
工場見学した時の、見学者サービスでボーイング社ポイント勝ち」(Chiguchiさん)


C:どちらでもない
「日の丸ジェットはまだかっ!」(tooshibaさん)

 

好きなメーカーは、全29人中21人(72%)がボーイングを選んでおり、
残りの8票をA:エアバスとC:どちらでもないで分け合うという圧倒的な結果になりました。
実は10年位前にも某航空雑誌で同様のアンケートがあり、その時も同じような割合だったはず。
片や航空雑誌に投稿するマ○ア中心、片やより健全な一般人(?)の割合が多いアンケートでしたが、
回答して下さった方の層が異なっても似たような結果になったという点が非常に興味深かったです。

某航空雑誌で実施したアンケートでは、
an-kazuさんや北宇のピューマさんに代表される、両社の設計思想の差や歴史についての
意見が多かったと記憶しています。

一方、今回のアンケートでいただいた理由を拝見しますと、
ボーイングを挙げた方の半数(10人中5人)が「乗る機会が多いから」というコメントをくださいました。

年間受注数ではこのところ拮抗が続いているボーイングとエアバスですが、
ボーイング王国という日本の特殊事情がこの結果につながっているんでしょうね。

 

 

Q2 あなたの好きな機種はなんですか?(いくつでも)

2.PNG

こちらは複数回答ということで、全部で62票いただきました。

いただいたコメントから:

1:A300(2票・3%)
「理由は単純に乗った記憶がある機種だからです^^」(コストさん)
「TDA時代に日本に登場し「エアバス」の名を轟かしました。
あのレインボーカラーずっと乗りたくて、10年以上も経って頃JAS時代やっと乗る事が出来ました。
(それからまた10年経ってますね(笑))TDAは可愛いCAさんが一番多かった会社との決め付けも2位に」(Chiguchiさん)


3:A320(3票・5%)
「やはりなんといっても乗る機会が多いことが理由です。それと青組派なものですから。。。」(うめさん)
「機体が小さくてなんか心細かった」(OILMANさん)
「フォルムが好き」(seirenさん)
「B3に比べて広く、快適に感じました」(Chiguchiさん)


4:A330(1票・1.6%)
「理由は単純に乗った記憶がある機種だからです^^」(コストさん)

5:A340(3票・5%)
「とくにA-340-600が好きですね。機体が細長くインテリアもモダンで気に入っています。」(いっぷくさん)
「ホントに美しい飛行機だと思います。DC-8を貴婦人などと呼ばれますが、
私は340のほうが美しいと思っています。 」(へなおじさんさん)


7:A380(6票・10%)
「低燃費の“新車”が(・∀・)イイ!!」(tooshibaさん)
「一度乗ってみたい」(おろ・おろしさん)
「大きさも歴史的な意味も存在感たっぷり」(an-kazuさん)
「ぜひ一度、乗ってみたい」(セバスちゃんさん)
「航空輸送界がどう変化して行くか楽しみですね!」(北宇のピューマさん)
「まだフォルムに抵抗がありハズしました。」(Chiguchiさん)


B717(1票・1.6%)
「最新の飛行機に比べると、やはりエンターテイメント等の設備面では劣ります
が、離陸時のあの後ろから押しだされるような加速感と、前方席の静かさが
好きでした。 」(basashiさん)


9:B727(2票・3%)
「727にしようかと思いました。よど号事件ゆえに。変わったエンジン位置だし。
しかし乗ってないはずだし、細い旅客機は乗ると居住性が悪いし、嫌いかも。」(春分さん)
「これは3発機好きの私には外せません。」(Triplesevenさん)
「実際操縦されたパイロットの感想(性能面)やデザイン、
それにB3に比べて今や見る機会がめっきり少なくなったノスタルジック感で決め。」(Chiguchiさん)


10:B737(3票・5%)
「何となく丸っこい感じが精悍さを削がれる」(春分さん)

11:B747(14票・23%)
「大きく偉そう」(春分さん)
「やはりなんといっても乗る機会が多いことが理由です。それと青組派なものですから。。。」(うめさん)
「B4に乗るときはアッパーデッキを選んでしまいます。」(うめさん)
「子供の頃から飛行機といえばコレ」(an-kazuさん)
「重量感のある機体の離発着がたまりません。」(hiro78さん)
「理由は単純に乗った記憶がある機種だからです^^」(コストさん)
「なんか好き、基本設計古いですけど」(セバスちゃんさん)
「頭が盛り上がった奴が好きです 」(Qooさん)
「2階席が特に良いですね。普通の飛行機にはないという特別な感じがまたナイスな飛行機です。」(OILMANさん)
「理論的には解ってるけど、あの人数で空を飛ぶのが怖い(笑 」(seirenさん)
「圧倒的な大きさと独特のフォルムからくる存在感で一際魅力を感じます。
また航空自由化後の増大した旅行者をその豊富な収容能力で運び
今日の航空輸送の形態を築き上げた機体と言う感じがして、
歴史的にも重要な役割を果たしたヒコーキのようにも思います。」(北宇のピューマさん)
「これしか浮かばないんです」(picaさん)
「燃費が悪いけどジャンボといえば やっぱり 747でしょう^^」(ハイマンさん)


