So-net無料ブログ作成
検索選択

ぼくは航空管制官 [├雑談]

今航空管制官を目指す方のほとんどがプレイしているという、そのスジではあまりに有名なゲーム

            「ぼくは航空管制管」

 

(「ぼくは航空管制官2」は次の記事でアップします)

もう10年近く前の話なのですが、ソフト売り場でウロウロしていた時、ミョーに目立つソフトがありました。

派手な色、グラフィックで精一杯自己アピールをするパッケージの中で、1つだけ妙に味も素っ気もない箱があったのです。

無愛想な白っぽいハコには、旅客機のジェットエンジンだけが描かれていました。

その隣には、これまた旅客機のメインギアだけを描いたハコ。

その風変わりなソフトを手にしたのがきっかけで、すっかりとりこになってしまいました。

ヒコーキもののゲームといえば、戦闘機パイロットとなり、敵機を次々と撃墜するシューティング系か、フライトシミュレーター系と相場が決まっていますが、このゲームはそうしたヒコーキ物の中では異色中の異色、「ぼくは航空管制官」というその名の通り

     航空管制官になってヒコーキに指示を出す

というゲームです。

航空管制を行うゲームはこれが唯一というわけではないのですが、海外モノだったり、ひたすらレーダー画面上のシンボル相手に指示を出したりなど、英語、航空管制についてかなりの知識がないと手も足も出ないというものが多いです。

このゲームは「ヒコーキのカッコよさをできるだけ簡単に楽しめるように」がコンセプトになっています。

音声と文字で表示されるパイロットとのやりとり(ATC)は、本職の管制官の団体が監修したものであり、登場するヒコーキも、航空各社、自衛隊正式協力となっています。

その手軽さと本格的な部分の絶妙なバランス加減で、ビギナーから濃いィマ○アまで幅広いファン層の獲得に成功。

1998年の発売以来、現行の「ぼく管2」に至るまで、続々とあちこちの空港ソフトが発売されています。
(2013/1/27追記:現在は「ぼく菅3」が出てます)

シューティングゲームやフライトシミュレーターものが苦手なオイラにとっては、「こんなに面白いゲームがあるのか!!」と興奮したものです。

 

ゲームの内容をもう少し具体的に書きますと、出発準備の整ったヒコーキからは、「飛びたい」と言ってきますし、空港に飛来してきたヒコーキからは「下りたい」と言ってきます。

離陸機は空港からいなくなるまで

到着機はスポットに入るまで

的確な指示を出し、次々サバいていくというものです。

指示が遅れたり、不適切な指示を出すと、ゴーアラウンド、空中衝突、地上で鉢合わせしてしまいます。

離陸機の場合、空港にもよりますが、
・飛行ルートの承認
・使用滑走路の指示、プッシュバック許可
・タキシング許可
・タキシング再開許可
・滑走路横断許可
・離陸許可
・ディパーチャー引継ぎ

着陸機の場合、
・飛行速度の指示
・着陸許可、使用滑走路の指示
・アプローチ継続
・スポット指示
・滑走路横断許可
・タキシング再開許可
などの指示を、レーダー、デリバリー、タワーといった担当セクションから出します。

こうやって書くとものすごく難しげですが、指示を出したいヒコーキをクリックすると、どんな指示が出せるのか、選択肢が表示される(二択、三択が多い)ので、ふさわしい指示を選んでいく、という感じです。

指示が遅れたり、間違った指示を出してしまうと、パイロットの不満度が上昇たり、最悪の場合ゲームオーバーになります。

 

着陸したANA機です。滑走路から出たところで止まって指示を待っています(砂時計マーク=指示待ち待機中 ということです)。「○番のスポットに進んでください」と指示を出すと、トコトコ移動を始めるのですが・・。わざと指示を出さずに放置してみましょう。

すると、パイロットの方から、、「早くスポットに入りたいよ」と何度も催促してきます。それでも無視を続けます。すると・・・

 

ハイ。砂時計マークが赤くなってきました。怒ってます。ANA機のパイロットからは、「スポットに入りたい!入りたい!入りたい!」と矢のような催促が続きます。それでもずっと放置を続けると・・・

 

ガーン!!不満度が最大に達し、ゲームオーバーになってしまいました。

 

