So-net無料ブログ作成

ヒコーキは空中で停止、バックできる?・2 [├クイズ]

先週こんなクイズを出させていただきました。


 

Q:ヒコーキが空中で静止したり、バックしたりすることは可能でしょうか?三択です。

    A:可能  B:不可能  C:NY原油先物相場次第


 

毎度へんてこクイズにお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

早速ですが、正解は、

A:可能

です。

正解よりも敢えて笑いを取りにいく方が結構おられましたですね。

今回は可能か、不可能かの事実上二択で、Cは突拍子のない言葉なら、「おでん」でも「かゆい」でも何でも良かったのですが、NY原油先物相場次第という言葉であまりにも上手くボケて下さる方が多くて、ビックリでした。 

オイラに見習ってもっと真面目になってください

では早速ですが。

ヒコーキを静止、バックさせるのは、実はとっても簡単なんです。

 

 

トーイングカーで  押せばバック、止まれば静止。

ね?実に簡単です

 

 

 

 

 

 

 

 

ウソです。怒らないでください。

 

 

気を取り直して、ちゃんと真面目に。

コメント欄でたくさんの方が書いてくださった通り、

強い向かい風に向かえば、静止もバックも可能です。

いまいち納得できない方もおられるでしょうが、オイラがツベコベと説明するよりも、実際に映像を見ていただいた方が百万倍説得力があると思います。

ということで、こちらをご覧くださいませ→ 

 

なんだか凧みたいですね。

地上から見ていると、まるでヒコーキが空中に止まっているように見えますが、

ヒコーキは強い向かい風の中でプロペラを回し、ちゃんと飛んでいます。

このようにどっち視点で見るかによって、「止まってる」、「ちゃんと飛んでいる」という風に話が違ってきます。

どれだけの速さで風を切って飛んでいるかという、ヒコーキ視点の方が「対気速度」で、地上視点が「対地速度」ですね。

この映像でいいますと、ヒコーキは飛び続けるのに十分な 「対気速度」を出していますが、

この対気速度と、非常に強い向かい風が釣り合って、「対地速度」はゼロとなっています。

 

 

ところでヒコーキには、「最低これだけの速度を出していないと落ちてしまう」という速度(失速速度)があります。

仮にその速度が対気速度、時速80キロだとしましょう。

そして都合よく、時速100キロの向かい風が吹いているとします。

この風に向かって対気速度、時速100キロで飛べば、地上から見ているとまるで止まっているように見えますし、

対気速度80キロで飛べば、地上からは時速20キロでバックしているように見えます。

 

このように、パイロットが「今、時速100キロで飛んでマス」と言ったとしても、それは「時速100キロの速さで空気を掻き分けている」ということに過ぎず、

風向、風速によって対地速度はいかようにも変わってしまいます。

 

 

ここで「対地速度、対気速度」ネタを2つ。

第一次大戦当時のパイロットの手記だったと思うのですが、「目的地に向けて編隊を組んで飛んだが、1時間近く飛んでも、地上の風景がほとんど変わらなかった」というものがあります。

強い向かい風に阻まれてなかなか進めなかったということなんですが、ヒコーキの最高速度がまだまだ遅かった当時ならではの話ですね。 

 

もう1つ、旅客機に乗っていて、外気温、到着予定時刻などの「飛行状況画面」をご覧になったことがあるでしょうか?

あの画面には速度も表示されていますが、この場合の速度は加速度から算出しており、非常に正確に対地速度を示しています。

ですので、旅客機の巡航速度は900キロ前後なのですが、強い向かい風の中ではすごく遅くなりますし、強い追い風に乗っていれば、時速1,000キロを大きく超えていることがあります。


 

最後になりますが、空中で静止、バックできるのは果たして小型ヒコーキだけなのかどうか、ジャンボを例に考えてみましょう。

ジャンボの着陸速度は、通常時速260キロです。

着陸速度は、安全を見越して設定されており、失速速度の1.3倍以上でなければならないと決まっています。

ということで、ジャンボは時速200キロ位なら浮んでられるだろうと予想できます。
(200×1.3=260)

コメント欄にカキコしてくださった中に、「ジェット気流」が出てました。

ジェット気流がより強くなる冬場は、時速300キロにもなるのだとか。

それで、仮にジャンボが時速300キロのジェット気流に正対してスロットルを絞り、フラップを出して時速200キロまで減速すると、地上からは、 時速100キロでバックしているように見えます。

