So-net無料ブログ作成
検索選択

三沢空港(旧海軍三沢航空隊飛行場) [├空港]

 2004年9月 訪問  

三沢空港到着。小さな町外れにある空港という感じだ。空港は全体的に古くてこぢんまりとしている。

ターミナルビルの端に展望デッキに上がれる階段があったので,すぐ上がる。

ここも福島空港と同じく,建物の屋上の一部が展望デッキになっている。展望デッキに上がるとすぐにF-4がやって来た。

昭和6年にすぐ近くの淋代(さびしろ)海岸を離陸したプロペラ機が太平洋無着陸横断に成功している。

そしてそれから11年後の昭和17年,ここに大日本帝国海軍三沢航空飛行場が開設された。

戦後米軍に接収されるが,昭和29年に航空自衛隊が展開する。

昭和46年に米軍から空自に管制権が移管され,昭和60年に飛行場の管理権が米空軍に代わる,とパンフに書かれていた。

民間機の乗り入れは昭和27年に始まった。40年に一旦民間機の乗り入れは停止するが,昭和50年に運行を再開する。

民間用のターミナルビルが完成したのが昭和52年で,現在のビルは昭和56年から使用している。

現在の管理者は米空軍で,在日米軍,空自,民間航空の三者が共同使用している日本で唯一の飛行場だ。

東京の米空軍横田基地を民間空港として利用するという案について聞くと,なんだか突拍子もないことのように聞こえるが,

ここは既にそれ以上の運用をしているのだ。

滑走路は3,050×45m。輸送実績は,平成10~14年まで年間50万人の後半で推移している。

ただし,貨物取扱量が年々増加し,4年で1.4倍になっている。

東北のほかの空港が,旅客,貨物共に輸送実績は横ばいか,下降線をたどっているのと比較すると,大きな特徴だ(追記・その後利用者数が年々大幅に減少を続け、H18年度は約32.2万人

 

PBB

 

展望デッキから見える風景。すぐ隣にビジネスホテルがあり,壁に大きく,「一泊朝食付 4800円」と書かれていた。

 

目の前にエプロンがあるので,駐機中の旅客機はよく見えるが,ここは滑走路の端に位置していて,

画面真ん中を横切る濃い緑が死角となり,離陸を開始した飛行機はすぐに見えなくなってしまう。 

 

三沢から太平洋無着陸横断したことを示すターミナルビルの壁面。  

 

三沢空港:map  


        青森県・三沢空港        

    ビュー:☆☆★★★  

旅客機は本数が非常に少ないが,空自,米軍機はしょっちゅう飛んでいる。
ただし,防風林?が死角になり,滑走を始めてすぐに見えなくなってしまうのが残念。
展望デッキは大人1人100円。ベンチ以外何もなく,スペースは小さめ。
展望デッキから管制塔が見えない空港というのは,オイラが知る限り唯一の場所。
ミリタリー系の方にはたまらない場所だと思う。たまたまかもしれないが,戦闘機が編隊を組んでの離発着を多く行っていて,単独飛行の方が珍しかった。
展望デッキは離着陸を眺めるのにはあまり適さないが,空港周辺を少し探せば,迫力のある離着陸を拝めるポイントはいくつも見つかる(と思う)。 

 

    施設:☆☆★★★  

 レストラン,特に土産物屋が充実している。飛行機関連グッズはなし。
古くて小さなターミナルだが,案内表示は親切で分かりやすい。
ターミナルビル前に有料駐車場があり,すぐ近くに無料駐車場がある。

 

    マニア度:☆☆☆☆☆  

 空自,米軍機がたくさん見れる。
航空ファンはここに来たら,淋代海岸と航空科学館に行くべし!! 

 

    総合:☆☆☆★★  

ここはかつては北の脅威に対する備えという意味で,軍事的存在意義が今よりずっと大きかったはず。
町外れの寂しい場所にターミナルビルがある。でもオイラはこういう雰囲気結構好き。

三沢飛行場データ
設置管理者:アメリカ空軍
3レター:MSJ
4レター:RJSM
空港種別:共用空港
運用時間:8:30~20:00
所在地:青森県三沢市平畑
標 点:N40°42′09″E141°22′32″
標 高:36.0m
面 積:183ha
滑走路:
終戦時:(1,400mx80m)x2(アスファルト) 1,550mx80m(アスファルト) 「日本海軍航空史」より
現在:3,050m×45m
磁方位:10/28
航空管制周波数
・飛行場管制 
 三沢タワー 118.10 123.10 126.20
 三沢グランド 118.65 126.20
・進入・ターミナルレーダー管制
 千歳アプローチ 120.70
 千歳ディパーチャー 125.30
・航空路管制
 札幌コントロール(三沢東セクター)124.50 120.575
・飛行場情報放送 
 三沢ATIS 128.40
・TCAアドバイザリー
 三沢TCA 124.05

沿革
1942年02月 海軍三沢航空隊飛行場開場
1945年     接収
1971年07月 米軍から航空自衛隊に管制権移管

関連サイト:
三沢空港ターミナル株式会社   
青森県/三沢空港   
えあぽネット/三沢空港      
国土交通省東京航空局/三沢飛行場   
Wikipedia/三沢飛行場   
国土地理院 1947年11月当時の写真(USA M638 20) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
ブログ内関連記事(
航空科学館淋代海岸    


コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

コメント 1

とり

オデコさん
nice! ありがとうございます。
by とり (2007-10-21 09:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。