この「ぼく管1」の特徴の1つに、「同時に複数の交信を行うことができない」というのがあります。

一通りのやりとりが終わるまで、他機に指示を出すことは一切できません。

例えば、着陸進入コースに乗ったヒコーキには、「アプローチ継続許可」を出します。

この「アプローチ継続許可」が最終的に「着陸していいよ」という許可になりますので、これを出さないと、ヒコーキは着陸することができず、ゴーアラウンドしてしまいます。

ですから、着陸機がある場合、他機と長々としたやり取りをしているヒマはありません。

このように、(まずこの機を動かして、それから次にこっちを・・・)と段取りよく進めなければなりません。パズルが得意な方だと上手に全体を動かせると思います。

 

ちなみに初代の「ぼくは航空管制官」はWindows2000までしか対応していません。

今回記事を書くために久々にやってみたのですが、XPだと、パソコンの動作がおかしくなったり、途中で止まったりしました。

 

派手な映像や過激な演出とは無縁な、かわいいヒコーキがちょこまかと箱庭を動いている、そんな超平和なゲームです。

こんなゲームが支持を集め、続々と新作が出ているうちは、
日本は大丈夫です。(そうか?

 

ブログ内関連記事:
ぼくは航空管制官2
ぼくは航空管制官3


コメント(18)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 18

アスキ

ぼくは航空管制官はよく知りませんねぇ~。
2なら分かるんですが、1は2とは違う楽しさがあるのでしょうか?ケータイの方とあんまり変わらないのかな。
2の記事も楽しみにしています。
それにしても部活疲れた~。
by アスキ (2007-01-27 12:58) 

おろ・おろし

知らなかった~、
けど面白そう・・・。

羽田空港で、一度、実際にゴーアラウンドの経験があります。
また目的地の空港が、霧で閉鎖され、結局3時間飛び続け、羽田に
戻ってきたことも。
by おろ・おろし (2007-01-27 13:32) 

tooshiba

大丈夫かどうかは、とても疑問です。
時の政権とか犯罪の報道を見る限りでは。
しかし、戦争をドンパチやっている国やテロに襲われている国と比べたら、テロの危険も低そうだし、平和なんだろうとは思います。

「ぼくは○○」シリーズが作れますね。
「ぼくはカスタマーサポート」とか。>不満度マックスになったらクビとか。爆
by tooshiba (2007-01-27 18:51) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます!

■アスキさん
>違う楽しさ
その辺も次の記事で含めますよ。携帯版は、やったことないのでわかりません(^^;
部活お疲れ様~。えっと、テニス部でしたっけ?

■おろ・おろしさん
2はともかく、前作は反射神経勝負ではなく、パズルゲームなので、「家族で1番上手なのはお母さん」というご家庭もあるようですよ。

ゴーアラウンドならまだしも、長時間乗った挙句に戻ってくるというのは悲惨ですね。1分でも長くヒコーキに乗っていたいオイラにはどっちも羨ましいですけど。(^_^;)

■tooshibaさん
オイラとしましては、ヒコーキモノかどうかは別にして、平和なゲームが1本でも多く店頭に並んでて欲しいです。

>「ぼくはカスタマーサポート」
アハハ、それイイ!(^^)b
by とり (2007-01-27 20:14) 

アスキ

はぁ~い、テニス部です。でもテニス部って見た目とは違いハードですよ、手にはまめが出来るは、肩が痛くなるは。
でも成田よりは楽です、今の学校の中でも1番楽みたいですよ。でもきつい・・・。
by アスキ (2007-01-27 21:01) 

qin

まぁ、面白そう。(^^)
でも英語はからっきし(と、言うより英語は大嫌い)なので、私にはちょっと無理そうです。
自衛官時代の同期で留学経験を生かし英語はぺらぺら、そして所属は航空科と言う経歴の友人がおりました。
管制官を目指していたらしいのですが、上官の手違いで試験を受けられなかったと言う怒りのメールがきたことがあります。
しかも年齢的にラストチャンスだったとか。
腹を立てた彼女はあっさり自衛官を辞めました。(^^;←次の任期で退職を希望
その友人に勧めてみようかな‥ と密かに思っちゃいました。(^^)
by qin (2007-01-27 22:54) 

北宇のピューマ

最近忙しい日が続きなかなかカキコする暇がありませんでした。久しぶりにコメントします。

「ぼく官」はヒコーキマ○アとして以前から興味があったのですが、ゲームの具体的な内容が分からず、いまだにやった事がありませんでした。
今回とりさんの解説を読むと、なるほど確かに面白そうですね!私の事だから、うかつに手を出すとのめり込みそうでコワイです。
私は初代からずっとやっている「エアロダンシングシリーズ」がお薦めです。とりさんはシュミレーター系が苦手との事ですが、機体の挙動やグラフィック、使われる用語がすごくリアルで(元自衛隊パイロットの方が監修)マ○アにはたまらないものがあります。ぼく官のような超平和なゲームとは対照的ですが「ヒコーキのカッコ良さ」を感じるにはサイコーです(^o^)v
by 北宇のピューマ (2007-01-27 23:30) 