ということで、ジャンボでも、空中で静止、バックは可能です。

あり得ないことですが、お客を乗せたジャンボが飛行ルート上でこれをやったら、管制官は腰を抜かすでしょうね。

追突事故が起きそうです


コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 12

tooshiba

な、なんだってー!!
それって飛んでないぞ。>最初の種明かしだけ読んだ感想
・・・
やっぱりDの「とりさんにブーイング」でよかったんじゃん。>後半を読んだ感想。
(´・ω・`)ショボーン
by tooshiba (2007-03-11 12:01) 

アスキ

来ました!!初正解!!
YouTubeの動画、ビックリです!!
何すかこれ?飛んでるって言うんですか?
飛行機も人間もカゼには気をつけなきゃいけませんね。(うまいっ!!)
by アスキ (2007-03-11 12:15) 

ひろ茶

ニセ回答に「くそっ!とんちだったか~。ボケとけばよかった」www
なんて思ったのはナイショですが、
海で波に向かう、川をさかのぼる船を考えればいいわけですね~。
対地速度と対気速度を逆で考えてしまったのが残念…
by ひろ茶 (2007-03-11 12:55) 

まさ

こんにちは^^

自分でボケを要求しておきながら・・・ねぇ~・・・
(((;-_-(-_-;))) ヒソヒソヒソヒソ・・・
それでいてマジメにやれ!って言われても・・・ねぇ~・・・
(((;-_-(-_-;))) ヒソヒソヒソヒソ・・・

・・・

では、次回もボケ担当でお願いいたします^^
by まさ (2007-03-11 15:41) 

Tripleseven

前回、何故「起こらないで下さい」ととりさんがカキコしていたのか…
やっと分りました。
最初からトーイングカーネタでボケるつもりだったんですね。
一瞬「"空中"の文字は勝手に自分の頭の中で作られたのか?」と勘違いしてしまいました。

しまった…
最初に「空中」の文字を頭の中で消しといてトーイングカーネタでボケとくんだった…orz
by Tripleseven (2007-03-11 19:00) 

ジョルノ飛曹長

トーイングカーね。なるほど!!って素直に感心しちゃったじゃないですかーーー!!!
でも正解してほっとしました。 
海軍航空隊、飛行曹長が間違えたとあっては部下に顔向けできんですからなー(^o^)ワッハハハハハ
by ジョルノ飛曹長 (2007-03-11 22:01) 

マリオ・デ・ニ−ロ

なぁ~るほど!押せばバックで止まれば静止ですね!
恐れ入りやした(ペコリ)
by マリオ・デ・ニ−ロ (2007-03-11 23:25) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■tooshibaさん
・・・すいません。どうしても笑いの方向にいっちゃうんですよ(´・ω・`)ショボーン
次で是非リベンジを。

■アスキさん
おめでとうございます。
>飛んでるって言うんですか?
ええ。飛んでるんです。
>飛行機も人間も
うまいっ!つ座布団

■hirochaさん
>川をさかのぼる船
そうそう!いい例えですね。

■まささん おはようございます^^
ねぇ~・・・(^_^;)
まささんが理由でボケるのは期待してたんですよ。ところが理由の方で正解も書いておきながら、敢えて「C」を選択するなど思いもよりませんでしたよ。
>では、次回も
次もですか!なんて芸人魂!(@Д@)

■kenjiiさん
nice! ありがとうございました。

■Triplesevenさん
Triplesevenさんの巨大扇風機の発想、面白かったです。
ヒコーキクイズ、不定期でやっておりますので、よろしければまたお付き合いくださいませ。ボケ期待してますので(o ̄∇ ̄o)ニヤ

■ジョルノ飛曹長殿
Σ(゚Д゚;) 部下がいるですか!(と素直に驚く)
オイラ、ジョルノさんの写真の弟子になりたいです。

■アスランマリオさん
アスランマリオさんのハリアーネタ、nice! でした(^^)b
いつもへんなことばっかり書いてスミマセン(ペコリ)
by とり (2007-03-12 07:00) 

ハイマン

なるほどなるほど!
対地で考えればよかったんですね!
by ハイマン (2007-03-12 13:04) 

とり

ハイマンさん
一言で言うとそういうことですね。(^^)b
by とり (2007-03-12 22:32) 

torakki

そうきたか!!(笑)
by torakki (2007-03-13 22:58) 

とり

torakkiさん
えへ。
by とり (2007-03-14 22:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0