So-net無料ブログ作成
検索選択

北海道・8 [■旅行記]

5日目

 

「北海道・7」をアップしてから3週間以上間が空いてしまいましたが、

午前0:30にヘロヘロになって余市の道の駅に着いて、即寝た。

というのが前回まででした。

 

5時に起きるつもりだったのに、

目が覚めたら6時でした。

しかも、自分が北海道に来ていることを完全に忘れ、

「・・・アレ? なんでベッドが狭いの??」とか考えてしまいました。

 

本日10:30のフェリーで新潟に戻ります。

1時間前には乗船手続きを済ませなくてはいけませんから、

自由に動ける時間はあと3時間ちょい。

しかし出港前にもう一箇所だけ行っておきたい飛行場が残ってますのだ。

ここ余市はフェリーの出る小樽の隣町なのですが、

「アップルポート余市」という農道空港があります。

実は北海道に到着した日、余市を通過しています。

時間に余裕があれば、その時に立ち寄って見学したかったのですが、

急いで奥尻行きの港に向かわねばならなかったため、スルーしてたのです。

それで本州に戻る当日の朝、

フェリーに乗る前にこの飛行場を見学しようと計画していたのでした。

急いで支度して飛行場へ。

 

D20_0148.jpg 

農道空港に到着したのですが、「工事中」になっていて入れません。

合法的に滑走路を眺めるポイントはないか探して一周したのですが、結局ダメでした。

 

後日談なのですが。

自宅に戻ってからこの農道空港に直接電話をかけてみたのですが、出ません。

それで、この空港を管轄する余市町商工観光課に電話してみました。  

 

「サミット関連で道警に貸し出ししているので、7月いっぱいは使えませんが、

その後は通常通りイベント等で利用できるようになりますよ」

と親切に教えて頂きました。

こんなところまでサミットの影響を受けるとは・・・。 

 

飛行場周辺をうろついて後、小樽港へ。

せっかく北海道に来ているというのに、ここまで

カロリーメイトとか、コンビニノリ弁とかばっかしで

ロクな食事をしていません。

今回は特にカロリーメイト率が高く、

平均すると毎日一食はカロリーメイトでした。

大塚製薬の社員さんでも普段はここまで食べますまい。

 

いえ、別にカロリーメイトが死ぬほど好きとかそういう訳じゃないんです。

なんでこういう食生活になるのかといいますとですね、

できるだけ節約したい、時間が惜しいということもあるのですが、

旅行から戻ると、必ず家族から「何食べた?」とチェックが入るんですよ。

 

1人であちこちフラフラ出歩いているだけで大ヒンシュクなのに、

その上何か美味しいご馳走を食べたなんて答えた日にゃ、

「ずるいー(非難)」とか、「いいご身分ですこと(冷笑)」とか、

チクチク言われてしまうのです。 

だもんで、「今回も特にご馳走は食べてません。あ、あの、コレお土産でス・・・」

と、キチンと報告するためなのです。

家族に理解者が1人もいないと、異端扱いで、気を遣います。

 

それでも最後に一食くらいは美味しいものを食べてもいいだろう。

小樽だと、塩ラーメンとか、海鮮丼とかかな。

そう考え、港周辺を走り回ったのですが、

まだ朝の9時前で、残念ながら開いている店を発見できず。

北海道最後の食事は、やっぱり某コンビニのノリ弁なのでした。

ああああ、ノリ弁美味しい!(血涙)。

家族の高笑いが聞こえてくるようです。(;´Д⊂)

 

フェリーターミナルに行き、係員の誘導に従って乗船車置き場の列に車を止めました。

「乗船時間までに戻ってくれば、車を離れても大丈夫ですよ」と言われました。

まずは車内の整理。

乗船し客室に上がると、原則として翌朝新潟に入港するまで車には戻れないため、

客室に持って行くものを取り分けます。

出港までまだ時間があるので周辺の撮影。

 

D20_0167.jpg

新日本海フェリー小樽港ターミナル。

立派な建物ですね。流石本店。 

 

D20_0164.jpg

ターミナルとフェリー。

フェリーでかっ! 