ジョルノ飛曹長

このゲーム。かなり前から気になっていたんですよー。
飛行機を管制するゲーム・・・どんななんだろう???
っていつも店頭で悩んでます。PSP用を買うか買わないか迷っているんですが、私の場合、どちらかと言うと戦闘機搭乗員だからな~(^_^;)
by ジョルノ飛曹長 (2007-01-27 23:57) 

マリオ・デ・ニ−ロ

TVゲ-ムが苦手・嫌いな小生にとって唯一好きになったゲ-ム?シュミュレ-タ-?です。発売と同時に買いました。2になった頃から遠ざかってしまいましたが・・・
航空管制の基本は充分学べますね♪良いゲ-ムです。
by マリオ・デ・ニ−ロ (2007-01-28 00:27) 

春分

たまたま拝見しました。おもしろい。こんなものがあったんだ。
by 春分 (2007-01-28 18:24) 

しまふくろう

管制官より操縦するほうが好きなので
フライトシミュレーターゲームのほうしか
知りませんでした。
わざと指示を出さないと、砂時計マークが
赤くなって怒ってます!に笑いました。
by しまふくろう (2007-01-28 21:23) 

とり

■アスキさん
んー、テニスは眺めてる分には優雅だけどね~。運動部の1年だと「もう無理ッス」とか言えない雰囲気かもしれないけど、身体のケアは十分して労わってください。オイラはピッチャーで肩肘壊しますたよ(;´Д⊂)

■qinさん
そうそう。qinさんは英語が大嫌いなのでした。
友人の方、残念なことをしましたね。
やりとり聞いてると、女性管制官の時はどのパイロットも妙に愛想がいい気がします(^^;

■北宇のピューマさん
お久です~。「エアロダンシング」:有名タイトルですよね。必ず見かけます。オイラ、トロくて、こういう系は駄目なんですよ。結構やりこんだつもりでも、初めてやる友人にいきなり負けたりとか・・( ̄▽ ̄;)ハハハ

■ジョルノ飛曹長殿
結構な金額しますし、特異なジャンルですからねー。ヒコーキ好きなら必ずハマるという保障もないですし・・・。↓まずはここで体験版をご覧になってみるのは如何でしょう?
http://www.technobrain.com/

■アスランマリオさん
そうそう!すごく管制の勉強になりますよね。オイラもまともにできるのはこのゲームくらいです。

■春分さん いらっしゃいませ~ヽ(*´ヮ`)ノ
HNはどこかでお見かけしたことあります。よろしければまたお越しくださいませ。

■しまふくろうさん
PS版だと、もう、真っ赤になるんですよ(^^;
by とり (2007-01-28 22:43) 

tooshiba

そうそう、とりさんの777nice!は私だったんですよ。
証拠画像を差し押さえていますが、、、使いますか?
by tooshiba (2007-01-28 23:39) 

とり

tooshibaさん
うっかりしてました!
tooshibaさんでしたか。どうもありがとうございました~ヽ(*´ヮ`)ノ

>証拠画像を差し押さえ
是非見てみたいのですが・・・
by とり (2007-01-28 23:58) 

おすぷれい26

久々に初代の画面を見ました。私は「ぼく官」シリーズの全ソフトを持っていますが、XPになってからは「2」だけしかプレイしていませんでした。
by おすぷれい26 (2007-01-29 11:26) 

とり

おすぷれい26さん
オイラも久々にやりました。いやー、初代は平和で平和で。
空港に1機もヒコーキがいなくなる時間帯が結構あるんですよね。
全ソフト持ってらっしゃるんですか!すごい!じゃあ、声で動かすんですね。
by とり (2007-01-29 20:39) 

おすぷれい26

あ、声では動かしていません(^^;) 自宅のPCはパワー不足なので会社のPCでみんなが帰ってからチョコッと遊んでいます。
by おすぷれい26 (2007-01-31 18:44) 

とり

■おすぷれい26さん
あ、そうでしたか。会社のPCでぼく管できるのはいいですね~。

■こけももさん
こちらにもnice! ありがとうございました。
by とり (2007-02-01 07:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。