So-net無料ブログ作成
検索選択

北海道・7 [■旅行記]

ということで丘珠空港を後にして、昼から移動開始。

明日の朝には小樽からフェリーに乗って新潟に戻ります。

これから飛行場が撮影可能な明るさが残る6時間が、

北海道で残された最後の見学タイムです。

(本当は明日の朝、フェリーに乗る前に近場で1つ飛行場を見る予定だけど)

 

アバウトな説明で恐縮ですが、札幌から旭川まで国道12号で北上できるのですが、

この12号に沿って石狩川が蛇行しています。

そしてこの石狩川の河川敷とその周辺には滑空場、農道空港が点在しています。

土地勘もないですし、6時間で何箇所回れるのか見当もつきませんが、

とにかく行けるだけ行ってみて、その後Uターンして小樽港に向かうことに。 

 

ということで1ヵ所目、丘珠空港から程近い、江別市の夕張川沿いにある、

北大夕張川滑空場に向かいました。

地元FMで、「今日は札幌祭り開催」と言ってたのですが、

進路上にその祭があるのかないのか分かりません。

ともかくまったく混まずに到着。

ところが、河川敷には平坦で細長い、いかにもという場所があるにはあるのですが、

草ボーボーで、滑空場によくある看板、標識、小屋も発見出来ず。

土手の上を車で行ったり来たりして探したのですが、

どうしても滑空場らしきものは発見できませんでした。

仕方なく、(???)と思いながら、次に向かいました。

(この滑空場の顛末は次の記事で書きます)

 

D20_0072.jpg

そして30分後に到着したのがこの場所なのですが・・・。

画面左側はずっとゴルフ場です。

そして手前側、この写真ではなんとなく滑空場っぽく見えるかもしれませんが、

なだらかなスロープになっていて、とてもグライダーが着陸できそうにありません。

舗装道路に沿ってウロウロしてみたのですが、

滑空場は発見できず。

二連敗です。

次、いってみよー。(;´Д⊂)

後でいろいろと調べてみたのですが、どこをどう勘違いしたのか、

ここは滑空場ではないようでした_| ̄|○ il||li

 

どうなるかと思ったのですが、その後は、

新篠津滑空場、美唄農道離着陸場(スカイポート美唄)、

滝川スカイパーク、深川滑空場、当麻滑空場と見学することができました。

北海道に入ってから、お天気になかなか恵まれずにいたのですが、

美唄農道離着陸場のあたりから、少しずつ青空がのぞくようになってきました。

 

当麻滑空場周辺に到着した時には、既に日が傾き、撮影できるギリギリになっていたのですが、

事前に調べて地図にマーキングした場所に滑空場発見できず。

車を降り、焦って付近を探し回ったのですが、やっぱりありません。

と、水田で作業しているおじいさんの姿を見つけ、尋ねてみることに。

滑空場は、オイラが考えていた場所よりも、大分川の上流でした。

行き方を親切に教えてもらい、お礼を伝えたのですが、

「ハア、ご苦労様です」と言われてしまいました。

おじいさん、ゴメン。ただの道楽ですから・・・。

 

おじいさんのおかげでなんとか明るい内に撮影終了。

実はすぐ近くに「愛別飛行場」もあるのですが、

もう暗いのでそこは次回のお楽しみ。

お空がいい感じになってきたので、滑空上の土手の所から

お空の撮影をしてから引き上げることにしました。

日が落ちた途端急激に気温が下がり、風も強くなってきて、

(まさか使うことはなかろう)と思いながらシャレで持って来た

長袖とウインドブレーカーを着て、震えながらの撮影でした。

ラジオで、「明日は所により霜注意報」と言っていたのですが、

納得の寒さでした。

6月中旬、全国的に梅雨のお天気だというのに、こちらは霜ですよ。

やっぱり北海道は違う!

 

D20_0116.jpg

 

D20_0117.jpg

 

D20_0119.jpg

 

D20_0114.jpg

 

D20_0125.jpg

 

D20_0140.jpg 

 

 

最後の1枚だけ、滑空場から国道に出たところで撮りました。

19:00 一路小樽港へ。

ここから小樽までは約200キロ。

途中、休憩で某コンビニに入ったのですが、

隣にテントが張ってあり、ユニフォームを着た人たちが。

聞いてみると、滝川-美瑛を往復する100キロを30時間で歩くというイベントの

スタッふ~~の方たちでした。

本州からのエントリーもあり、300~400人規模のイベントなんだそうです。

30時間以内にゴールするには、寝ている暇はないそうです。

すごいなー。

そういえば、道沿いにチラホラと、反射テープ?をタスキ掛けした人たちが歩いてました。

 

途中、カロリーメイト夕食。

睡魔が襲ってきたので、仮眠をとりつつのゆっくり走行になりました。

途中、どこかに道の駅があったら寝てしまおうと思ったのですが、

生憎周囲に道の駅はなし。

結局、小樽港を通り越し、隣町のスペースアップル余市という道の駅に辿り着いたのが

0:30。

普段から極力日付が変わる前に寝るようにしているのですが・・・。

まあ、明日の朝、フェリーに乗る前に寄ろうと考えていたのが、この余市の飛行場なので

ちょうどいいや。

即寝ました。

 

(続きます)


コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

コメント 18

Qoo

まさにサバイバルですね(^^)
でも、すっごく楽しそう
こんな旅してみたいな~
by Qoo (2008-07-23 07:16) 

tooshiba

ぼくとりメン♪
ですね。

小ネタにサービス精神というか、愛を感じますわぁ。
by tooshiba (2008-07-23 10:26) 

masa

北海道の飛行場めぐりも終了ですね。
来る前はとても楽しみなのに、帰るときは
本当に寂しくなりますよね・・・

by masa (2008-07-23 19:39) 

カンクリ

芝生の緑、ロマンチックな空の色・・美味しいトコ独り占めでしたね♪
by カンクリ (2008-07-23 22:15) 

アスランマリオ

写真のこの時間を「ザ・マジックアワ-」というそうです。今映画やってます。
この空が見られるなんて、日頃の行いですね♪
by アスランマリオ (2008-07-23 22:50) 

コスト

>震えながらの撮影 マジですか??ほんとに6月とは思えない北の大地w厳しすぎる自然ですねw
滑空場ってあまり道路標識には出てないんですかねぇ?
最後の写真はすらばしいです!
雲が水田に写ってきれいな模様に見えます^^
北海道でも田んぼあるんですね、田んぼは美しい日本の光景と再確認しました。
by コスト (2008-07-23 23:39) 

an-kazu

一人ゆえの心細さ、
 でもどこか楽しげな雰囲気が伝わってきます。

こういう旅がしてみたい(^_^)
by an-kazu (2008-07-24 00:16) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■Qooさん
すっごく疲れますよ^^;

■xml_xslさん
nice! ありがとうございます。

■hiro78さん
nice! ありがとうございます。

■tooshibaさん
サービス精神ならば、tooshibaさんのがすごいですって^^

■赤と青さん
nice! ありがとうございます。

■masaさん
寂しくなります。(;´Д⊂)
この後、1つの飛行場につき1つの記事をアップしますので、
北海道編はまだまだ続きますのだ。

■カンクリさん
そうですね~^^

■アスランマリオさん
三谷さんですね?^^

■コストさん
マジで寒かったです。流石北海道。
滑空場は、例えば自治体が運営しているところと、仲間内だけで楽しんでいるといろでは、宣伝の仕方に雲泥の差があります。
田んぼ、いいですね~。

■an-kazuさん
心細くて楽しい。まさにそんな感じでした。
by とり (2008-07-24 07:50) 

ジョルノ飛曹長

一番最後の、水田に夕焼けが反射して美しいですねーー^^
by ジョルノ飛曹長 (2008-07-24 22:40) 

pica

カロリーメイトが夕食!
(良かった、誰も突っ込んでいない・笑)

空の写真も素晴らしいけど、一番上の緑が広がる風景が
とっても好き。
by pica (2008-07-25 00:26) 

kenjii

最初の写真の緑に心奪われました(^^)
by kenjii (2008-07-25 01:23) 

qin

お疲れ様でした。
やっぱり広大ですね、綺麗だなぁ。
うちのダンナもカロリーメイトを買い込んで、仕事が忙しくて食堂に行く時間がない時はカロリーメイトを昼食にしております。
私としては昼食を食堂で食べて、夕食をカロリーメイトにしてほしいのに‥←私が手抜きで楽できます(^-^;
by qin (2008-07-25 19:05) 

sak

すごくきれいな空...
感動しちゃいました♪
by sak (2008-07-25 20:23) 

miffy

こんばんは~
酷暑の国から帰ってきたら、日本のほうが暑かったです~
湿気があるとないのとで凄く違うものなんですね。
夕焼けの写真どれもとっても綺麗です~
今回は福岡、関空の往復ともにボンバルディア機でした。

by miffy (2008-07-25 22:57) 

まめ助の母

空の色が
青い紫、赤い紫、オレンジだったりで
いろいろ変化するんですね…綺麗です。
100kmを30時間でって…
一日は24時間じゃないですか…
完徹+6時間ですか?(O_O)歩き続けるんですか
すごすぎます!!
by まめ助の母 (2008-07-25 23:34) 

とり

■ジョルノ飛曹長殿
どうもありがとうございます^^

■Krauseさん
nice! ありがとうございます。

■picaさん
ぐはっ! 突っ込まれた!^^

■こけもも:さん
nice! ありがとうございます。

■kenjiiさん
ありがとうございます。
これで晴れてればよかったんですけどね。^^;

■ぴーすけ君さん
nice! ありがとうございます。

■qinさん
ご主人、お忙しいのですね~。
>夕食をカロリーメイトに
どういうことかと思ったら・・・アハハ、なるほど^^

■sakさん
実物は本当にキレイでした。

■miffyさん おはようございます。
ご無事でなによりです。
おお、湿度のある日本の方が暑いですか!(@Д@)

■まめ助の母さん
これを知った後に、まめ助の母さんのトコで武蔵野のイベントのことを知ったんですよ。同じ100キロ歩くにしても、場所によってルールはいろいろなんですね。30時間歩き続けるなんて、想像もつきません。
by とり (2008-07-26 05:55) 

OILMAN

こんにちは。
やっぱり北海道の気候は違いますね。
霜って・・・
夕焼け写真最高ですね!
こういう写真にあこがれて、現在レンズ物欲が燃え上っている真っ最中です。
by OILMAN (2008-07-26 21:21) 

とり

■夢空さん
nice! ありがとうございます。

■OILMANさん おはようございます。
地元FMで「霜注意報」と聞いた時には信じられませんでしたが、ガタガタ震えながら納得しました。^^;
by とり (2008-07-27 08:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0