 

D20_0166.jpg

ここから車両甲板に乗り入れます。

 

D20_0175.jpg

ターミナル内に新造船「はまなす」の模型が。

独特の電動ポッド型推進器。これ見たかったんです。 

 

D20_0172.jpg

 

D20_0177.jpg

 

ターミナル内をうろついていると、公衆電話を使っている女性がいて、

聞くとはなしに聞こえてしまったのですが、

予約していた交通機関に大地震の影響がないかどうか、確認してました。

大地震のせいで、震源地近くにいるわけでなくても、

あちこちでこういう心配をする方がいらっしゃるんでしょうね。 

 

港周辺の撮影をし、妹から仰せつかったブツを買っていると、もう乗船の時間。

船内に入り、誘導に従って車を止めると、係員が早足に横を通り過ぎながら、

「サイドブレーキしっかりかけて下さい」と言って回ってます。

言われたとおりサイドブレーキを掛けて、デイバッグを持って客室に上がろうとしたら、

後ろから「スミマセン」と声が。

振り返ると、オイラのすぐ後ろに車を止めた白人男性でした。

近寄ると、「サイドブレーキ?」と言われました。

 

多分係員の声が早くて、

掛けるのか、掛けないのか聞き取れなかったのです。

一瞬、英語でなんて言うんだろうかと思ったのですが、分からなかったので、

流暢な日本語で、「サイドブレーキ、掛ける」と手振り付きで言うと、

「カケル。サンキュー」と笑顔で言われました。

通じてよかった~。

こういう時、英語では何と言えばいいんでしょう?

「サイドブレーキ オン」とか?

 

ところで、帰りの船は2等ではなく、2等寝台です。

船内の案内所にチケットを提出すると、部屋の割り振りを教えてもらえるようになってました。

 

D20_0180.jpg

オイラが割り当てられたベッド(下段)。 

往復利用の場合往復割引があり、復路の運賃が1割引になるのですが、

往復共に2等予約の場合、ドライバーにはいずれの割引も適用されないことになっています。

なので、復路は2等寝台にして往復割引を使った方が安くなるのです。

一室にこういうベッドが幾つか並んでいるのですが、

オイラが割り振られた部屋は、他に1人入っただけでした。

得意のパーティージョークでも披露して打ち解けようかと思ったのですが、

ずっとカーテンを閉め切っていたので、結局最後まで顔を見ることもありませんでした。

ああ残念。

 

D20_0182.jpg

後部甲板:

もう1隻フェリーが停泊できるようになってます。

旅客ターミナルから徒歩で乗船する客用に、空中通路が続いてます。

流石北国ですね。 

それとも保安上の理由なのでしょうか。

 

出港まではまだ少し時間があります。 

甲板でウロウロしていると、「入浴の準備ができています」とアナウンスが入りました。

行ってみると、浴場には「利用時間:乗船時~22:00」と書かれていて、

既に5~6人が湯船に入っていました。早っ!

体を洗っていると、みんな次々上がっていき、オイラ独りだけに。

貸切の湯船につかりました。

っか~~~~~~! 気持ちい~~~~~!

出港は湯船の中で迎えました。

風呂から上がってすぐにカメラを持って甲板へ。

(もちろん服は着てますよ) 

 

D20_0189.jpg 

さようなら北海道。

また来るよ。 

 

ベッドで寝っ転がって記録をつけ、地図で改めて走った道を眺めてみました。

意外と道央まで行ってた!

今回、旭川の少し先まで行ったのですが、

余市の道の駅まで約200kmでした。

ということは、次回小樽に午前4:30に着いて、すぐ移動すると、

9時には旭川空港に着けるはず。

 

北海道全図.PNG

 

ところで、自分のベッドで寝た状態から頭を起こした時、

照明の角の尖っている部分に派手にアタマぶつけました。

すごい音が。

痛みより出血が心配で、すぐぶつけた部分をさわったら、

手にちょっと血がついた程度だったので、ホッと一安心。

アタマは、ちょっとの怪我でも冗談のように血が出るので要注意です。

こんな出先でドバドバ出たら大事ですよ。

ヨカッタ~。

しかし、アタマぶつけて血を出すなんて、何年ぶりだろう・・・。

昼食はカロリーメイト。

 