13:B767(7票・11%)
「出張して安心な767は好きです」(春分さん)
「やはりなんといっても乗る機会が多いことが理由です。それと青組派なものですから。。。」(うめさん)
「座席配置が、2-3-2で座りやすい」(おろ・おろしさん)
「理由は単純に乗った記憶がある機種だからです^^」(コストさん)
「利用するのはもぱら767。」(seirenさん)
「個人的に一番平凡な機体でも2-3-2の座席配列は素晴らしい」(Chiguchiさん)


14:B777(14票・23%)
「低燃費の“新車”が(・∀・)イイ!!」(tooshibaさん)
「でしょ~やっぱり(*≧m≦*) 」(ぴーすけ君さん)
「翼の上の席から見た翼がシンプル過ぎる気がしてコストダウンぽく」(春分さん)
「この機体見た目は平凡な双発機なのに200LRはとんでもない航続距離を誇り
300、300ERはB747並みのキャパシティーを持つという高性能機じゃないですか。
こういう見た目は平凡、実は凄いというところに萌えます。」(Triplesevenさん)
「スマートな機影と重大事故のない安心感」(an-kazuさん)
「理由は単純に乗った記憶がある機種だからです^^」(コストさん)
「全席液晶?、暇な僕には・・・」(セバスちゃんさん)
「シートが他の飛行機と違う気がするのと、エンジン2基の機体でB747とタメが張れる旅客能力がなんか素敵っす。 」(OILMANさん)
「何と言っても乗り心地の良さです。航空会社によっても異なるのでしょうが、
昨年の14時間のフライトは長時間にも関わらず快適でした。」(seirenさん)


15:B787(5票・8%)
「低燃費の“新車”が(・∀・)イイ!!」(tooshibaさん)
「早く乗ってみたい」(おろ・おろしさん)
「やっぱり最新鋭の登場にワクワク」(an-kazuさん)
「期待先行です」(セバスちゃんさん) 

 

複数回答でお好きな機種を挙げていただきましたが、
B747とB777の2機種でなんと半分弱の票を集めました。
メーカー別ではエアバス機16票(26%)、ボーイング機46票(74%)でした。

見た目の印象、実際に乗ってみて良かった点を挙げて下さる方が多かったです。

新型機A380,B787への期待票も多く集まりました。

エアバスのみを選んだ方がお2人、ボーイング機のみ選んだ方が15人、
そして両社から選んだ方が9人おられました。
両社から挙げた方がこれだけおられることからしても、
そして頂いたコメントを拝見しても、特定のメーカーに強いこだわりがあって選んでいる、というより、
メーカーに関係なく搭乗経験のある機種に親近感が沸く。という傾向が強いように感じました。
ということは、仮に日本がエアバス王国だったとしたら、アンケートの結果は逆になったかもしれません。
もっともB737のように、生産数と得票数(3票)が比例していない例もあり、
単に乗ったことがある、たくさん飛んでる だけでなく+αが求められるようです(当たり前か)。

 

Q1,Q2共に何らかの理由を書いてくださった19人中11人の方が
「自分が乗った機種だから」「搭乗機会が多いから」という点を挙げておられます。

エアバスか、ボーイングか、選択にかなり迷った。とコメント下さった方も多いです。

まず大好きなメーカーがあって、そのメーカーが作っているから○○が大好き。
ということではなく、

搭乗経験がその機種に対する親近感につながり、それがそのまま好きなメーカーになっている。
という方が多い印象を受けました。

今後も国内では当分の間ボーイング機がたくさん飛ぶ状況が続きますから、
「乗ったことが多いボーイングが(どちらかといえば)好き」という傾向は続くのでしょうね。

また、「青組派だから」(うめさん)というご意見もありました。
好きな航空会社やマイレージも大きく影響しそうですね。

 

今回のアンケートには含めていませんでしたが、
好きな機種としてトライスター(4票)、YS-11(2票)、DC-8(1票)といった往年のヒコーキの名前も挙げていただきました。
一方、選択肢には入っていたものの、A310、A350、B707、B757には
1票も入りませんでした。

このあたりも興味深いですね。

日本でのなじみの薄さ、搭乗経験のあるなしが大きい。ということなのでしょうか。

特にA350はB787のライバルとなる開発機なので意外でした。

 

予想外に理由を書いて下さる方が多くてビックリでした。

おかげでいろいろ妄想できて楽しかったです (o ̄∇ ̄o)ニヤ

こんなことならちゃんと理由の募集をかけるべきだったとちょっと反省しております。

次回に活かしたいと思います。

改めてアンケートご協力、本当にありがとうございました。 m(_ _)m

次は、『「ナウシカ」と「シータ」、あなたはドッチ派?』をやりますかね?(違)


