So-net無料ブログ作成

青森空港 [├空港]

 2005年9月 訪問 

ここはちょっと変わっていて、車で空港に行くためには有料道路を通らなければならない。

料金は200円で距離もごく短い(帰りはタダ)。

そして駐車場は有料だが、有料道路の領収書を見せると、200円引きになるのだ(「基本料金割引」という表現になっていた)。

駐車場料金は、日帰りならどれだけ停めても200円なので、有料道路の領収書を見せればタダになるわけだ。

駐車場には気合の入った誘導員のおじさんたちがたくさんいて、きびきびと誘導を行っていた。

駐車場の利用時間は6:30-22:00。ターミナルビルに入る。

 

早速展望デッキに上がる。

ナイトステイしたJAノLのエアバス機だ。光の加減のせいもあって、コックピット周りが意外と無骨な形をしていることに気がつく。

最初はボーディングブリッジが少し離れていたが、何度も言ったりきたりして機体に取り付けていた。

まだ朝の7時を過ぎたばかりで離陸も着陸も無く、エプロンには車も、人さえいない。

デッキにもオイラ1人だ。シーンとした中、ボーディングブリッジの作動をするモーター音だけが響く。

 

 

 珍しいレンガ色の壁面。そういえば長崎空港もこんな色だった。

 

「省エネ対策」で芝が張られている。

 

レストラン、売店は7:30からの営業だった。

案内所にいろいろパンフが並べられている。が、空港関係のものはなかった。

案内所の利用時間は9時からということで、係の方に何かないか訊くこともできなかった。車に戻る。

有料道路の領収書を駐車場中央部付近にある料金割引所に提示すると200円引きになるのだが、

車で割引所に直接乗り付けようと横着したのが失敗だった。

車を動かすと、たちまち誘導員のおぢさんに、精算所とは違う方に力一杯誘導されてしまう。

「ひぃぃぃ」と思いながら誘導された方に車を動かすと、なんと行き止まりになってしまう。

どうも、続々と駐車場に入って来る車の一台だと思われてしまったようだ。

まあ確かに、これから空港が動き出す時間に出て行く車は普通ないだろう。

Uターンしておぢさんに、「出たいんですけど」と言い、出口までの行き方を教えてもらう。

なぜかおぢさんから、「ご苦労様デース!」と言われた。そして200円払って出ましたとさ。

自動清算機の隣に受付のおじさんのいるブースがあったので、そこに行けば良かったのかも・・・。

次の大館能代空港を目指して走り出すが、滑走路の端に出られそうな道を発見したので行ってみることにした。脇道に入る。

 

ガタガタ道を進むと、滑走路の端っこに出た。

 

ローカライザー。滑走路の中心から水平方向にどのくらいズレているかを航空機に電波で知らせる。

こんなに間近で見たのは初めてだ。

 

 

この先に滑走路。上手く表現できないが、滑走路側は広大な平地が広がり、後方にはすぐ丘が迫っている。

道路をはさんで両側に巨大構造物が迫っていて、何というか、スケールの大きさが非常に印象的で、

ここだけ異空間な感じだった。なんだかクラクラする。周囲は草も刈られてきちんと整備されており、清々しい。

 

着陸侵入灯群。

 

利用客数の移り変わり:平成5年は88万人。そこから利用者数は順調に増加し、平成11年には倍近い166万人になる。

しかしそれをピークに徐々に利用者数は減少し、平成16年には126万人になっている。

平成17年4月には、滑走路が2,500m→3,000mになった。  

 

青森空港:map  


         青森県・青森空港          

    ビュー:☆☆☆☆★  

展望デッキは足元が濡れていて非常に滑りやすかった。無料で広々している。眺め良好。山並みもきれい。展示物多少あり。
東北地方の空港の中では離着陸が多い空港に入る。

 

    施設:☆☆☆☆★  

売店にはリンゴもあったが、海産物の充実ぶりがすごかった(ホタテ、スジコなど)。水槽の中に入っているものもあった。お洒落なレストランあり。弁当類はなかった。BLUE SKYも出店していたが、飛行機グッズはほとんどなし。各店は7:30から営業。
ターミナルビルは新しくてきれい。表示が分かりやすい。建物は珍しいレンガ色。
駐車場は工事中で混んでいた。有料だが、有料道路の領収書を見せると割引制度あり。駐車場の誘導のおぢさんたちが気合が入っている。親切。

 

    マニア度:☆☆☆☆★  

滑走路端のローカライザーと着陸進入灯は簡単にすぐ近くまで行けるので、まだ見たことのない方は一見の価値あり。

 

    総合:☆☆☆☆★  

遠くに山脈を望む空港。周囲も緑に囲まれている。

青森空港データ
設置管理者:青森県
3レター:AOJ
4レター:RJSA
空港種別:地方管理空港
運用時間:7:30~21:30
所在地:青森県青森市大字大谷字小谷
標 点:N40°44′00″E140°41′19″
標 高:198.1m
面 積:241ha
滑走路:3,000m×60m
磁方位:06/24
航空管制周波数
・飛行場管制 
 青森タワー 118.30 126.20
・航空路管制
 札幌コントロール(東北広域セクター)127.575 120.575

沿革
1964年11月 旧青森空港開港(青森市中心部から南方約10キロ・第3種空港・滑走路1,200m)
1973年04月 滑走路延長1,400m
1987年07月 新空港供用開始(滑走路2,000m)(ジェット化、厳しい気象条件のため)
1990年03月 滑走路延長2,500m
2005年04月 滑走路延長3,000m

関連サイト:
青森空港
青森空港ビル株式会社    
えあぽネット/青森空港      
国土交通省東京航空局/青森空港   
Wikipedia/青森空港    
国土地理院 1967年10月当時の写真(MTO672X C11 11) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0