D20_0191.jpg

「強風のため閉鎖」とアナウンス。

 

D20_0192.jpg

あの青さがウソのようです。

揺れるかな、と思ったのですが、結局ほとんど揺れませんでした。 

 

D20_0195.jpg

 

D20_0198.jpg

行きの船でもそうだったのですが、ここでぼーっと海を眺めたり、

本を読んだりして随分長居しました。 

 

D20_0205.jpg

 

D20_0208.jpg

 

D20_0211.jpg

 

夕食は700円のうどん。

映画を3本見て、21:30寝。

 

(続きます)


コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

コメント 21

xml_xsl

とり さん、こんにちは、=(^。^)=
ハイテク!”電動ポッド型推進器”、びっくり!しました!、
壮大!・勇壮!・叙情・旅情を誘う大海原の夕陽!、
何時も、精緻な記事!、ワク!~*、ワク!~*
魅惑を堪能させてもらってます~*、(^o^)
by xml_xsl (2008-08-16 10:09) 

tooshiba

すなふきんハジチョウスル。
すなふきんハツライ。
ご家族に遠慮して美味しいものをみすみす食いっぱぐれるとは。落涙

エキサイトの翻訳では、「サイドブレーキをかける」→「The parking brake is put.」だそうです。
足踏み式のときは、解除=リリースとか?じゃあ踏むときは・・・(゚⊿゚)オラシラネ
by tooshiba (2008-08-16 12:56) 

pica

怪我、たいしたことなくて良かったですね。

…とりさん。
北海道まで来てご家族に遠慮なんて。海の幸の宝庫なのに…。

あ、最後のお約束。
また、カロリーメイト! ← もう、私のつっこみ役だと決めました^^
by pica (2008-08-16 13:35) 

masa

スケジュールびっしりの旅、お疲れ様でした!
by masa (2008-08-16 17:14) 

miffy

せっかく北海道まで行ったのに全然美味しいもの食べられなかったなんて(T-T )
とりさんが頭をうったときにも同室の人はカーテン締め切ったままだったんですね。
怪我が軽くて良かったですね。
by miffy (2008-08-16 20:27) 

こいし

こんにちは♪
カロリーメイトの旅はちょっとせつないものがありますけど、でも、楽しそう♪
フェリーの中も素敵ですね。
そして雲間から海に差し込む光も綺麗です。
水平線が金色ー♪

by こいし (2008-08-16 21:44) 

まめ助の母

ご飯、カロリーメイト…喉乾きますね
でも移動のためだとそうなっちゃうのかな
船の長旅は私には難しい…(リバースしちゃうから)
でも青い海とか見るのは好きです
そのうちには根性たたき直さなくては!!
脱船酔い宣言!してみたい!
by まめ助の母 (2008-08-16 23:09) 

セバスちゃん

夕日を見ながら、ボーっと。
いいですね。あこがれます。
ともあれ、お疲れ様でした。
by セバスちゃん (2008-08-17 00:11) 

sak

お食事、ちゃんと食べなきゃだめですよ(^^
船からの夕日、ステキですね♪
by sak (2008-08-17 07:23) 

an-kazu

船旅・・・とってもしてみたくなりました。

 グレーじゃないヤツで(^^ゞ
by an-kazu (2008-08-17 10:12) 

Qoo

飛行機も良いけど、船も良いよね
船の上からの夕日を見てみたいな
奇麗な夕景、見応えあります
青い海も最高ですね
by Qoo (2008-08-17 12:00) 

くず

お久しぶりです (^^)
休止中も激励のコメント等、どうもありがとうございました m(_ _)m

とりさんの旅行記は、相変わらずツッコミどころが豊富で楽しいですね (^^)b
反面、そのツッコミどころの多さに、どこに突っ込んだら良いのか、いつも迷ってしまうのですが (^^;