B787 6月にテストフライト  か? [├雑談]

これまで787初飛行スケジュールについて最新の公式ニュースリリースは

2008/12/11付(日本語)のもので、

「ファーストフライトを2009年第2四半期に予定」という告知がなされていました。

その後初飛行についてはずっと音沙汰無しだったのですが、

5月3日付ボーイングニュースリリース(英文)→によりますと、

B787フライトテスト1号機(ZA001)がいよいよフライトライン(飛行機の整備・燃料補給などを行う場所)へ移動したのだそうです。

文中には「ファーストフライト」の文字が躍っています。

これまで延期に次ぐ延期を繰り返した787の初飛行スケジュールですが、

直近になってこんなアナウンスが出たのは初めてのことです。

 

こうなると俄然「いつ飛ぶの?」という興味が沸きますが、

記事では初飛行の明確な日付は示されておらず、

”fly later this quarter” という表現が繰り返されていました。

現在ボーイングは第2四半期。

第2四半期は4月~6月なので、

”later this quarter” とは、6月頃、というか

 

             ”遅くとも6月中には飛ぶYO!”

 

と受け取っていいんでしょうか?

 

最終システムチェック、エンジンテスト、高速地上走行試験が終了すれば、

いよいよ初飛行の準備が整ったことになるのだそうです。

あー楽しみ。

 

この気持ちを是非とも共有したいと考え、

弟に話し掛けてみました。

「ボーイングが開発している新型旅客機ななは・・・」

ここまでしゃべったところで失笑され、機種を最後まで言うことすらなのでした。

 

           つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

 

英語に自信がナイので、追って出される日本語版プレスリリースで確認して、

もし間違ったこと書いてましたらば訂正致します。


成増陸軍飛行場の掩体壕 [├場所]

前記事の続きです。

 

成増飛行場の掩体壕が1基残っていることはネット情報に出ており、

一度見てみたいなぁ。と思っていました。

ただし、所有者の方が撮影、訪問を望んでおられないということで、

ネットではおおまかな場所は出ているのですが、詳しい住所等は不明です。

流石にネットにアップする方は皆さん所有者の意思を尊重しておられるようです。

今回光が丘公園をうろついた際、掩体壕を探してみることにしました。

 

まずは園内の図書館で情報収集。

郷土資料の中に当時の成増飛行場の掩体壕についての記述がありました。

成増飛行場には、上空から発見されないようカモフラージュしたコンクリート製、有蓋の「特装掩体壕」が25基、

そして土壁で囲っただけで無蓋の「土塁掩体壕」が12基あったのだそうです。

 

現存する掩体壕がある辺りは「北部掩体壕群」といい、

当時は「特装掩体壕」3基、「土塁掩体壕」4基があったそうです。

当時の掩体壕配置図と現在の地図を穴が開くほど見比べてアタリをつけ、出発。

 

現場周辺についておおよそこの辺りだろうと思われる所を歩きました。

カメラは車にしまって手ぶら。

ブロックを順番に囲んでいきます。

オイラは仕事柄、住所情報でお客さんの家を探すことが時々あるのですが、

住所や地図が不完全だったり区画整理されていないと、一軒一軒しらみつぶしです。

なんだか普段やってることと変わりないような・・・。

 

仕事だと目当てのお宅がなかなか見つからない場合、手当たり次第に家を訪ねて

「○○さんというお宅はこの近くでしょうか?」などと尋ねるという最終手段があるのですが、

今回に限っては所有者ご本人が公開しておられないので、この最終手段は使えません。

自力で探すしかないのですが、見つかるかどうかまったくわかりません。

(見つけられずに引き返すことになるかも・・・)などということも考えながら歩き回り・・・

 

探し始めて17分、見つけました。

ほんの1、2秒で視界から消えてしまいそうな細い路地の奥に、灰色の開口部が!

たまたま反対側を向いてたら気が付かずにそのまま通り過ぎてました。

 

住居人以外通るはずのない細い路地を進むと、門扉にぶつかります。

その門扉のところから10秒程拝見させて頂きました。

掩体壕の開口部は路地に正対しているのではなく、かなり斜めになっています。

ここは陸軍の飛行場ですから当然といえば当然なのでしょうが、

開口部は細工をしておらず、そのままかまぼこ型の陸軍型。

内部は物置になっています。

掩体壕を物置にすること自体はよくある活用法ですが、

なんと、ここの掩体壕は上に住居が造られていました。

鉄骨の柱で補強もしてあります。

余談ですが高知空港近くの前浜掩体壕群には7基の掩体壕が残っていて、

その中の7号基は車道と用水路が通っているというビックリ掩体でしたが、

こちらもスゴイです。

いろんな掩体壕があるものなんですね~。

 

ブログ内関連記事:
東京都・成増陸軍飛行場跡地
高知空港周辺の掩体壕