一番の興味は、とりさんのパーティージョークですかねぇ。。
どんなのを披露してもらえるのでしょうか? ( ̄∇ ̄ )
by くず (2008-08-17 17:21) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■xml_xslさん
どうもありがとうございます。
恐縮ですm(_ _)m

■Krauseさん
nice! ありがとうございます。

■tooshibaさん
>The parking brake is put.
わざわざ調べて頂いてありがとうございます。
put か~。
スナフキン、自重しますた^^;

■picaさん
アハハ、お役目ありがとうございます^^

■ccqさん
nice! ありがとうございます。

■masaさん
いつもお付き合いありがとうございます^^

■miffyさん
多分、同室の方は何の音かも分からなかったと思います。
「ギャー! イテー!」とか叫んでたら、
違った展開だったかもしれませんが・・・^^;

■O-HASHIさん
nice! ありがとうございます。

■こいしさん
>水平線が金色
これは本当にキレイでした^^

■まめ助の母さん
>移動のためだと
確かにそれは大きいです。
>脱船酔い宣言!
なにかまめ助の母さんにピッタリの方法が見つかるといいですね~。

■セバスちゃんさん
ありがとうございます。
夕日キレイでした~。

■sakさん
旅行から戻ったら母から、「痩せたでしょ?」と言われ、
計ったら3キロ減ってました^^;

■くらいふさん
nice! ありがとうございます。

■an-kazuさん
>グレーじゃないヤツ
確かにan-kazuさんは
グレー専ですからね。(o ̄∇ ̄o)ニヤ

■Qooさん
機会がありましたら是非!^^)/

■くずさん
くずさん、お久です(;´Д⊂)
>パーティージョーク
そうですねぇ。こんなのはどうでしょうか?
同室の人と顔合わせたら、「そんな船室に閉じこもってないで、甲板に出てごらんよ、ブラザー! 風に波、最高だぜ! 日本海だけにジャッパーン! てね!」d( ̄∇ ̄*)☆\(--
by とり (2008-08-18 07:25) 

カンクリ

やっぱり海もイイ♪

by カンクリ (2008-08-18 23:26) 

とり

■夢空さん
nice! ありがとうございます。

■カンクリさん
海いいですよね~(*´∀`*)

■hiro78さん
nice! ありがとうございます。
by とり (2008-08-20 07:11) 

OILMAN

こんにちは。
私はカロリーメイトのチーズが大好きっす。
滅多に食べませんけどね。
大きなフェリーでの旅は久しくしていないのですが、時間を見つけて遠くまで行きたいっす。

by OILMAN (2008-08-20 09:27) 

とり

OILMANさん こんばんは。
チーズは基本ですよね^^
是非いつかフェリーの旅ができますように。
by とり (2008-08-20 19:44) 

とり

ハイマンさん
nice! ありがとうございます。
by とり (2008-08-21 18:55) 

コスト

>余市町商工観光課 そうか、管理者の町に聞くという方法がありましたね。
しかし、サミットの影響しつこすぎますね^^;

>サイドブレーキ とっさの英語で説明って困りますよねー
           僕も京都でカメラ頼まれて、撮れてるか確認してくださいって時にモニターチェックがでなくてあせりました。

>第一次隊到達範囲 おおっw南極探検隊みたいですね(笑)
              かなり行きましたねーこれはわかりやすいし、こういう図は好きです。僕も作ろうかな?^^
nice!です! 
by コスト (2008-08-23 13:34) 

とり

■コストさん
>サミット
しつこすぎですよね~^^;
>とっさの英語
普段は「オレって単語だけなら結構イケるんじゃね?」とか思ってるのですが、イザとなるとまったくもってダメです。ハイ。
>南極探検隊
アハハ、まさにそのイメージでした^^

■SpeedBirdさん
この記事に5,000nice! いただきました。
どうもありがとうございます~ヽ(*´ヮ`)ノ
じゃ、じゃあ、オ、オイラからアツい口付けを、むちゅーーーーっと。
--)/☆d( ̄∇ ̄*)☆\(--♯ダブルヂャ!!
by とり (2008-08-24 07:02) 

とり

アスランマリオさん
nice! ありがとうございます。
by とり (2008-08-25 07:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。